くちびるに歌をの作品情報・感想・評価・動画配信

くちびるに歌を2015年製作の映画)

上映日:2015年02月28日

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「くちびるに歌を」に投稿された感想・評価

小説原作の映画。
この小説が大好きだったから期待値も高かった。やっぱり感動した。
合唱の出てくる映画は毎回感動してる気がする。長崎県に行きたい。
Rino

Rinoの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

青春映画でした
中学生の怖いものなしに走れる純粋さ若さ、過ぎてしまった後だからこそ気づけるものっていうのはたくさんあるなと思いました。
歌は人を動かす力を持っている、そう思いました
かえで

かえでの感想・評価

3.5
思春期の葛藤って今思うと愛おしいなぁ。
今思うと。その時はそんな思えなかったけど。
ノスタルジックで、bittersweetな感情を思い出せた。
中学生の頃、先生たち大人に、手紙歌わされていたけど、素晴らしい曲だな〜ってなった。
先生が歌わせる理由も分かったかな〜。
だるま

だるまの感想・評価

3.5
今合唱なんてする機会ない。高校が最後。

だからこそ自分の思い出と共に観ることができた。合唱のシーンはすごい心揺さぶられた。
krc20

krc20の感想・評価

4.4
五島の自然美と純粋な中学生に癒されました😉

そして劇中歌の「手紙」‼️
もちろん知っていますが、この作品を通して聴くと、さらに心に響きます。

クールなガッキーにも注目です!
jijidebu

jijidebuの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

こんな映画ずるいわ。
そりゃ泣きますがな。

王道の部活を通した青春映画ではあるんやけど、
細やかな演出が光る映画でしたな。
お見事過ぎるね。

特に好きだったシーンが、
親に2度捨てられた事を伝えて
走り去って屋上に逃げるシーン。
あそこで先生と喋ってる時に
風の描写があるのよね。
しかも強い風。
多分あの子が泣いてたりすると
外の演出は雨やったりすると思うんよ。
でもそれを強風にする事によって
やっとの思いで立ってるってのや、
今にも泣きそうってのを表現してんのかな。
この演出を上手いこと使って先生が初めてピアノを弾く。
汽笛の音から始まって、
“前進”を表現。
その前進は“私”も“あなた”も表現してる訳よな。
しかも窓が開いてるってのを風で表現する事によって屋上まで音が届くって、
どんだけ見事やねん。
繊細やわー。
好きやわー。
しかもこの汽笛のシーンが後の伏線になってるってのが凄いわ。
その前から自閉症の兄を教会まで探しに来て、「かくれんぼ…」って小さく言ってたりさ。
凄過ぎるわ。

大会終わった後のシーンなんかはある種のファンタジーではあるし内容も前述した通り王道なんやけど、
演出がお見事過ぎて最高の映画でした。
ナツキ

ナツキの感想・評価

4.8


エンドロールまでがすごく大切!エンドロール飛ばしたら勿体なすぎる…!
歌が軸の映画って、歌詞の意味をすごい考えさせられるし、やっぱりいい曲だねって思えるのが素敵。

生徒たちの「笑ってー!」が心に刺さった。指摘することが少なかった柏木先生が指導した、
"頭(歌い出し)が全然揃ってない"って
歌だけじゃなかったと思う、 スタートの気持ちはバラバラで、向かう方向も分かってなくて。当日の歌でその言葉の重みをすごく感じた!

人を繋ぐものってなんでも良いんだね。それが歌でも、日々の電話でも日常にある音でも。人との繋がり、それがいつもそばにあって、自分を生かしてくれる。
そんなことまで考えさせてくれるこの映画にありがとうを!
なみる

なみるの感想・評価

3.3
1時間ぐらいまで面白さを感じられなかったけど後半引き込まれてあっという間だった。佐野勇斗ってどっかで観たと思ったらミックス。にも出てたのね!こっちもがっきーと共演か!
ハチ

ハチの感想・評価

4.0
年頃の子供をもつ親なら泣けると思う。
15歳という歳の子供の痛いほど夢真っ直ぐな心に胸を打たれる
大人としての必殺技。


歳とれば大人ってわけじゃない。何が大人たらしめるのか…その答えが、この映画観ててパッて心に浮かんだ。
「大人としての必殺技を持ってるかどうか」
自分が何で、どこに向かい、なぜ生きているのか分からなくて迷っている子どもたちに、心から寄り添うための道具を持っているのが大人なのかもって思った。
劇中のガッキーの場合、ピアノであり音だった。
今、この人を助けたいって思ったときに、なんでもいいから、その人を助ける術を持っている大人になっていきたい。

というか…手紙の歌詞、素晴らしすぎる。
こんな歌詞だった!?当時は素直に受け止められなかったのか…?

主軸のストーリーは結構王道なのに、ずっと新鮮に楽しかったのは、やっぱり小さな種を撒いてくれてたからだと思う。それがラストの見事な伏線回収に繋がったのか。桑原兄の隠れん坊や機嫌がいいサインのボーの秘密や、ケータイの役割の変化、などラストまでしっかり楽しませてくれた。

あの頃がある、みんな、熱い気持ちで観られる。素晴らしかった。
>|