閉ざされた森の作品情報・感想・評価・動画配信

「閉ざされた森」に投稿された感想・評価

saya

sayaの感想・評価

3.5
嵐の中で訓練に出たレンジャー部隊7名が行方不明になり、密林地帯から救助された2名の隊員を尋問するのですが、お互いの証言に大きな食い違いがある物語です。
魅力的な謎の提示から始まり、次々と明らかになる新事実、どんでん返しの連続で娯楽映画に徹した作りになっています。
ひとつの出来事を複数の人物の視点から描いていく『羅生門』のような構成なのですが、登場人物の嘘が物語を混乱させてひっくり返すギミックとしてしか機能しておらず、作品を通してのテーマとは特に結びついていないのが残念でした。
どんでん返しだけを目的にしてしまうと、それまで培ってきた観客と登場人物の信頼関係が台無しになってしまいますし、丁寧に積み重ねてきた物語の展開が全て茶番にしか思えなくなってしまいます。
首謀者がここまで手の込んだ仕掛けをする必要があったのかも正直疑問ですね。
物語の雰囲気は良いですし、難しいことを考えずに暇つぶしで観るにはすごく最適な作品です。
tanpe

tanpeの感想・評価

3.5
軍の訓練中に起きた射殺事件。
1人が死亡、4人が行方不明。
救助された2人の兵士の証言は食い違っている。
嵐のジャングルの中で、何が起こったのか?

銃撃シーンあり、心理的な駆け引きありで非常に見応えがあるミステリーだった。
中盤からはどんでん返しの連続で頭が混乱してくるけど、見事に騙されちゃうからもうどうでもよくなっちゃう😅

どっからが真実でどの部分が嘘なのかは気になるけど、もう一回観ても分からんかもな💦

トラボルタがやけに男前に見えた👍
尋問官オズボーンもキリッとした美女でカッコイイ😃
チロル

チロルの感想・評価

3.3
どんでん返しで有名だけど観たことなかったので期待して鑑賞。

「サンブンノイチ」の後に観たせいもあってどんでん返しが過ぎて疲れた。

しかも、森と小屋の暗い中で数名がわちゃわちゃしてるもんだから誰が誰か追うのに必死。

真実と嘘の境目も分かりづらく、あ~おもしろかったとはならない残念な感想になりました。
プレデターやダイハードを手掛けたジョン・マクティアナン監督作品
パルプ・フィクションと同じくジョン・トラヴォルタとサミュエル・L・ジャクソンの共演でつまらないはずがない
タランティーノ作品のようなトークと物語の展開及び構成は最高であった
ピエロがお前を嘲笑うのようなどんでん返しは見ていて感極まる
マインドファックムービーLOVE
AI

AIの感想・評価

-
最後まで顔と名前一致しなかったけどどんでん返しなのは分かった
ジョン・マクティアナン監督作品


嵐の森で訓練中のレンジャー隊員7名が消息を絶った
捜索隊がヘリコプターで向かうと3人が見方同士で撃ち合う姿を目撃1人が死亡しているようだ
ウエスト(サミュエル・L・ジャクソン)軍曹と隊員4名は以前行方不明
助け出されたダンバーとケンドルの2名の隊員はクレイトン基地へと運びこまれた

ジュリー・オズボーン(コニー・ニールセン)大尉が尋問官としてダンバーの尋問に当たるが他のレンジャーとしか話さないと黙秘を続けていた
ジュリーでは役不足と感じた上司スタイルズ(ティム・デイリー)大佐は現在は軍を辞め麻薬捜査官をしている元同期で尋問のスペシャリストのトム・ハーディ(ジョン・トラボルタ)を呼んだ
彼は賄賂容疑で謹慎中だが腕は一流だ
元レンジャー部隊で行方不明のウエスト軍曹に指導も受けていた

トムが尋問を始めるとダンバーは口を開くのだった。。






以下ネタバレ



助かった2人の供述が食い違う
話は二転三転を繰り返す予想外の展開へ
全く先が読めない見事に騙されるミステリー・サスペンス
黒澤監督の「羅生門」を思い浮かべます

果たして何があったのか?
ラストは全編雨が降り続け重苦しく暗い印象からスカッと爽やかに終わる良作品
どんでん返しの技!
言葉遊びのプロだなあ〜。話芸の勉強にすらなる。良き
asashio

asashioの感想・評価

3.9
衝撃のラスト。
レンジャーたちの顔と名前を把握するのが大事。
少ししか写ってない人も重要なパーソンだったりするので、最初は誰の事言ってるか分からなく戸惑った。
K

Kの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

殺人は人間の本能だ。
複雑な陰謀や黒幕は関係ない人間は誰だって人を殺せるんだ。
Kei

Keiの感想・評価

3.4
どんでん返しすぎ。

登場人物多くて名前連呼でさらに名前は・・・な上に同じ場面を多角的に語るのでついて行くの大変。
制作側もわかってるようで最終どんでんは説明過多なくらい丁寧に説明して、そこまでの経緯あんまりわかってなくてもなんとなく面白い!!ってなるようにしてるのはすごい。
伏線でしっかり推理させたりするタイプの映画でもないので、ただただジェットコースターのようにレールに乗っかって観てればいいと思う。
推理物ではなくスカしたトラボルタのPVだと思っていいかも。

サミュエル・L・ジャクソンは場面説明だけでセリフはほぼアドリブだそうでNGテイクがOKの10倍近くになったとか。
それもうセリフ指示したほうがよかったのでは・・・w

この手の証言者によって同じ事象の説明が変わってしまうシナリオをRashomonとかRashomon methodと言うそうな。
語源は勿論黒沢映画「羅生門」から。
>|