アルプススタンドのはしの方の作品情報・感想・評価・動画配信

「アルプススタンドのはしの方」に投稿された感想・評価

睡眠不足とほろよい梅にやられてうつらうつら観てしまった💧おおまかに把握したけど要所がわからぬ…!

旦那曰く「群像劇なので誰に感情移入するかで感想が変わりそう」

元が高校演劇なんねー

17/2021
隼

隼の感想・評価

-
【視聴回数】1

新しい視点からの青春映画。

個人的に「中学聖日記」の2人と、
「Love Cocchi」の中村守里さんが出てるのを知って爆上がりした。
KOTA

KOTAの感想・評価

-
甲子園常連校だったため、懐かしく思いました。
野球の話なのに、野球シーン、みんなの憧れである園田、努力家の矢野が全く出てこないところが印象的でした。桐島、部活やめるってよと似てますね。

全ての人にいざこざがあってそれらが絡み合っていく様子が面白かったです。

いつか球場で応援できる夏が戻って来てほしいです。
AKIRA誰だよ問題再再発。

この問題が再発したのは青春映画界の大傑作「桐島、部活やめるってよ。」なわけだけれど、この映画でも物語の核を担う人物「エース」と「下手な子」が画面に一度も映らないということがおきます。
この映画は最高に熱い野球映画でありながら、野球部(試合に出てるメンバー)を一度も映すことなく完結させてしまったのです。
例えるならスタンドしか映らない野球中継。

けれどもそこは試合と同じくらい、野球部という青春花形と同じくらいかそれ以上輝いて熱かった。

出てくる人物も五人ほどと少なく。画面の動きもほぼない。スタンドの端っこを真正面から映した画ばかり。けれどそれでも画的につまらなくないのは物語の進み方に合わせた自分の配置と、席と席の間を行き交う青春をメタ的に表す人たちのおかげ。

原作は戯曲らしく、確かにと頷ける力があった。画は動かないのに動いていく物語。脚本の強さが凄かった。
内気な優等生、演劇部のハツラツちゃん、ハツラツちゃんに後ろめたさがあるツインテちゃん、元野球部、エースの彼女で成績一位で吹奏楽部の部長の完璧青春ちゃん、それぞれが抱える青春への負い目がアルプススタンドからの応援と野球部の顧問がしたかった熱い男を通して変わっていく……。

吹奏楽部の女の子を描くことによって演奏に意味が出る。そして劇中では吹奏楽部の演奏以外にBGMも曲もながれない。だからラスト、熱くなる。この方法は桐島そのものなのだが、やはり影響されているのだろうかという思いと、やはり舞台劇だからかという思いが僕の中でぐるぐるしてる。どちらにせよ青春映画において吹奏楽部というキャラクターは特別な意味をもっているのは確かだ。

成人映画しかとってこなかった監督が突如として撮った高校教師の書いた戯曲原作の映画。本当にノーマークで、役者も高校生の域を出ないところもある。けれどそれがどこか心地よく、最後に花開く。
傑作青春映画であることは間違いない。
昨年Twitterのフォロワーさんが大ブッシュしていたので。
私もどちらかと言えばイベントごとに熱くなれず端っこにいるタイプだったので、面白かった。
舞台っぽいなと思ったら演劇の映画化みたい。男の子の演技が際立ってうまかった気がする。というか女の子たちは演劇部っぽい。

自分事としても自覚があるんだけど、学生時代のイベントって熱くなれたもの勝ちで、斜に構えていればずっとつまらないし、自分から飛び込めば面白くなる。性格もあるけど、それに気づけるかで短い学生生活が変わってくるのは確か。
そうしてそれがその後の人生に影響与えるってのもあながち嘘じゃないんじゃないかって気がする。
udon

udonの感想・評価

-
甲子園なのに野球してるシーンが一切ないところと笑いのセンスが良かった。
さち

さちの感想・評価

4.3
2020.10.8

評判高いから観に行った。人の評判って参考にするべきなんですね!と心から思った作品👏その声が無ければ自分は選ばないタイプの映画だからだ。巡り合わせてくれてありがとう。

設定も登場人物の限定も面白い。「しょうがない」で終わらせない!!いくつになっても刺さる台詞だ…👏
TOSHiYa

TOSHiYaの感想・評価

3.8
実際の高校演劇の戯曲を映画化した作品。

『仕方ない、しょうがない』と夢を諦めた4人が野球部の応援を通して一致団結していく。

スタンドの座席メインでストーリーが進んでいき、話も野球に沿って進行するので、野球の知識が文字通り全くゼロなら少々話に付いていけないかも知れない。

ともあれ、思春期真っ只中の物語で誰しもが味わった事のあるような挫折体験。加えて、応援している彼らを"映画を観ている人達''がまた応援するという構図が自然で良かったと思いました。
ハリー

ハリーの感想・評価

2.9
セリフは聞き取りにくいし、言ってることはわざとらしいし、正直何が面白いのか分からなかった。

まあドンパチアクションとかお笑いメインの映画ばかり見てるとこういう感覚になってしまうのか。

それとも自分の高校時代に縁のない話だったからかな(笑)
21-120
U-NEXT
試合風景が徹底的に映らないのに、試合運びと後半にかけてのエモーションが体感できるのが凄い。
>|