くちびるに歌をの作品情報・感想・評価

くちびるに歌を2015年製作の映画)

上映日:2015年02月28日

製作国:

3.8

あらすじ

長崎県・五島列島の中学校。 ある日、天才ピアニストだったと噂される柏木ユリが臨時教員としてやってくる。合唱部の顧問となった柏木は、コンクール出場を目指す部員に、“15年後の自分”へ手紙を書く課題を出す。そこには、15歳の彼らが抱える、誰にも言えない悩みと秘密が綴られていた。その手紙は悲しい過去からピアノを弾けなくなっていた柏木の心を動かして……。

「くちびるに歌を」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

五島列島の島の風景と、中学生の歌声に心が洗われた。ストーリーの大筋はありきたりだが、分かりやすくて程良い。そして、ありがちなのに、ちゃんと泣ける。
そして、私は特に、なずなの父親がクズ過ぎるところが良かった。クズなヤツは簡単に改心なんてしないから、そんなものに期待せずに、自分は前に進もう、というメッセージはなかなか現実的で心に響いた。
ただ、なぜ、妊婦のあの先生、帝王切開じゃないの?心臓悪くて妊娠出産が危ういレベルだったら、初めから帝王切開だよね。それが気になり過ぎて、せっかくの最後の盛り上がりにイライラ。というか、普通に出産するだけで、十分感動だったのに。何も不幸の上乗せはしなくて良かったのではないだろうか。
chinatsu

chinatsuの感想・評価

3.7

ツンツンがっきー……!!
スカートと髪を風になびかせてる姿が美しすぎました。

中盤くどいなと感じたけれど、そんなの忘れるくらいに最後泣いた。

私も3年の時、手紙をクラスで歌ったので余計に感動。
花梨

花梨の感想・評価

3.6
歌泣かせ
ガッキーは後ろ姿でさえかわええ
15歳という多感な時期
自分の存在意義を考えたり悩んだり。
将来への不安とか。
生徒役の役者さんの素直な演技と
アンジェラアキさんの合唱曲「手紙」がこの作品そのままで、
ぐっときた(T_T)

歌声とともに穏やかな島の風景
暮らしの中に自然に溶け込んでいる教会
すべてが優しい。
yukari

yukariの感想・評価

3.9
「手紙」の合唱のシーンでは感動MAXで、いい青春映画みたなーって感じだった。

きれいな島の景色と素朴で純粋な子供たち、長い髪のガッキー可愛かった❤️
SZissie

SZissieの感想・評価

3.0
小説読んで最高だった作品。正直、小説のほうが好きだけど、なんたってガッキー。美しい
ぴょん

ぴょんの感想・評価

4.3
素敵な映画でした!!!中盤ぐらいからずっと泣きっぱなし!!!!アンジェラアキの手紙〜拝啓、十五の君へ〜の歌詞がぐっとくる!!!!!!
最後コンクールで感動するのに、その後自閉症のお兄ちゃんにも感動!何回感動させるの!?( ;∀;)

邦画あんまり好きぢゃないんだけど、これは本当によかったです。景色が綺麗で長崎にも行ってみたくなります。
nickname

nicknameの感想・評価

3.8
渡辺大知に役者って仕事の難しさと楽しさを教えてもらえる。

ザ・良い映画
観た後嫌な気持ちになることはないって言い切れる映画。

ど #
muyi

muyiの感想・評価

3.7

中学生の時に原作を読んで大好きだったので見ましたが忠実に再現され、本では感じられなかった、歌を実際に聞くと泣けてきました。

ガッキーは、態度がそっけない役どころなんですが凄くかわいいです
jyave

jyaveの感想・評価

3.9
劇場公開日:2015/2/28
キャッチコピー:「大っ嫌いなあなたたちが 教えてくれたこと」
「拝啓、15年後の私へ。あなたは覚えていますか。先生との出会いが 私たちの人生の物語ば 大きく変えたことを。」
>|