くちびるに歌をの作品情報・感想・評価

くちびるに歌を2015年製作の映画)

上映日:2015年02月28日

製作国:

3.8

あらすじ

長崎県・五島列島の中学校。 ある日、天才ピアニストだったと噂される柏木ユリが臨時教員としてやってくる。合唱部の顧問となった柏木は、コンクール出場を目指す部員に、“15年後の自分”へ手紙を書く課題を出す。そこには、15歳の彼らが抱える、誰にも言えない悩みと秘密が綴られていた。その手紙は悲しい過去からピアノを弾けなくなっていた柏木の心を動かして……。

「くちびるに歌を」に投稿された感想・評価

ふみ

ふみの感想・評価

3.1
15歳、みんな抱えてる何かがあって自分がよくわからなくて、大人になってもそれは変わらない。だけど自分を信じて進んでいくしかないんだよ。話よりアンジェラ・アキの手紙がいい曲
教員てやっぱいいなと思った。でもこんな純粋で優しい子ばっかいるわけないと思う笑
kime

kimeの感想・評価

5.0
最高、ただこれに尽きる。
この作品はどうも過小評価され過ぎてる気がする。今の日本で稀に見る傑作と言っていいと思う。邦画には悪いところはいっぱいあるけど、その逆に良いところをふんだんに盛り込んだ作品になってます。
mihofujita

mihofujitaの感想・評価

4.0
歌の持つパワーって本当にすごい
めちゃくちゃ泣いた

最後にちゃんと伏線を拾うところもいいね

合唱部の話と思いきや
さとるとあきおのストーリーもまた考えさせられる
さとるの、15年後の自分に宛てた手紙、ものすごくズシンときた
自閉症の人の役を演じてる渡辺大知もすごかったなぁ

合唱っていいねえ、懐かしいな
まったく期待せずに見ては見たものの、まさかの瞳がウルっと。序盤なんて文乃とガッキーの役逆がいいななんて思ってたのに、思いのほかいい作品でした。
ucandoit

ucandoitの感想・評価

3.5
ベタなだけに泣かされる。良くも悪くも日本映画。コンクール後のシーンは感動的。新垣結衣の事は知らないせいか余り印象に残らない。と言うか伊藤詩織さんにしか見えない。女子生徒達可愛い。特に恒松祐里と山口まゆ。おてんちゃんも出てます。

このレビューはネタバレを含みます

最近自分の中で突然の合唱ブームが訪れ、さらに彼がガッキー好きなこともあり、TSUTAYAでこれを見つけて衝動レンタル。
小さい伏線がちゃんと回収されていくのが面白かった。自閉症の兄のためにみんなで合唱するシーンが大好き。あと風景がめっちゃ綺麗!
陽だまりの彼女と同じ監督で納得。他の作品も観てみたいな〜
くちびるに歌を
心に太陽を。

自分の生きる意味はみんなそれぞれあるんだ。幸せなことも悲しいこともあるけど、今を生きよう。一歩づつ進もう。
erkssss

erkssssの感想・評価

3.7
2018/07/09
歌っていいな、純粋に思った。
無感情の役柄はガッキーによく似合う。
渡辺大知の自閉症の兄役はすごい。
何の役にもなれるのはすごい。
最後のみんなで合唱を聴かせるシーンで号泣。。
ストーリーはとてもシンプルだが、
想像していたよりステキな作品だった。
happyhour

happyhourの感想・評価

3.5
新垣結衣がピアノ弾くところが最高潮だった。あの主人公?の女子高校生に向けたドと、あの選曲、ぼろぼろ泣きました。

あとあの知的障害の兄を持ったさとるくんが印象的。あの作文は衝撃的。あの子、他のドラマとかにも出てるのかな。もっと演技が見たいと思った。

見終わって爽快でなんだか気力がわいてくる作品でした(^^)
tatu

tatuの感想・評価

3.5
島の子供たちの純粋さと景色と思いでが十五の手紙の歌詞やメロディーと相乗効果で感動する映画でした。
>|