くちびるに歌をの作品情報・感想・評価

くちびるに歌を2015年製作の映画)

上映日:2015年02月28日

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「くちびるに歌を」に投稿された感想・評価

my

myの感想・評価

3.5
青春の部活映画。
合唱シーンがいい。「手紙」は学生の時に歌ったので懐かしい気分。

あとガッキーがクールで可愛い。
すごく好きな作品です。
ガッキーみたいな先生がいたら毎日学校楽しめただろうな〜
歌に感動しました。
笑わないガッキーも海も山もとっても綺麗だった。あんなとこで歌えたら爽快だろうな。青春映画だけど、能天気な感じでも、恋愛推しでもなくて、好きな感じだった。中学生はいいな。仕事頑張ろう。
夢

夢の感想・評価

4.0
こんなにクールで笑顔のない新垣結衣は初めて見たかも。
三木監督は恋愛映画が多くて苦手だったけど、こういう人間ドラマも描けるのだと驚かされた。
それぞれが問題を抱えながらも音楽を通して踏ん張って生きる姿が良かった。
Choco

Chocoの感想・評価

4.3
すごい好きだった…
桑原くんの手紙が切なかったし父親の扱いもしんどかったー。なずなちゃんの境遇も胸が痛かったけどその後の出会いによって少し和らいでると良いなあ…
あと本当に曲が良い。私も実際に歌ったし知らん歌じゃないのにめちゃめちゃ泣けた…合唱しよる時に歌詞にあった過去の映像流すのずるい…………ほんでから最後の大合唱も泣いた………これはまた絶対見たい………
r22

r22の感想・評価

4.5
ツボに入りすぎて開始1時間からちょこちょこ泣いて最後は号泣。

爽やかで清涼感と感動がすごい。

wikiに「15歳の自分と大人が交わす往復書簡のような映画にしたいと構想」と書いてあるが、本当にそんな形の映画。

15歳の悩みや痛みと、まっすぐに芯を持って進んで行く美しさ。それが大人の主人公にも繋がっていく。
凄く良い映画だった。
KentO

KentOの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

彼女らは別に主人公ではない。

みんなに訪れ、みんながみんな越えて行くものを当たり前のように経験し、挫折し、悩み、苦しんでいるだけだ。

新垣結衣の最後の笑顔は、そんな当たり前の経験を経だ先でこぼれるものなのだと思う。
合唱も生徒も新垣結衣も全部透き通ってる(笑)

合唱が好きで聞いてると心地よくなれるから鑑賞してみたけどやっぱりいいw
最後は泣きます。

女の子がお父さんに2回捨てられたってセリフを言った時に俺も母親に2度捨てられていて同じセリフを言ったことがあったので、それでもー感情移入しまくり(笑)
その子が歌う姿見ると涙が止まらん。当時の自分の気持ちとも重なり更に涙が止まらん。
コンクールが終わり、最後親が子供に寄ってくるなか自分には誰も来ない。会場のどこかに親の姿を探す女の子。俺も何度か同じ体験をし、同じ行動を取ってしまったことも思いだしまた涙(笑)

いやいい映画だったー。真っ直ぐな映画です(笑)
五島列島のロケーションの美しさ、新垣結衣の凛とした美しさ、青春映画の王道と言える安心のベタ展開。

自閉症の兄を支える桑原くんのエピソードはストーリーに深みを与えていると思います。

ラストは素直に良かったです。

それにしても、ベッタベッタやなぁ。
mymkny

mymknyの感想・評価

3.4
泣かせにきてる映画で素直に泣いた。
想像通りストレートな映画。
>|