恋は雨上がりのようにの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

恋は雨上がりのように2018年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

3.9

あらすじ

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤へ…

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤への想いを抑えきれなくなったあきらはついに近藤に告白する。 近藤は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず―― 真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

「恋は雨上がりのように」に投稿された感想・評価

あや

あやの感想・評価

5.0
アニメの実写化で何度も萎えてしまい、観るとしてもDVDでいいな…と思っていましたが読者からの評価が(意外と)良かったこと、主題歌が神聖かまってちゃんだったこと、小松菜奈様主演だったことで観たくなり、予告を10回近く観たら映画を観たい欲が……
丁度次の日オフだったので観に行きました。
冒頭の主人公のあきらが走るシーンの迫力などテンポが良くとても観やすかったです。
ただ恋愛映画を観る気持ちで行くと物足りないと思います。
個人的にこの映画は沢山の人と関わることで成長していく女子高生の話という感じがしました!
蘭子

蘭子の感想・評価

4.5
公開時期が初夏で本当に良かった。
主題歌がフロントメモリーと聞いた時は正直(?!)だったけど予告のドローンで教室の窓に近づくイントロ部分を見て最高が約束されてるなと思った。
20代後半、アキラのような瑞々しい季節はとうに終わったけど、まだ間に合うこともあるのかななんて思えてくる。見終わった後、走り出したくなる映画。
Yuji

Yujiの感想・評価

2.4
映画のスピード感 0.3
感動 おもしろさ 0.4
意外性 ストーリー性 0.3
映像や音楽の美しさ 0.8
初めてみた衝撃とその後心に残るかどうか 0.6
小松菜奈さんの演技をちゃんと見たのは初めてかも知れません。意外と(失礼)きちんとした演技をみせて貰えてびっくり。45歳演じる大泉洋さんと女子高生演じる小松さんの距離感も巧く出ていました。途中多少の中だるみ感はありましたがエンディングは良いまとめ方で、儲けものといった感じで映画館を出ました。
アニメも原作も読んで配役を見て初めて実写版をすごく観たい!!!と思った作品。

配役がほんと良かった。
台風の日の店長は本当に最高。

全体的なうまく原作の爽やかさが出てて良かった。
‪小松菜奈さんのあきら、美し可愛かった★‬
‪大泉洋さんの店長の包容力★‬ ‪恋愛映画好きじゃないけど、‬これは別もの。‬ ‪原作も映画も素敵でした。‬ ‪見に行って良かった☆(≧∀≦*)❤︎‬
赤鬼

赤鬼の感想・評価

3.8
大泉洋さんのコメディアンぶりがただただ見たくて映画館に足を運びました。セリフを原作とは一言一句変えない監督の拘りが素敵だと思ったし、何にも考えずに見るにはちょうどいい作品でした。自分の人生のターニングポイントにおいての大切な人との関係性を客観視出来る映画でもあると思うので、"恋"より"青春"の方がテーマとして大きかったと思います。
赤さん

赤さんの感想・評価

3.7
この作品は夢を諦めないことの素晴らしさを伝えてくれる映画でした。
僕は原作から入ったのですが、ラストも原作とは、少し異なり恋愛要素は薄めでとても爽やかな清々しい仕上がりでした。

文学好きなアラフォーの店長と怪我で大好きなを陸上を諦めたJKのあきら、を夢と恋愛というキーワードで対比させそれぞれの進むべき道へと導いてくれる作品でした。

叶えられなかった夢が呪いのようにその人を蝕んでいき、真剣であればあるほど重く苦しくのしかかっていきます。
あきらとの恋愛とともにそんな苦く苦しい想いと改めて向き合わされる店長の葛藤に注目です。

小松菜奈はロングの方が断然可愛い!!
ソウタ

ソウタの感想・評価

5.0
今に全力になれる作品。
頑張ろうと思ってる時に背中を押してくれる。
ずん

ずんの感想・評価

3.9
みずみずしさと疾走感、暖かみも感じた
冗談かと思った恋が走り出す
陸上と小説
それぞれが諦めかけていたことのリベンジもとても良かった
店長との出会い、きっかけのシーンが素敵でした
>|