ミッドナイト・ランナーのネタバレレビュー・内容・結末

「ミッドナイト・ランナー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

セリフ回しまでほぼ一緒だし日本のドラマ版ってかなり忠実に作ってたんだな(平野くんが平野くんだけど)〜!?って思ってたら中国人身売買て。卵子はエグすぎて地上波無理だったのかな。パクソジュン頑張ってた。こっちの世界線では無事警察大に入学できたんだね...て謎にオープニングからしんみり(笑)
パクソジュン続きで鑑賞。
警察学校の学生が犯罪を見てしまい独自で犯人を追うと言うもの。

学生が犯罪組織に潜入とかあり得ないんだけど、だからこそ映画なのであって、
軽快な会話とバディのコンビが良い。

若いが故の無謀さ、、、
若いって良いよねー。

卵子販売というダークなテーマだけど実際あるのでしょうねー。

パクソジュンの肉体がたっぷり見れます。
素晴らしい胸筋!
アクションも決してめちゃ強いわけじゃないけどバディで乗り切る!

ドラマばかり見てると映画がさっくり見れて良い。
国の価値観の違いかな?
目の前で殴られて誘拐されているところを見ていたのに、
耳掻きとか、腹減ったなぁとか、観てるこっちとの温度差を感じた。

吊るしてみんな寝てるとか、ちょうどアラーム鳴るとかも、実際バラされた人が作中に出たりするので、脚本と演出家のシリアスとコメディの自己主張喧嘩してると思った。

そもそも、ガッツリヤバイ犯罪組織なのに銃とか持ってない事に違和感

アクションはとても良かった。
休暇中に誘拐事件発生。
学校講義で学んだクリティカルアワー7時間。その間に事態が悪化する前に、
二人が深夜の街を駆け回り、ついに犯人を突き止め、ネゴシエーション。
朝を迎えるまでに事件を解決するというタイムリミットまでギリギリ、スリリング系の話かと思いきや
後半は単なるアクション映画だった。
警察大学で学ぶ血気盛んな行動派のギジュン(パク・ソジュン)と論理的で原理原則を重視する頭脳派のヒヨル(カン・ハヌル)は親友同士。ある日、彼らは外出先で偶然、拉致事件の現場を目撃。学校で教わったとおりにすぐに通報するが、手がかりの複雑さや証拠不足から捜査はなかなか進展しない。時間だけが過ぎていく中、ギジュンとヒヨルは自ら捜査に乗り出すのだが…


最初は警察官になる動機さえはっきりしない警察未満のギジュンとヒヨル。煮え切らない先輩警察官を目の当たりにして正義感を燃え上がらせる描写が王道ながらとても良かった。退学を覚悟して猛特訓するふたりが熱い。助けた女の子がお礼を言いに来るラストにジーンときた。
思ってたよりも内容がヘビーで、
注射打たれたり、股間から出血してたり…
私はそういう痛ましさがとても苦手なので
目を覆う場面が多かった。

ラストに、あの事件のニュース速報とか、事件についての新聞記事などの描写があったら最高だったなぁ

それにしてもパクソジュンはなんでこんなに魅力的なんですか??
パクソジュンとカンハヌル見たさに鑑賞。

この2人のコミカルな映画っぽいんだけど、女子高生を誘拐して卵子をとって使えなくなったら臓器を売るっていう事件がほんとに腹立たしすぎて全然笑えなかった…

早くもっと他に助けを大勢呼んでさっさと事件解決してほしかった
ハラハラしたが、笑いもあり面白かった!相手のボスが強すぎる!
日テレドラマ『未満警察』の元になった映画

警察学校のちょっと冴えない二人の生徒が、まさに"ミッドナイトランナー"全力疾走で事件解決しちゃうお話
事件の展開が、些細な事から始まって、あれよあれよと壮大な組織ぐるみの大犯罪になっちゃって、冴えない二人が孤軍奮闘、熱意と正義感で突っ走って全力で頑張るのは、清々しかった!
テンポも良くて、見やすかった
テンポ良くみれる作品。
監禁された少女たちに起きていたことはとてもショックだったし二度と彼女たちの身に起きないでほしい。
社会問題も入りつつ、笑える場面もありながら
なにより2人がかっこよすぎて目の保養でした
>|