くちびるに歌をの作品情報・感想・評価

くちびるに歌を2015年製作の映画)

上映日:2015年02月28日

製作国:

3.8

あらすじ

長崎県・五島列島の中学校。 ある日、天才ピアニストだったと噂される柏木ユリが臨時教員としてやってくる。合唱部の顧問となった柏木は、コンクール出場を目指す部員に、“15年後の自分”へ手紙を書く課題を出す。そこには、15歳の彼らが抱える、誰にも言えない悩みと秘密が綴られていた。その手紙は悲しい過去からピアノを弾けなくなっていた柏木の心を動かして……。

「くちびるに歌を」に投稿された感想・評価

nananaoki

nananaokiの感想・評価

3.4
自閉症の兄の面倒を見ること
それが自分が生まれてきた意味
あのボーイの手紙が胸に残る
m

mの感想・評価

4.5
泣いた。
とても良かった。
懐かしくて愛おしい気持ちになった。

青春の気持ちを思い出した。
この歌は合唱で歌って伴奏もした思い出の曲。私たちも15の時に授業で将来の私に手紙を書いたことがある。

あの時の新鮮な気持ちを思い出して、日々を大切に過ごさなきゃって思った。

個人的にもすごく気に入ったし、ストーリーも面白くて、懐かしい気持ちに浸りたい時にはこの作品を見ようと思いました。

とても純粋で綺麗な映画。
Ron

Ronの感想・評価

4.8
中学生の頃を思い出した、あぁまたあの頃に戻りたいなぁ。
すごくいい作品だった。
73

73の感想・評価

3.3
久しぶりにまっすぐな映画を観た
もともと楽器や合奏(合唱)が好きなので嫌いになれるはずない
前半はさわやか3組的なきれいさでややだる。
最後のマイバラードは良かった
手紙という曲のよさを再確認

黒猫チェルシーの演技が圧巻
しほ

しほの感想・評価

4.5
大好きな映画の1つになった!
桑原くんの手紙の言葉が頭から離れない
gaaaa

gaaaaの感想・評価

3.6
“爽やか”がよく似合う映画。

五島列島の綺麗な海、温かい人たちに癒された。

「勝手にふるえてろ」でもそうだけれど、渡辺大知の演技力が光ってる。

弟の書いた“僕が生きる意味”。
あの年にして覚悟があるのがかっこよかった。

学生時代、正直言うと“合唱コンクール”なんてただの恒例行事の一環だってスカしていた身だけど、いざ練習しまくって入賞した時の嬉しさは今でも覚えてる。

最後のフラッシュモブみたいな時に歌った曲って、やっぱ学生だったらみんな知ってるのかな?
Ken

Kenの感想・評価

4.0
いいシーンはたくさんあったけど、中でも、自閉症の兄をもつ少年が作文した「自分の生きる意味」が頭から離れない。
そこそこ期待して観たので少し怖かったが、
その期待の上をいくきれいで優しい映画だった。

男子バカだなとは思ったが、
自分もがっきーが合唱部の顧問するってなったら
入部希望するなと思い変な親近感…笑

3人が抱える思いがそれぞれに影響を与える。
音楽室の悲愴のシーンでは思わず涙がこみ上げた。

登場人物から一歩踏み出す勇気をもらえる。
がんばろうという気持ちにさせてくれる。
そんな映画だと思う。

長々と書いてしまったが要約すると、
つんつんしたガッキーかわいい…笑
手紙〜拝啓 十五の君へ〜 この歌の力を再確認した。
この映画にはごちゃごちゃ書き連ねたくない。美しい映画。
合唱よか。ツンデレがっきーもよかと。
長崎弁とキリストぽい風景もよかけん。
>|