パパはわるものチャンピオンの作品情報・感想・評価

パパはわるものチャンピオン2018年製作の映画)

上映日:2018年09月21日

製作国:

上映時間:111分

あらすじ

かつて人気レスラーだった大村孝志(棚橋弘至)は、怪我や世代交代の影響で今は悪役覆面レスラー・ゴキブリマスクとして懸命に戦っていた。孝志と妻の詩織(木村佳乃)は息子・祥太(寺田心)に大きくなったら父親の仕事を教えてあげると約束していたが、祥太はひょんなことから父親の仕事を知ってしまう。 「まさか、大好きなパパが、みんなに嫌われている悪役レスラー・ゴキブリマスクだなんて!!」 ショックと恥ずかし…

かつて人気レスラーだった大村孝志(棚橋弘至)は、怪我や世代交代の影響で今は悪役覆面レスラー・ゴキブリマスクとして懸命に戦っていた。孝志と妻の詩織(木村佳乃)は息子・祥太(寺田心)に大きくなったら父親の仕事を教えてあげると約束していたが、祥太はひょんなことから父親の仕事を知ってしまう。 「まさか、大好きなパパが、みんなに嫌われている悪役レスラー・ゴキブリマスクだなんて!!」 ショックと恥ずかしさで混乱した祥太は、クラスメイトにはパパは人気レスラーだと嘘をついてしまう。 だが、必死で戦うゴキブリマスクの姿はだんだんとカッコ良く見えてきて…。 2018 年、観る人みんなの心を最高に熱くする感動ファミリードラマが誕生する!

「パパはわるものチャンピオン」に投稿された感想・評価

パパはわるものチャンピオン
9/21公開ですが 一足早くレビュー。
作・板橋雅弘、絵・吉田尚令による人気絵本の映画化。

かつてライオンプロレスのエースであった大村孝志(棚橋弘至)は、膝に負った怪我が原因で試合からの長期離脱を余儀なくされる。
10年後、完治せぬ膝や世代交代の波に追いやられ悪役覆面レスラー“ゴキブリマスク”としてレスラーを続けていた孝志であったが、9歳になる息子・祥太(寺田心)に自身の職業を明かすことができずにいた。
妻・詩織(木村佳乃)の協力を得て長年誤魔化し続けてきたものの、ひょんなことからゴキブリマスクの正体が孝志であることを知られてしまう。
ショックを受けた祥太は、ライオンプロレスの現役エースであるドラゴン・ジョージ(オカダ・カズチカ)が父親であるとクラスメイト達に嘘をつくのだが…。
変えられない現実にもがき苦しみながらも前を向いていく親子の姿を通し、表面的な部分だけでは推し量ることのできない人の心の強さを描いた作品だ。

正直、どこかナメていた
絵本原作・プロレス・棚橋弘至主演
作品の中身より外身ばかりが目に付き、企画モノの意味合いが強いと、どうせ軽めで底の浅い作品だろうと、新日本プロレスファンのための映画だろうと高を括っていた
が、ゴキブリマスクの在り方同様、外身だけでは判断できない面白さが詰まっていた

一切プロレスに興味を持たない人にとっては、気に留めることも無く通り過ぎていく作品なのかもしれない
けれど、プロレスを通して描いていたのは家族の話
思い描いた夢とどうにもならない現実の狭間で、どう生きていくのかという話
言い換えれば、あなたやぼくにも当てはまる話
気付けば自然と引き込まれていた
よくよく考えれば当たり前のことだけど、覆面レスラーにも日常があって家族がいる
これまで一度も想像したことの無かった世界を垣間見れるというのも新鮮な体験であった。

序盤、棚橋選手の演技が気になった
それが息子と接する父親の話し方なのかと突っ込みたくなった
けれど、途中で気が付く
この男は足の故障によって挫折している
「大村孝志」としてリングに立つことは許されず、格下のマスクマンとしてしかやっていけない現実に負い目を感じ、息子に自分の職業を伝えられないことに対しても葛藤を抱いている
数々のマイナス要素を抱え、もがき苦しみながら道を模索しているのだと理解する
それ故に息子に対してあんな接し方なのだと合点がいってからは、最早違和感など無くなっていた
そして、ハッとしたことがある
子ども時代、当たり前のように見ていたアニメや戦隊ヒーローもの
正義やどっちつかずのミステリアスなキャラに心魅かれることはあっても、悪側になりたいと思ったことなんて一度も無い
もし自分の父親が悪側に加担しているなんて知ったのなら、疑念しか生まれない
今となっては割り切れるけど、祥太を見ているとかつて自分も持っていたはずの感覚が呼び起こされていく

良くも悪くも社会の理に染まり、不純で言い訳や折り合いばかりつけている大人
良くも悪くも社会の理を無視し、純粋で傲慢でありのままな子ども
描かれていく孝志と祥太の姿に、大人になった今の自分とかつての自分を垣間見る
どこで間違えたのか、どこで変わってしまったのか、どうすれば変わらずにいられたのか、今からでも引き返せるのか、既に手遅れなのか
親子の関係性が対比になっていることで、より一層引き込まれていってしまう。

ニートでも、会社員でも、エリート商社の社員でも、皆同じ人間
だけど、ぼく達はその肩書きに囚われてしまいがち
肩書きの大きさが人間としての器の大きさに比例すると錯覚しがち
だが、あながち間違ってはいない
凡人では到達することのできない職業や役職に就いている人ならば、人並み以上の努力をしているはず
人より多くの苦難に立ち向かっている分、肩書きと人間性が比例する確率は高い
だからと言って、ニートやフリーターが必ずしも程度の低い人間だとは言い切れない
綺麗事かもしれないが、肩書きだけで人間の心の強さは推し量れない

今取り組んでいることや現状が自分の本意でない人なんて世の中にはゴマンといる
かと言って、目の前のことを疎かにすれば扉は絶対に開かれない
今目の前ある道を選んだのは、他の誰でもない自分自身
これから歩む道がどうなるかは、今この瞬間をどう生きるか次第
手を抜けば抜いただけの道しか用意されていない
思い通りのモノは得られずとも、本気で立ち向かうことができたのなら何かしら得られるモノはあると思う
負けてしまったとしても、人生に負けたわけじゃない
心持ち次第で状況は如何様にも変わっていく
ゴキブリマスクとして戦う孝志の姿が、自分の父がゴキブリマスクであることを受け入れていく祥太の姿が、何が本当に大切なのかを教えてくれる。

終盤は映画では無くプロレスの試合を観戦しているかのような気分になってくる
登場人物に深く感情移入できている分、日頃目にするそれを遥かに凌駕したモノになっている
こう言ったら失礼だけど、思っていた何倍も面白かった!
ぜひ劇場でご覧ください。

青春★★★
恋 ★
エロ★
サスペンス★★★
ファンタジー★★★
総合評価:B
莉々

莉々の感想・評価

3.0
2018.9.11
レック(株)Presents試写会
8.22の試写会に参加出来なかったので、今回参加出来て良かったです。

藤村享平監督、レックの永守社長の舞台挨拶
今まで試写会に色々参加させて頂きましたが・・・協賛の社長が監督と一緒に舞台挨拶は初めてです、永守さんと10回以上逢っている棚橋弘至さんが・・・つい最近まで初めましての挨拶・・・
無名の時と今も全然変わらない棚橋さん、社長自身が棚橋さんと接して社長としておごりがないか再確認するとの事。
監督が撮影がちょうど1年前、大きい大会が終わって直ぐ、疲れているだろうに・・・棚橋さんからの申し入れでクランクイン前の3週間リハーサルを寺田心くんと一緒にしたとの事、1年後映画宣伝のためテレビに・・・と

フライヤーに[人生を戦い続けるすべての人に贈る感動の物語]
自分の仕事のプライド・・・
家族のために1度は・・・
しかし・・・
家族のためにゴキブリマスクとして・・・
大場ミチコ役の仲里依紗さん、編集者でプロレスファン・・・良かった、ファンってすごい・・・
高橋優さんの主題歌”ありがとう“が流れ・・・聴いていたらウルウルしてしまいました。
映画館に観に行ってください。

レック商品のお土産頂きました。ありがとうございました。
映画試写会@スペースFS汐留。
上映前舞台挨拶で藤村亨平監督は"プロレスシーンのある家族ドラマ"と言ってたが、これは家族愛を装った正真正銘のプロレス愛映画だ。
"プロレスは勝ち負けでなく、生きざまだ"
プ女子仲里依紗の熱き想いにこそ感動するし、最後のリングにはロッキーのような興奮をおぼえる。
棚橋弘至の背中が多くを語るぜ!
ゴキブリっ! ゴキブリっ! (←ロッキー! ロッキー!の感じでお願いします)
板橋雅弘さんと吉田尚令さんによる絵本を元に、主演のプロレスラー・棚橋弘至さんをはじめとして新日本プロレスの選手達が出演している本作を観ていると、思わず「イチ、ニ、サン、ダー」と拳を突き上げたくなってくる。
プロレスラーを題材にした近年の作品というと、ダーレン・アロノフスキー監督の「レスラー」が思い浮かぶが、この第65回ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞作と同様に、本作にも全盛期を過ぎたレスラーの悲哀が漂う。
だが、ストーリーの進行と共に凄絶さが増していく「レスラー」に対し、絵本を原作に少年の視点で物語が展開する本作には温もりや優しさがある。
ある意味この作品は、プロレスラー、それもヒールレスラーという特殊な職業の父を持つ少年の家族の物語だと思う。
「職業に貴賎なし」とは言うけれど、それは飽くまで綺麗事で、差別も忌み嫌われるものもある。
本作の少年・祥太が父親の仕事を知ったショックから始まる物語は、プロレスにおけるヒールとベビーフェイスの役割、この両者が繰り出す反則を含めた多彩な技、そのテンポとスピード、そういった醍醐味を浮き彫りにしながらプロレス愛を込めて展開していく。
そして、試合をはじめとしたドラマチックな展開は、ギクシャクした家族関係までも巻き込んでヒートアップしていく。
本作の結末は、壮絶な「レスラー」とは違って、秋の日差しのように優しい。
vanilla

vanillaの感想・評価

3.9
舞台挨拶つき完成披露試写会にて
頑張るパパと息子のお仕事ムービー。
誇りを持って働いてても、言いにくい仕事だったら息子に説明しづらいわな。
棚橋さんは演技というよりほぼプロレスしてたけど、周りの役者さんもほどよい演技で違和感なく楽しめました。
プロレスはよくわかりませんが、終わった頃にはパパかっこいい!今から本物来るん!?てなってる自分がいました
普通に面白かった。
Rug

Rugの感想・評価

3.4
正直びっくりするほどタイトルのまんま、なんの変化もない単純なストーリーなんとですけど退屈せずに見られたのはプロレスを普段見ませんがまあまあ面白いと感じるのとバラエティ番組などで知ってる選手が結構いたからですかね。
仲里依紗さんのオタクっぷりは素晴らしかったです。
寺田心くんって演技上手いんですかね?
洋画の子役の演技と比べてしまうと日本の子役ってどうなんでしょう。
棚橋選手の演技は大目に見てあげてください。
プロレスファン歴40年です。棚橋はプロレスを救ってくれた偉大なプロレスラーです。感謝しかありません。しかし、あえて言います。本作でプロレス界のエース棚橋弘至は天才 寺田心に公開処刑されます。演技という必殺技で。ちょっと待て。プロレスは受けのスポーツエンターテイメントだ。棚橋はあえて心君の技を受けていたのか!?棚橋弘至は只者ではない。やっぱりプロレス界のエースである。木村佳乃の安定した母性愛も素敵でしたが、仲里依紗のプ女子ぷりなお芝居はプロレスファン男子のハートを鷲掴みすること間違いなし。仲里依紗に恋をした。
Tamae

Tamaeの感想・評価

4.5
試写会にて。

まずは新日オールスターズ登場に気分上がる↑↑
仲里依紗さん演じるミチコちゃんに15年前の私を重ね、プロレスってやっぱりいいなと思える映画でした🙆‍♀️
Tammy

Tammyの感想・評価

3.0
プロレス好きからしたらオールスター感謝祭並みの豪華さ、それ以上かも

演技とかストーリーというよりも
プロレスって面白そだなって思わせてくれる

ところどころ心くんの演技が鼻につくけど…

プロレス生で観てみたいな!