カルの作品情報・感想・評価

「カル」に投稿された感想・評価

D

Dの感想・評価

-
黒の陰影が美しく、犯人容疑の美女に翻弄される刑事は、氷の微笑のような構造で、エロ控えめ・グロ多め・血だらけハードゴアスリラー。謎が謎を呼び、ドンデン返しを繰り返し、驚愕のラストへなだれ込む。中毒性が高くてハマると抜け出せない!
シム・ウナとハン・ソッキュ。本当にはまりました。怖かったあ。しかも謎だらけ。何ひとつ腑に落ちませんが、それでも必死で考えた記憶があります。
BELARUS

BELARUSの感想・評価

4.0
Music:
Placebo, Bach, Mendelssohn, Shostakovich, Nick Cave and The Bad Seeds.
Arisa

Arisaの感想・評価

3.0
グロテスクなシーンが多くて、ところどころ目を手で覆いながら観た。

やはりこういう陰惨な映画を作るのは韓国は上手いなー。

しかし
ここまで観る人達にたくさんの謎を残したままで終わるのは何なんだろう…
映画にする意味がないじゃん、って思ってしまう。

ちょっとズルい
いわゆるアンフェア?

せめて、もっとあの人が犯人だっていうのを漂わせてほしかったな。
HOTDOG

HOTDOGの感想・評価

4.1
かなり前に見たから色々わすれたけど、めっちゃハマった記憶が。こういう感じ好きなんだなー。
仁

仁の感想・評価

3.0
スプラッター要素の強いサスペンス。夜の雨のシーンなど、暗いシーンが多く常に不穏かつ陰鬱な空気感の中、犯人に迫る。なのにそんな安易な終わり方でいいの?って思ったらそこから更に大きな展開が。ハッキリはしないけど限りなくそういう事ですよね?的な。でもどうやって犯罪を成し遂げたのか、など核心的な部分が全く分からないのでそこはかなりマイナス。
TOMO

TOMOの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

連続バラバラ殺人
事件関係者の女性の過去と本性

とんでもなくグロい。
いきなり解体シーンなので、ご飯食べながら見るのはやめたほうがいい。
終始不穏な感じで、サスペンス要素も強く謎解きみたいな感じ。
もうちょいポップな方が好きなので若干低めにつけたけど、暗めのサスペンスが好きな方にはオススメ!
mieda

miedaの感想・評価

3.7
真犯人が明かになる部分は背筋が凍るようなドキドキ感があってよかった。
全体には人物の関係性や誰が誰を殺してどうなってるのか分からないところが多くてモヤっとした。

猟奇殺人のお話とはいえ死体の描写がグログロで、ホラーのレベル。

セブン、羊たちの沈黙、ユージュアルサスペクツなど色々似ていた。
まこと

まことの感想・評価

3.7
犯人は誰だ!?

多分あいつだ


「絶対」ではなく「おそらく」とまでしか言えない、どう甘く見積もってもこれが限界

サイコスプラッターに最後まで煙に巻かれ、出し抜かれる元祖猟奇的韓国映画
けっこう前に観たんやけど、
最後分からんかったわ(笑)
個人的には嫌いなホラーでしたw
はっきりさせろやーい!ってなるわw
>|