昼顔の作品情報・感想・評価

「昼顔」に投稿された感想・評価

のん

のんの感想・評価

3.0

どこまでが現実でどこからが白昼夢なのか…

「私ってばとても穢れてるの」って思いに興奮してるかのよう。汚い男と寝て興奮してるみたいだし。

美しくて善良な旦那さんに「娼婦館行ったことある?どんなところ?教えて?」とかふっかけておいていざ答えると「そんな露骨なこと言わないで💢」とか…それは無いでしょって思いつつ、自分にも身に覚えがあるような(笑)

映画は要するに性に対するアンビバレントな心身問題がテーマなのでしょうか。色々と変で面白い。
mtmg

mtmgの感想・評価

3.6
前半の各種変態達の描き方が良い意味で気持ち悪い。色々印象的なシーンはあったけど結局のところカトリーヌ・ドヌーヴが綺麗だということに尽きる。
国領町

国領町の感想・評価

3.0
★★★liked it
原作ではセブリーヌがアンリ殺しをマルセルに
依頼したりの悪女っぷりらしいが
カトリーヌ・ドヌーヴ主演でソフトになったのかな?
どんなラストになるのかと思いながらでしたが
ラストシーンのピエールの涙、悲しすぎる。
か

かの感想・評価

3.5
私の性なのよ


不感症以外は完璧と言われた貞淑な妻が娼婦としての道を見出す。
カトリーヌ・ドヌーヴが美しい
カトリーヌ・ドヌーブが上品で美しいけど、キャラクターに全く感情移入出来ない。自分の性的探求するのは構わないけれど、お高くとまって私はあなた達と違うのよ~というオーラ出まくりで。ドヌーブだから許されるんだよなぁ。本当に綺麗。

Me Too やTime's Upが盛り上がっている今のアメリカでは絶対作られないだろう映画。セクハラは本当に許せないけれど、魔女狩りって言うドヌーブ側の主張も分かるような。男女の駆け引きすら、女性が訴えたらセクハラにされてしまいそうな雰囲気が漂っていてちょっと怖いもの。
Moeka

Moekaの感想・評価

3.9
女性の秘めた性の解放や倒錯を描いているようにも見えて実は健気かつアブノーマルな純愛を描いている作品に思える。ただ幻想が現実を徐々に蝕んでいく様がこちらは快感を感じると共になんともいたたまれない気持ちになる。エロティシズムはどこか死への衝動と結びついていると実感させられる作品でもある。フランスらしい絶妙な言葉遊び、今話題のmetooへの考え方もフランスとアメリカはそりゃ違うだろうと改めて思った。
退屈な人生、刺激は必要。平凡、普通は安定しているようで、実は危険をはらんでる。
Kirisshy88

Kirisshy88の感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

性的倒錯癖があり不感症気味の奥様が娼婦になることで欲求不満と夫との溝を埋める物語。この設定自体に特に意外性はない。様々な男との間で展開されるプレイ内容も予測可能で予定調和的。映画としてリズムがファミリードラマのように単調でBGMもなく、映像美も特に工夫がないため退屈極まりない。多少の笑いもあるが全体ではコメディとシリアスのどっちつかずで半端である。奥さまの幾つかの妄想シーンと侯爵の館の雰囲気くらいが評価点。
監督は映画草創の巨匠であるが、この年代ではもはや時代遅れの監督である。奥様よりも観ている私が欲求不満になってしまった。二度と観たい映画ではない。
カトリーヌドヌーヴが間宮祥太朗に似過ぎてて…

観終わってすぐ公開された『ワンダーストラック』のビジュアルが好きすぎてこっちの印象が消し飛びました。
ROSA

ROSAの感想・評価

4.0
どの映画でもいくつの時も美しくてcuteなカトリーヌ。永遠に憧れ♡
>|