クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセスの作品情報・感想・評価

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス2012年製作の映画)

製作国:

上映時間:110分

3.1

主題歌/挿入歌

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス」に投稿された感想・評価

珍しく敵のいない作品で、エヴァっぽい精神描写があったり、歴代映画のヒロインキャラがカメオ出演したり、クレしん映画の中でも異色。
違う惑星に連れ去られたひまわりを取り戻すために野原一家ファイヤー。
しんちゃんがお兄ちゃんしてます。
みさえとひろしが子どもを溺愛してるのがよくわかる。いい家族。

深い…
記念すべきシリーズ20作目。
監督は前作から引き続き、増井壮一さん。

この節目となった作品が、駄作&興行収入がシリーズワースト2であったことは、良くも悪くも後の作品に少なくない影響を与えているように思います。

登場するキャラ達の行動が意味不明過ぎて、全く物語に入っていけない。
ギャグも大して面白くない。
最終的に家族愛で全て解決。

なんだ、これ。
しかも、シリーズ最長の111分。本当に苦痛でした。

しかも、しんちゃんが正面から涙を流すという禁じ手を使ったうえで、この体たらくはダメでしょう。

子供向けじゃなくて、子供だまし。
菜々子

菜々子の感想・評価

3.0
これまでのしんちゃん映画に比べて意味がよくわからなかった。。
敵キャラという敵キャラもおらず、ただドタバタするというイメージ
ぱなお

ぱなおの感想・評価

1.5
壮大なのに弱い…。個人的には、クレヨンしんちゃんの映画版としてワースト3に入るレベルだと思う。せっかくひまわりが主役なんだから、もうちょっとどうにかして欲しかった。ひまわりが大きくなるのをヒロシが想像するシーンと、ひまわり命名のシーンは良かったのに、、、残念。『オトナ帝国』と『戦国大合戦』は越えられない。
Ryuji

Ryujiの感想・評価

4.0
兄妹愛がテーマの映画
暗黒たまたま以来のテーマだが、兄妹愛としては暗黒たまたまの方が深みがある
家族愛としてみるなら断然この作品
紙飛行機が出た時は泣いた

20作目ということで歴代映画ヒロインが一同にカメオ出演
みんな可愛い
まちこ

まちこの感想・評価

1.2
白井さんが亡くなって、最初の映画。
つまらなすぎて驚いた。本当はスコア0にしたかったけど、白井さんの偉大さに感服して1.2。
mich

michの感想・評価

1.5
こんなだるいしんちゃん映画はじめて。
しんちゃん泣かすとか殺すハゲ
sorablue

sorablueの感想・評価

2.2
来年のしんちゃんがダメなら見ないと思った作品。これに関しては面白くなかった
な

なの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

しんちゃん、とても良いお兄ちゃん😭
最後の「にいに」はちょっと感動…。

ゴロネスキー大臣(ゴロちゃん)、めちゃめちゃ人相悪くて悪役っぽいのにそんな悪い人じゃないっていう笑
>|