オンリー・ザ・ブレイブの作品情報・感想・評価

「オンリー・ザ・ブレイブ」に投稿された感想・評価

『とんでもない傑作』でした👍🏻✨今回の🇺🇸カリフォルニア森林火災(‘18.11.11)でも多くの方が亡くなり町全てが焼失など🔥日本とは森林火災の規模・頻度も違えばテーマは馴染みのない『森林火災消火隊👨🏻‍🚒』…普段なら手を付けないテーマ・作品ですが本作は実話との事。学ぶために鑑賞🎞エンドロールで実際の隊員達の写真が流れるのですが珍しくティッシュの箱を抱えて鼻をすすりながら観ました🌳✨食わず嫌いで避けてる方に!!ぜひ勧めたい作品れす

P.S.映像ソフトの特典には実際の本人・家族達のインタビューが収録されています。グッとくるので劇場で観た方もぜひ
試写で見ました。IMDbの評価は7.7だが、よくあるアメリカのヒーロー映画という印象。実話ベース、家族・社会問題も盛り込み、音楽・コメディも織り交ぜと映画の基本に忠実に作られている。そこが古臭い感じがしてやまなかった。アメリカ人の道徳映画に違いない。
但し、質は高いです。
844

844の感想・評価

4.0
テラー君今度はクラックヘッドからヒーローへ。
ブロリンが隊長でジェフおじさんが市長絡みの人。
前半のドラマ部分も良かったし。
後半はなんかもうただただ見いる。
防火テントでやり過ごすって無理ある。
アメリカは外国より国内の問題に金出すべき。
初めて自治体からホットショットがでた!って言われてもよくわからん。
消防団が消防署の免許持つ感じ?
どうでもいいけどめちゃよかった。
ロシアの山火事の映像バリにリアルな感じした。
SBN

SBNの感想・評価

3.8
大規模な山火事から街を守るホットショット隊の実話に基づいた作品。日本では馴染みのない災害で知識が皆無だがここまで壮絶な仕事だとは。炎が風や湿度の影響で忽然と緊迫した状況に転換する。数秒前の空間が死滅する速さが自然の脅威そのもの。「愛するものを守るため」その実現に愚直なまでに誠実な彼らの存在を1人でも多くの人に認識して欲しい。
山火事を題材とした、実話ベースの物語。
消火活動といえば最終的には雨が降ったりして自然に消えるのを待つっていうイメージだったから、物凄く過酷な仕事だという事にとても驚いた。

山火事シーズンが始まるとろくに休む事もできず、家を空けがちになる。
そんな激務な夫たちを支える家族にも焦点が当てられていたので感情移入しやすかった。

マイルズ・テラーの演技がとても良かった!👏
メンバー同士が絆を深めていくのも素敵だった。普段は何処にでもいる若者たちで、いざ仕事が始まると街のヒーローになるっていうのもメリハリがあった。

辛くて胸が押しつぶされそうになったし泣いたけど、見て良かった。
これ映画館で泣くの我慢できなかった。
今でもたまにみる
実話なのがめちゃくちゃ響く
takumi

takumiの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

映画館で見たかった。

こんな事実があったことを知らなかった。世界には、自分の知らない仕事で、素晴らしい活動をしてる人がたくさんいるんだなと改めて実感した。
事実ゆえの無常さは致し方なしだが、奇跡を願ってしまった。

自分は人のために命をかけられないけど、そういうことをできる人たちが必ずいて、そういう人たちの犠牲で自分はこうして平和に映画を観賞できてるんだなと痛感した。
ばにら

ばにらの感想・評価

3.4
森林消防隊の壮絶な実話で評価高い
ブレンダンは子供が出来て人として
生まれ変わっていくのはわかる
リーダーマーシュは彼を一人前の
消防士に彼と仲間との絆も深まる
そしてチームに大火災が
この手のストーリー感動的ですが
期待高すぎたのか引き込まれず
風呂敷じゃダメか辛くて記録映画で
sachi

sachiの感想・評価

5.0
良くあるフィクションディザスタームービーかと思ってましたが…
事前知識ないまま観ていたので、最後はとても胸にきました。
家庭、仕事、友人…私たちにとってどれも大切なものだと再確認させられる映画です。
>|