レザーフェイス―悪魔のいけにえの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

レザーフェイス―悪魔のいけにえ2017年製作の映画)

Leatherface

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:89分

3.1

あらすじ

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の…

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の過去が、遂に明かされる。

「レザーフェイス―悪魔のいけにえ」に投稿された感想・評価

ミスリードを狙った仕掛けがやや陳腐なのが残念ですが、精神病院ものやロードムービー、アメリカン・ニューシネマ的とも言えそうな、好みの世界観でした。

『悪魔のいけにえ』大好きロブ・ゾンビの『デビルズ・リジェクト』に似た雰囲気といった感じでしょうか。

今回は製作総指揮ですが『悪魔のいけにえ』に始まり、『悪魔のいけにえ』で終わったトビー・フーパーの映画人生にあっぱれ。R.I.P.
mahokiyama

mahokiyamaの感想・評価

2.3
血糊感は気に入ったけど、ストーリーが物足りない。
最後、壮大なマザコンに見えた
開巻、爺様の職人芸には思わず頬が緩み、終盤、頼る明かりの一つも見えない夜の森で唸る発動機に追われる絶望を感じまして。

堪らん絵面はちょいちょい見られましたけれども。

物語としては筋が全く通っておらずにちぃとも気持ちが乗らず仕舞い、と。
うーん、うーん、うーん。
悪くは無いけど、何かこう物足りなさが残るというか。
それなりに楽しんで観れたんですけど、心の何処かで微妙に違うなあ…と思ってる自分もいて。
ちょいちょい現れるジェドの暴力性がやっぱりソーヤー家の血を継いでいるのねという感じなんですけど、覚醒シーンが物足りない…展開が読め過ぎるというのもその理由かも知れない。
あ、保安官が生きたまま豚に喰われるのシーンは「確かハンニバルにもあったなあ」と懐かしく眺めたり、豚さんの被り物は可愛いらしく眺めたりと視覚的にはそこそこ楽しかったです。
でもやっぱり物足りないなあ…。
みゆき

みゆきの感想・評価

2.6
可もなく不可もなく?普通の怖い映画という印象。こっち系の映画はあまり見ないけれど、退屈しなかったので◎。ハンニバル以来、豚さんの活躍を目撃…。
前日譚と謳う割には全く繋がりを感じない。
レザーフェイスが誕生する瞬間もオリジナルとの繋がりの無さ以上に、逃走した5人の誰かがレザーフェイスなるという変なミスリードのせいで、終盤に無理矢理レザーフェイス化した流れは乱暴に感じた。

そもそも顔は梅毒設定じゃなかったけ?あと知的障害の設定とか、どうやったらあの体型から巨漢になるの?とかツッコミ所が多い。

ポスターが一番カッコよくてワクワクさせる映画だった。
実際はC級犯罪ロードムービーに無理矢理レザーフェイス要素を入れただけ。

有名な殺人鬼の誕生物語としては残念過ぎる。
なんやこれおもんな
って感じだった。笑

これホラーっていうよりスプラッター。
グロ。

b級映画かなぁと、

でもみんなでワイワイ見るにはもってこいの感じかな笑笑
かず

かずの感想・評価

2.5
レザーフェイス誕生がユルユル。ガキの頃からイカレてぶっ飛んでないとダメでしょ。
エログロナンセンス

前にいた若い女性3人組が死体とセックスしてるのを観ても微動だにしなかったのに、隣に居たおばさん2人組の方がビビってたな
mikazuki44

mikazuki44の感想・評価

3.3
観る前に劇場に貼ってたどっかの雑誌の解説で、「テキサスの〇〇さんちのテキサスチェーンソー」だと思えばいいんだよ!
的な事書いてたから、そんな気分で観てたから特に楽しく観れた。

オリジナルに筋書きを合わせる気もなく、
あくまでも〇〇さんちの息子さんの前日弾的なノリ。

あんまりグロくなかったけど、サクッと見れて面白かった
>|