おもひでぽろぽろの作品情報・感想・評価

おもひでぽろぽろ1991年製作の映画)

ONLY YESTERDAY

上映日:1991年07月20日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

配給:

3.5
みんなの反応
  • タエ子ちゃんの成長物語で、子供の頃の思い出や田舎暮らしの魅力が描かれている。
  • 台詞回しや構成が秀逸で、地味な話を飽きさせずに描かれている。
  • 挿入歌のチョイスが良く、エンディングが感動的で印象的。
  • 年齢や状況によって見方が変わる作品で、何度も見たくなる。
  • 晴れの日や田舎の風景など、心が癒される要素が多く含まれている。
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『おもひでぽろぽろ』に投稿された感想・評価

じわら

じわらの感想・評価

3.9
タエ子とまさかの同い年。おもひでぽろぽろというタイトルがとても好き。
oikawa

oikawaの感想・評価

4.0

優しい。大人のモラトリアムの終わり。
最後そのまま帰った方が好きだったかも〜と思ったけどセリフのないエンドロールの中で相合傘はちょっと臭いけど好きだったよ。この後たえ子がひょっこりひょうたん島の歌の…

>>続きを読む
ひな

ひなの感想・評価

-
8

「分数の割り算がすんなりできた人はその後の人生もすんなり行くらしい」
生理の話ありえない
タエ子の無責任な暴力性が巧妙だった
覚悟ができて、ようやく本物の蝶になった

旅先で見た。
ポスターで2人が手を繋いでるのがいいね
小学五年生の頃は、あんなに大人になりたいと思ってたのに、気がついたら大人になってた
両親は子ども好きじゃないんだろうなと思った。
で、たえ子もた…

>>続きを読む
Sakko

Sakkoの感想・評価

-
子供の頃の描写はきゅーってなるのが多くてキツかったけど、子ども時代を懐古だけで終わらせないのは大事だと思う。
子供の世界は狭いようで広くて、大人の世界も広いようで狭かったり、結局地続きなんだよな
m0001

m0001の感想・評価

3.7

誰かの感想に27歳って書いてあって観た
ってあって私も、近いから、観ようと決めた一本。

27歳、こんなにしっかり頬骨やほうれい線が強調されるものなのかと、最初はそこばかりに目が入ってしまった

5…

>>続きを読む
自分の中で高畑勲といえば火垂るの墓っていうイメージが強すぎて、この絵見るとそっちを彷彿としてしまうんだよな、、、
しかも火垂るの墓強烈だから尚更😨
宮崎駿の絵だったら好きな作品になってたかも
mana

manaの感想・評価

3.9

黒歴史あるある(?)
今の自分に自信がない時に過去の自分を思い出して少しでも安心したくなるみたいな心理とても共感。過去を振り返ったところで恥ずかったことも思い出してまた自信を無くすまでがセット。特に…

>>続きを読む
瑞穂

瑞穂の感想・評価

-

毒のあるシーンが沢山ある。家族にもタエコ自身にも。自分が田舎の人間だったらタエコのような田舎ホカンスはいけ好かないと思っちゃうかも。分数の割り算は確かにちゃんと理解できてないけど、そこは割り切って脳…

>>続きを読む

こんな面白かったっけ…

リアリティの中にアニメ的ワンダーが入り込むシーンがやはり素晴らしい。空の階段の登るところとか、最高。

田舎の人がずっと微笑んでんの、ちょっと怖いんだよな。なんか変な笑顔じ…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事