目撃者 闇の中の瞳の作品情報・感想・評価

目撃者 闇の中の瞳2017年製作の映画)

目撃者/Who Killed Cock Robin

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

2007 年。新聞社の実習生シャオチーは、ある嵐の夜、郊外の山道で車同士の当て逃げ事故を目撃する。被害者の男性は死亡、助手席の女性も瀕死の状態だった。シャオチーは現場から逃走する車を撮影するが、記事にはならず、また犯人が捕まることもなかった。 時は過ぎ、9年後。敏腕記者となったシャオチーは、取材の帰り道に買ったばかりの中古車をぶつけてしまう。破損した車を自動車修理工に見せると、その車は過去にも…

2007 年。新聞社の実習生シャオチーは、ある嵐の夜、郊外の山道で車同士の当て逃げ事故を目撃する。被害者の男性は死亡、助手席の女性も瀕死の状態だった。シャオチーは現場から逃走する車を撮影するが、記事にはならず、また犯人が捕まることもなかった。 時は過ぎ、9年後。敏腕記者となったシャオチーは、取材の帰り道に買ったばかりの中古車をぶつけてしまう。破損した車を自動車修理工に見せると、その車は過去にも事故に遭っていることが判明。さらに警察で調べたところ、なんと以前の持ち主は9年前の当て逃げ事故の被害者だった。 シャオチーは、先輩記者マギーの協力を得て、独自に事故の真相を調べ始める。事故の直後に失踪した被害者女性、彼女につきまとう影、消された証拠写真、そして逃走車の所有者として浮かび上がる意外な人物……。関係者たちの証言がことごとく食い違う中、シャオチーはある結論を導き出す。それは永久に続く悪夢の始まりだった——。

「目撃者 闇の中の瞳」に投稿された感想・評価

prism

prismの感想・評価

3.5
大体は予想通りの展開だけど、終盤に明かされる事実が面白い。
ラストシーンのホラー話も、タランティーノを彷彿とさせて面白かった。
DVDで鑑賞!(9/4) 「ラストまで見てはいけない」 まさに、その言葉がピッタリ… これこそ、衝撃のラストって感じ… 人にオススメできないラストだなあ~ なんか、今日は眠れないかも…(それほどの衝撃) 悪いことはできない、嘘ついちゃダメ… 見ている人いるからね~ いやあ~、ビックリする作品だった…
マキ

マキの感想・評価

3.7
山道で目撃した衝突死亡事故。9年後、やり手の記者となったシャオチーは、今乗っている愛車がその時当て逃げされた事故車だったと知る。
何者かか裏で手を引いているのか、悪夢の連鎖を引き起こす。
当事者は7人。事件の真相は誰も知らない。

さまざまな思惑と嘘が入り交じった真実から人間の脆さ、狡さが見える。
謎が深くなっていくたびに騙される。
依緒

依緒の感想・評価

4.3
サスペンス好きのあなたに是非オススメ!
「台湾制作の題名通りの単純なサスペンスでしょ?」
って思ってるでしょ?
後悔させないから。まず観てみてってば。

9年前に偶然事故を目撃した主人公。
何故9年経った「今」なのか。
何故事故は起きたのか。
主人公は事故の何を目撃者したのか。
謎を追えば追うほど主人公と一緒に深みにハマり、衝撃のラストへ!

私の中では、韓国映画のサスペンスが回収上手だと思っていたけど、この作品はその斜め上を行く回収の仕方!!
実際に台湾なら有り得たりするのかも…なんて思わせる人間関係や社会もストーリーを面白くしている。

心の綺麗なあなたも、疑り深いあなただって。
きっと騙され、もう一度巻き戻して観たくなる…
台湾からのサスペンス映画

新聞記者の主人公は自分が乗ってた車が事故車と知り、9年前の当て逃げ事故にたどり着く…

何が本当かややこしい話だけど

追求して行く内に面白い展開になってきた

伏せんばら撒き過ぎて拾えねぇ(笑)

最後にグロいのキタァ

痛い…(´Д` )

結局、最後も意味わからん(笑)
pinoco

pinocoの感想・評価

3.7
まぁ、よくあるサスペンス映画かなと思いながら観てましたが、ラストに近づくにつれて、見えなかったそれぞれの過去が見え隠れしてくる辺りから面白くなってくる。
最後の方は怖かったなぁ。
Arika

Arikaの感想・評価

3.1
🎥
#目撃者闇の中の瞳
#台湾映画

新米の記者シャオチーが目撃した
豪雨の中の追突事故
それから9年経って
新車を購入した彼だったが
実はその車、9年前の
あの日の事故車だった
******
あらすじ見て何系かなー❓
面白そー❗️とか言いながら観たけど
思いっきり胸糞スリラー‼️
本日ふた作品とも
強めのバイオレンスシーン
😩疲労感…w
**
決してホラーではないです
ホラーの方がむしろ怖くないw
ちょっと中だるみ感はアリ
ラストにかけて謎が徐々に
解けてくるのは観てて怖かった💦
ある意味ホラー…
面白くないわけじゃないけど
色々強烈なので好みではない💦
**
お口直しに爽やかな
映画観たくなります
例えばロッタちゃんとかw
#映画感想 #勝手に映画評論
#台湾 #韓国→台湾やから顔が急に濃くなる
#主演の俳優さんが東幹久に似てる件
oxalis7

oxalis7の感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

主人公は新聞記者。ある日、彼が購入した車が、9年前の当て逃げ事件の被害者の車だと知る。独自調査で色々な事実が明らかになるにつれ、不幸が巻き起こっていく、という話。オカルトではなくサスペンス系。

時系列や沢山出てくる人物にいまいち頭が付いて行かず…。鑑賞後すぐにネットの解説へ。全部を理解した後は、よくできている映画だなあと思った。

主人公のお節介で人を死なせてしまった感が否めなかった。女の人は悪いことをしていた人だから因果応報?だけど、自動車工場のおじさんは可哀想な気がするな。
おまけに、正義感溢れる良い人っぽい主人公も、お金を盗んだことを隠している悪い奴。誰にも感情移入できなかった。

すっきりめでたし、って感じに終わっていたけれど、どこかの解説で読んだ通り、主人公が美味しいところを全部持って行った感があり、イラッとしてしまった最後だった。

伏線を回収していき、複雑な事件がどんどん紐解けていく感じは上手く出来ていたし、難しくていまいち頭に入ってこなかったのも、私の読解力が足りなかったのかもしれないので…そこのところ宜しくお願いします…笑
詰め込みすぎ感満載です。
主要な登場人物皆んな最悪。
救いはどこにもありません。
よくあるサスペンス映画って感じ
ラストシーンが印象的だけど色々考察ありそう
>|