心霊ドクターと消された記憶の作品情報・感想・評価・動画配信

「心霊ドクターと消された記憶」に投稿された感想・評価

娘を交通事故で亡くした主人公は心機一転カウンセリングの仕事に就く。
そんな中、仕事場に現れる少女がこの世のものではないことに気が付き、彼女らに導かれるように帰郷する。
そこで明かされる過去の秘密とは…
少女は何者で、何故主人公の前に現れるのか…そんなミステリー&心霊ホラーな一本!

“心霊ドクター”と見ると「霊を成仏に導くカウンセラーの映画かな?」と思いがちですが実際は主人公の職業がカウンセラーなだけで、主に主人公が過去のトラウマを乗り越えていく話になります。

心霊モノとして観ればそこまで怖くはないですが、幽霊を発端としたミステリーとして観れば結構楽しめました!!
※個人的にはこの程度の怖さでも結構ウキウキしながら観れたのでホラーとしても〇です。
過去の後悔とケジメをつけて前に進む物語というスタンダードな話で、テンポも良くスルッと見れる良作。

ジジイの霊が主人公相手に、マイケル・ジャクソンの「Smooth Criminal」内の伝説的なダンス「ゼロ・グラヴィティ」を見せつけるシーンがあるのも高評価です!笑

このレビューはネタバレを含みます

ちょくちょくびっくりするところあるけど、窓叩く?所とか理由がわかって納得した。ややB級感。
 ホラー要素を程よく組み込んだミステリー。個人的に邦題が気に入らないが、内容は好み。
少女から謎の数字の置き手紙。
ミステリーとしてもっともっと引っ張って欲しかったけど、心霊系で焦らされずにじっくりと観られる。
macomi

macomiの感想・評価

3.0
ミステリー好きにはたまらんやろうけど、あんまりグサッとささらんかった。
ママン

ママンの感想・評価

3.1
記録👀

なかなか「思いっきりお化け👻」出るとかでない感じのオチが良かった思い出。

気をつけないと寝落ちすると思う😴
サクッと観れるお手軽サスペンス。
ホラー要素もありますが怖くはありません。
落ちもわかりやすかった。
エデン

エデンの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

佳作という感じでそこそこ楽しめたけれど一つだけ言わせて。
なんでそこに自転車置いたし!!!!!
鑑賞 2020.07.23 ひかりTV

娘を亡くした精神分析医エイドリアン・ブロディ。それ以来、23年前の列車事故犠牲者が現れる。事故の当事者だったシックス・センス医師。忘れ去っていた記憶を思い出し、事故の真相を解き明かす。

一昨日「プレデターズ」見て、エイドリアン・ブロディの活躍っぷりが良かったのでチョイス。傭兵マッチョだったのにヒョロガリ医師になっちゃっててショック。でもまぁ、ハの字眉だから繊細気弱が合う顔かも。

memo
ハンニバル 電車振動騒音 君が代 ユング 我々は進歩している 鳥罠のある冬景色 ブリューゲル 寓話 新橋駅前風 12787 1987年7月12日 患者氏名 地名 実家 父元警察官 酒浸り 自室 曖昧な記憶 少年時代 悪友と覗き チャリ線路 列車脱線 死者47名 45分 警察署前 ブランコ 出頭告白 調書担当 犠牲者の娘 新聞着火 消える 物置閉じ込められる エリザベス飛びかかる サム・ニール尋問 娘事故よそ見 ナニを見ていた 鉄道模型 事故現場 信号扱い所 悪友バリー首吊り 記憶思い出す 車から逃げる少女エリザベス 娘を亡くしてから犠牲者が見えるようになった 車ガラス掌打 髪たなびく死人少女 ミッチェル高校校章 父エリザベス絞殺 目撃 線路切り替え 脱線 エリザベス死体を車両内に置いて失踪事件解決 女警官殴打気絶 この親にしてこの子あり パトカー霊事故 踏切 猛スピード 脱線せず停止 
masa

masaの感想・評価

3.5
気楽にお手頃に観れるサスペンスミステリー。ホラーでもある。
地味だけど普通に楽しめた。

自分が診察してきた患者全員が亡霊だと知った精神分析医が、彼らが命を落とした列車事故について調べるうちに思わぬ事実にたどり着く話。

娘を亡くしたショックから立ち直れない精神分析医ピーターのもとに、エリザベスという少女が訪れて1枚のメモを置いていく。
そのメモを調べるうちに、これまで診てきた患者の全てが1987年7月12日に自分の故郷で発生した列車事故の死亡者であったと判明する。
亡霊と対面していたことに驚きながらも故郷へと戻って、事故にまつわる事実を追い求めていくピーター。
やがて、その事故に自身が関わっていたことがわかり、長い間抱えていた記憶が何かによってゆがめられていくが……

どんでん返しを予想して、いろいろ考えてしまったが、結末はそんなでもなかった。
エイドリアンブロディがいい。

とびきり面白くもなく、詰まらなくもない。こういう気軽に観れるB級的サスペンスは人生に必要です。
>|