くちびるに歌をの作品情報・感想・評価・動画配信

くちびるに歌を2015年製作の映画)

上映日:2015年02月28日

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「くちびるに歌を」に投稿された感想・評価

ouy

ouyの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

懐かしい歌が聞けてよかった🙋‍♀️
手紙もマイバラードもすごく好き。

兄の為に生まれてきたっていう弟くんの所は、そのようなことを言われたことがあるからちょっと共感…😅でも自分の生きる意味にはならないけど!
ku3

ku3の感想・評価

3.6
若いって、夢中になるって素晴らしいな。
みんないい子だし。
それぞれの苦しみや悲しみも。
Frengers

Frengersの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

 新垣結衣の映画における傑作といえばいまのところ本作。長崎の景観を利用した美しいショットと高所からのロングショットを含みながら丁寧に繋ぐオールドスクールな編集、適宜挟まれる長回し(少し黒沢清っぽい?)、シーンの反復ーー特にスカート覗きが自主練場に変わる階段下。見る/見られるの反転ーーの素晴らしさと見どころ多数。さらに船で来てから帰るまでという特定の時間を見事にとらえつつ、それぞれが失ったものを取り返えすというシンプルな筋立てもかなり良い。
 合唱コンクールがメインになる後半は正直微妙。映画というよりドラマになってしまいやや蛇足。さらに気になるのは、同監督の「思い、思われ、ふり、ふられ」にもあった同じシーンを再度見せるフラッシュバックを2015年作である本作でも使っていること。しかも同じように泣かせにかかるようなドラマチックな場面で使っているのは寧ろ興奮を削ぐ。階段シーンのような反復が出来る監督がなぜ安易にこの技法に手を染めるのかがわからない。
 三木孝浩という映像作家がこの先大傑作をものにできるのか非常に興味がある。チャラいジャンルばかり手がけているという印象に反してその可能性はまだまだあると思っている。
ナオト

ナオトの感想・評価

5.0
ガッキーが出てるので、気になってGEOで借りて観たけど、主題歌のアンジェラ・アキの手紙の良さも相まって、かなり良かった。ガッキーにしては珍しく暗めの役やった。
いち麦

いち麦の感想・評価

5.0
アーティスト肌の代替音楽教師が忘れかけていた音楽の意味を、過酷な運命に立ち向かって生きる中学生達に再び教えられる物語…自然で素晴らしかった。キリシタンの島、教会という舞台を使ったさり気ない心理描写も凄く良い。自分が一番堪えたのは生徒たちが自分の悲しい運命を赤裸々にストレートな言葉で訴えるところだ。ポジティブに捉えようとする少年の深い悲しみ。心に傷追う教師の心をついに動かした少女の辛い訴え。両方に涙が溢れた。
れいな

れいなの感想・評価

4.0
「表参道高校合唱部!」みたいな学園もの、合唱ものが大好きな私得作品。
青春ってこんなにもキラキラしてたんや。息子にもなんでもいいからこのキラキラを感じて欲しい!
いけすかない女教師役の新垣結衣が新鮮。いろんな苦しみを抱えた生徒を見守る先生と見ると平成版二十四の瞳。
ただ、展開がいかにも過ぎて、そこまで感動できず。自分の心の汚れが悲しい。でも、長崎の風景は本当に美しかった。

〈あらすじ〉
産休を取ることになった親友の音楽教師ハルコ(木村文乃)の代理として、生まれ故郷の五島列島にある中学の臨時教師となった柏木(新垣結衣)。天賦の才能を持つピアニストとして活躍したうわさのある美女だが、その性格はがさつで乗り回す車もボロいトラック。住民たちの注目を浴びる中、彼女はコンクール出場を目標に日々奮闘している合唱部の顧問に。そして部員たちに、課題として15年後の自分に宛てた手紙を書かせる。やがて、部員たちがつづった手紙から、それぞれが抱える苦悩や秘密が浮き上がってくるが…。
izumi

izumiの感想・評価

2.0
長崎県の離島にある中五島中学校。産休に入る幼なじみの音楽教師の代理として、東京から美人ピアニストがやってくる。さっそく合唱部の指導を任されるが、心に傷を負っている彼女は心を開こうとせず、ピアノも弾こうとしない。そんな彼女に、周囲や生徒も戸惑う。

柏木の役が新垣結衣なのがあってない笑
ラストの他校と合同の合唱は素敵だった。
歌の力ってあるんだなって懐かしい曲を聴いて感じたし、やっぱりアンジェラアキの曲は名曲ですね。
この映画は多分「手紙」って曲に大分助けられているように思います。笑
綺麗すぎる作品で
1つ何か欲しかったな!

これはガッキーが
綺麗でクールでエロくて
セクシーで

この魅力的な
ガッキーで恋愛とか
サスペンス的要素とか
何か欲しかった!

勿体ない!

間違いなく
今まで見たガッキーの中で
1番魅力的やった!

全てが眩しい作品。
>|

あなたにおすすめの記事