未来のミライのネタバレレビュー・内容・結末

未来のミライ2018年製作の映画)

上映日:2018年07月20日

製作国:

上映時間:98分

3.0

あらすじ

「未来のミライ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

う、うーん…
全てを否定はしないし設定は面白いなぁって思ったけど、なんか所々に違和感を感じる。

特に家がおかしい。
子供が生まれる時期に建て替えて、あんなに子供が怪我しそうな家建てるってわたしの感性では無いかなぁ…
そういう人もいるのかって片付けるしかないのか…?
細田守監督による長編オリジナルアニメーション作品の第5作である本作は、生まれたばかりの妹に両親の愛情を奪われ困惑している甘えん坊の男の子・くんちゃんが、自宅の小さな庭で人間の姿になった飼い犬のゆっこや、未来からやってきた妹のミライと出会ったことをきっかけに、"時を超えた"大冒険を通して少しずつ成長していく様と、命の繋がりを紡いだ家族ドラマとなっているのだが、上白石萌歌をはじめとした豪華キャスト陣が声優を務めていることや、本作の主人公・くんちゃんのキャラクター性もまた良く、彼が様々な出会いや体験を経て成長していく姿を見ているのが単純に面白かったですし、気軽に楽しめる作品という印象ではある。ただ、未来のミライが4歳のくんちゃんに庭先のカシの木の説明をする終盤でのシーンで、「索引」を"図書館の本を整理するインデックス"と言い換えて教えていたのだが、話がすんなりと伝わっていた点に違和感を覚えてしまったのと、東京駅でくんちゃんが体験した出来事は、結果は良しとしても4歳の子供に恐怖を植え付けるものだったので、もしかしたら賛否両論あるかもしれませんね。キャラクターと声が合っていないこともそうですし、全体を通して内容がやや薄味。伝わるものはあるが、深みが感じられませんでした。
鑑賞日 : 2020.09.03
鑑賞方法 : Blu-rayレンタル | 蔦屋書店 新潟万代

若干子ども向けファンタジー映画かな?話が深みに達することなく、何なのか掴めないまま終了した感じ。
子どものイヤイヤ期をひたすら見せられて精神的にくるわ...気狂ってぶっ殺したくなる。声優も声が合っていなくておかしいし。
最後はちょっと成長できて可愛いかなと思えそうだったけど、子どもなどいないわたしにはまだそこまでの器の広さはなかった...
皮肉めいてるならいいんだけど、真面目にやってて全キャラが全体的にうざくてわたしには合わなかったかも(泣)
犬が人間の姿で出てきたのはとりあえず置いといて主人公に嫉妬してたのは可愛いと思った。そうだよね。一番最初からいたのは君だよね
他人に無理やり成長させられちゃう不幸な子どもの話。

両親がくんちゃんとちゃんと向き合うことが大事なのでは。
未来のミライ
クソのクソ。未来のミライってタイトルがもう全然違うでしょ、お兄ちゃん成長物語、長男くんちゃん物語、とかそこら辺でいいよ、未来のミライちゃん端役過ぎ&イミフ過ぎ&大した活躍してなさ過ぎ、、くんちゃんの成長物語を未来のミライちゃんを通して描くならわかるけど、具体的な成長に携わったのは幼少お母さんと青年ひいじいちゃんじゃん。未来のミライちゃん結局何がしたかったん?
てかなんでタイムトラベル出来るん??これは全て子供の想像力の物語なのかな??そこに重点を置かない映画にしてるつもりなんだろうけど、流石に無理。なら未来からミライちゃんが来る意味はほぼ無い。せめて最後は未来のミライちゃんのエピソードに加わることで何か成長して欲しかったなぁ。
でも、1つの家族の成長を、長男のくんちゃんを通して描く物語としてみれば、まあ好きな人は好きかも、とは思う。けど確実に大衆受けはしないし、タイトルも確実に異なるものにすべき。実際は一本の芯があるようでよくわからない、よくあるダメ〜な雰囲気アニメ。
きっと細田監督は描きたい絵を先行に、ストーリーは後付けなんだろうなぁと思う。
冒頭20分くらいのゆるふわ幸せ家族描写と、犬化くんちゃん、幼少お母さん物語、青年ひいじいちゃん物語、そして未来から来た妹女子高生ミライちゃん、これをやりたかったんでしょ。
最後の代々伝わる木も唐突に出てくるし、これもいつもの異世界描写出したいだけなんだろーなー感。これらの描写が繋がってないんだよね。
タイムトラベル能力があるのはくんちゃんで良くね?てか実際ほぼそうじゃね?タイムトラベラーくんでいいよタイトル。うん。
スタジオ地図作品が大好きなので映画館で鑑賞しました。やはり細田守のショタケモナー好きっぷりが存分に出ていました。一作目の時をかける少女ではそのような雰囲気を一切感じさせない爽やかに駆け抜ける夏の映画を作っていましたが、二作目以降からかなり自分の好きなものを描くようになったな、と思います。作品を通して描かれているのは主人公くんちゃんの成長です。妹が出来たことをきっかけに大好きなママとパパは独占できない、お兄ちゃんだからの一言で我慢を強要される等まだ幼いくんちゃんには面白くない日々がやってきます。そこで未来からミライちゃんがやってきたり過去へタイムスリップしたり現実ではありえないことを体験して成長していく。

多くの人が感想に書いているかもしれませんが特に心に残ったのは未来の東京駅のシーンです。この世のものではなさそうな新幹線が駅に到着し、自分が自分であることの証明を求められます。4歳の子供にアイデンティティの確立と説明を求めることは難しく案の定困ってしまうくんちゃん。結局、くんちゃんはミライちゃんのお兄ちゃんである事をアイデンティティとして新幹線のシーンから抜け出します。これが10代後半が主人公ならツッコミどころ満載ですが4歳であれば仕方ないかな、という感じです。しかし4歳であっても他者の存在ありきでアイデンティティを確立するのは良いのか?という疑問が残りました。

この映画を見てもらいたい層を子供にしているのならあまりにくんちゃんは子供らしい子供ですのでイライラしてしまう気がしますし、大人にしているのなら上記の通り疑問点が多々あります。誰のためでもない!監督である自分が好きなショタが描きたいんだ!と言われてしまったらそれまでですが全体的にぼんやりした映画でした。あとは、声が全然合っていないようにも感じました。なぜ彼女なのか。
押田守監督が大好きな私。
サマーウォーズ、おおかみこども、時を駆ける少女も大好きで大切な作品。
ですがこの、未来のミライについてははっきり言って駄作です。
私が子供がいないからというだけでは説明がつかないほど、共感できる部分が非常に少なかった。
部分的には良いなと思えるシーンもありましたが、幼少期の夢見病なのか何なのかよく分からない世界。DVDで見ましたが映画館行かなくてよかった。次作に期待します、、
すごいこの映画
家の中で全部終わってる!!笑

どういうことなの?
よくわかんなかったけど
あの楠は未来とも過去とも繋がってるの??
え?
まぁいいやそれは
でも犬はなに?
なんで人間になった??
まぁいいや

あーうん。
内容は4歳の男の子がお兄ちゃんになる話なのかな??
テーマとしては家族愛かな
この監督前からよくわからない気持ち悪い家族愛かくの好きだよね。
でも前作より良いのは
なんか気持ち悪い恋愛要素を入れなくて
家族愛に絞ったこと。
それは良いことだね。

お兄ちゃんになるのに
そんな冒険いるんか?
あの冒険ない人間はお兄ちゃんになれないんか??

てか途中保育園行く時出てきたイケメンは全くストーリー絡まなかったな
というよりイケメンー♡以外出てこなかったな。

うーん
あの、冒険無くても
家族仲良くなれると1番いいね・・。
ミライちゃんが産まれて、くんちゃんが皆から前より相手にされなくなってしまった状況とか感情とかリアル過ぎて辛い。
でも大人の気持ちも分かるから また辛い。
子育てって大変だなぁと改めて思う。
未来の くんちゃんイケメン。もっと出して?
>|