目撃者 闇の中の瞳の作品情報・感想・評価

目撃者 闇の中の瞳2017年製作の映画)

目撃者/Who Killed Cock Robin

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:117分

3.6

あらすじ

2007 年。新聞社の実習生シャオチーは、ある嵐の夜、郊外の山道で車同士の当て逃げ事故を目撃する。被害者の男性は死亡、助手席の女性も瀕死の状態だった。シャオチーは現場から逃走する車を撮影するが、記事にはならず、また犯人が捕まることもなかった。 時は過ぎ、9年後。敏腕記者となったシャオチーは、取材の帰り道に買ったばかりの中古車をぶつけてしまう。破損した車を自動車修理工に見せると、その車は過去にも…

2007 年。新聞社の実習生シャオチーは、ある嵐の夜、郊外の山道で車同士の当て逃げ事故を目撃する。被害者の男性は死亡、助手席の女性も瀕死の状態だった。シャオチーは現場から逃走する車を撮影するが、記事にはならず、また犯人が捕まることもなかった。 時は過ぎ、9年後。敏腕記者となったシャオチーは、取材の帰り道に買ったばかりの中古車をぶつけてしまう。破損した車を自動車修理工に見せると、その車は過去にも事故に遭っていることが判明。さらに警察で調べたところ、なんと以前の持ち主は9年前の当て逃げ事故の被害者だった。 シャオチーは、先輩記者マギーの協力を得て、独自に事故の真相を調べ始める。事故の直後に失踪した被害者女性、彼女につきまとう影、消された証拠写真、そして逃走車の所有者として浮かび上がる意外な人物……。関係者たちの証言がことごとく食い違う中、シャオチーはある結論を導き出す。それは永久に続く悪夢の始まりだった——。

「目撃者 闇の中の瞳」に投稿された感想・評価

ごちゃごちゃしてて、登場人物のことが良くわからないまま終わってしまったって感じ。特に新人警官については情報量が不足。最後良くわからん人が突然凄いことやってたって感じの?しか残らない幕切れだった。あれだけ凄いことやってるのだから、もうちょっと彼のこと描いてハラハラ、ドキドキさせて欲しかった。
ネタとしては面白かったけど、自分にはキャラが良くわからん消化不良の映画だった。
面白いように騙された!まさに"who killed cock robin"な展開(観終わったあと調べました。マザーグースの詩です)。時々ツッコミたくなるところあったけど、ちょっと過剰にも思われるBGMに乗せられて、最後まで楽しめた。前情報入れないで観て良かった〜
爆睡して内容なんも分からんかったけど主人公はかっこいいしヒロインも綺麗。出町座また行きたい
Aya

Ayaの感想・評価

3.6
まさかの一人鑑賞やった・・・。

いや、あるんです。
年に200回とか劇場で見てたら年に1回くらいはあるんです・・・。

皆さんは劇場貸切になった時どうしますか?

スマホ付けっ放し?

飲み食べ放題?

私は喋りながら見てました(一人ですw)

劇場の方に「え?!ツッコんだりしてもいいですか・・・?」って聞いたら「ぜひ!」とか言われたのですがちょっと恥ずかしいよw

この映画すごいですよ・・・。
展開が読めなすぎるっていうかジャンルすらどんどん変わっていく・・・。

途中、なんか真相めいたことが語られた時に「はぁ?全然わかんねえ!私寝てた?」と思ったら続きがあったー!!
てか続きの続きの続きもあったあ!!

これ、途中から退席とかする人いると思うレベルの展開に転がっていきます。
私もえっ?!そっち?!と思ったけどごめんなさい大好物です!!

全体的に共通してるのは見ている間中、方向性は違えどずっと怖い!ってことですね。

最初はホラーなのかなー?と思うくらい写真がーとか言い出してよく見たら女の影が写ってるー!!(ように見える)いやー!こわいー!!とか思ったらそこじゃなかったw

え、てことは事故の真相が・・・やだー人間こわい!!

いや、ということはアイツ今も・・・もーやめてー!!こわいー!!

ちょっと待って!ちょっと待って!
それって・・・いやあ!!!!こわいよー!!!

みんな顔が怖いー!!!

って感じです。
伝わらなさすぎるw
でもほんと驚きに満ちているので、ネタバレしない方が俄然楽しい映画ですし、ほとんどがネタバレに抵触するのです。

てか怖い!テンションに取り憑かれて終盤に語られるある絵本の小話(話自体はギャグ)もリアルでめちゃ怖い!と思った!!

でも正直あんまり伝えること、映画としての見せ方自体はまだまだ上手くないなーと思いました。
結構見てるこちら側がくみ取って咀嚼して有り体の結論を出していかないといけない感じ。

それにしてもかなり凄いことしてるし、凄いもの見れるんですけどね・・・いや、なんの情報も入れずに見たら驚きの連続でここまでやるか?!と大変楽しく、偉い!!!

100%台湾映画なんですね・・・それは今時珍しい。
しかもこのクオリティ。
中国映画、香港映画ってよりは韓国映画が一番近いです。


日本語字幕:最上麻衣子
主人公は過去に交通事故を目撃した。現在その事故車に自分が乗ってることに気づいてから、事件について調べ始める。ぶつかった側、ぶつかられた側、目撃者のそれぞれに謎があり、解き明かしていく。

全員なんか悪いことしてる。一度真実が明らかになったと思いきや、後でそれが更新されていくのが面白い。最後は無駄にグロい。
かなりややこしいストーリーです。
見終わった後に頭の中で色々確認して関連サイトを見ながら確認してみました。
映像としては、ちょっと血が多くてグロいシーンが有り過ぎるかなと思いました。
あまり必要を感じない血生臭いシーンも有ったような。
ラストシーンは、ちょっと判り辛い感じに終わってしまいます。
ごてふ

ごてふの感想・評価

3.5
新宿シネマカリテにて。台湾発のクライムサスペンス作品にサービスデーではあるが若年層中心に5割程度の入り。ひとつの事故を基点に現在と過去が交錯する混み入った内容。更には登場人物の誰にも感情移入できないのが少々辛い。説明的な科白を極力排したハードボイルドタッチの語り口は実に映画的。後半はホラー色も加わって、そのあたりの肌触りは好みが分かれるだろう。但しミスリードの為に登場人物たちの虚偽を映像化するのはルール違反ではないか。その他幾つか腑に落ちぬ点あり。本作の原題はミステリーの題材や暗喩に良く使われているマザーグースからの一編。著名な童謡のようにはキレイな韻は踏んでいないということか。
zhaori

zhaoriの感想・評価

3.8
台湾映画といえばクーリンチェしか思いつかないくらい知識が浅く監督も演者も誰も知らない状態で見たけど、
やっぱり中華系の監督が撮る作品は光の使い方が風情あるのですね…

とにかくティファニースー、 許瑋甯さんが素晴らしくミステリアスで美しく最高だった
小粒の瞳が少し離れ気味に位置してて鼻が高いのに細くて上品でおでこの湾曲具合が絶妙で肌は乳白色というよりはもっと透き通るように白くて黒髪がよく似合う、派手すぎない主張しすぎないパーツたち、最高。静止画だとちょっと馬面に見えたりもするから動いている姿が最高だなと思わせる、やっぱり派手すぎない顔立ちって、コケシみたいなお人形さんと一緒でこちらが笑っていてほしいと思うときはそう見えたりと見る人の心の鏡みたいになるから面白い、そう思うと絶世の美女よりもサッパリした顔立ちの方が魔性的だなってやっぱり思うよね、蒼井優と一緒。
小一郎

小一郎の感想・評価

4.1
まんまと乗せられ2回見た。「なるほど、そうくるか~」的な、もう一度観たくなるストーリーを上映館のシネマカリテも2回目1000円のリピーター割で援護射撃。なかなか面白いのだけれど、観客の入りがそれほどでもないように感じたのは、眠気を誘う映像のせいかしら?

ある嵐の夜、車の当て逃げ事故を目撃した主人公だったが、その犯人は見つからず。9年後、敏腕新聞記者になった彼は買って間もない中古車で事故を起こす。修理に出すともともと事故車だったことが判明。新聞記者の性なのか、懇意にしている警察で詳しく調べてもらうと、それは9年前の事故の被害車両だった。

何もなければ知らなかったはずの真実を知ってしまったがために…。真実を知ることは本当に良いことなのかを問う物語。

9年前の事故の当事者達による過去の主観のシーン(供述に相当)が現在の状況と、きっちりつながっていく。そのつながりが、初見ではきちんと把握できないから、また観たくなる。

主人公が何故、過去の事故を調べることにこだわったのかにも、実はしっかりした動機があり、それ故に彼の心理が反転するというナイスなオチ。また、主人公がそうなっても仕方ないかもと思わせるようなシーンが衝撃的。良くできてるなあ、と。

ただ、重苦しく緊張した雰囲気の青みがかった映像に加え、静かな場面が多めなのでつい眠気が…。観る場合は体調を整えて臨むのが吉です。

●物語(50%×4.5):2.25
・良くできているし、面白い。真実を知った上で、それをどう乗り越えるかという方が好きだけど、こういうシニカルな感じ良いですね。

●演技、演出(30%×3.5):1.05
・もう少し、眠気を誘わないような何かが欲しかった。

●画、音、音楽(20%×4.0):0.80
・雰囲気良し。
ip

ipの感想・評価

4.0
フィクションとしてはよく練られているのだけど、ひとつの事件に様々な人間の身分、境遇、利害が複雑に絡みすぎて見終わった今も整理つかない。真相が明らかになったところでさぁどうまとめましょうっていう感じなのが。

ホシ役の役者が若いのに猟奇的で凄かったな。
最後に部屋で見たものが想像に任されたまま終わるのかよと思いきやあのラストは効果的だった。

見どころその1. 序盤と終盤の鳥さんはCGだろうけどアカデミー助演動物賞を授与されるべき。

見どころその2. 「愛人のスタイルは良かったか」と聞かれたシャオチーが「ええ そうですね(字幕)」と答えたときの原語が「オパァイ オオキイナ(ルァ?)」に聞こえる。マジで。
>|