人魚の眠る家のネタバレレビュー・内容・結末

人魚の眠る家2018年製作の映画)

上映日:2018年11月16日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「人魚の眠る家」に投稿されたネタバレ・内容・結末

脳死は死なのか、考えさせられる映画。
眠ったままでずっと生かし続けるのか。それは本当に生きているってことなのか。

母親がどんどん狂気じみていく様子がただただ切なかった。
長男の誕生日会の篠原涼子の演技で号泣。
ベタだけど娘の「おかあさんありがとう」で号泣。
原作読了済。
何をもって死とするのか、母親目線で鑑賞するとほんと胸が痛い。最初と最後に出てきた小学生が命を繋げていると思うと少し救われる。
何を以て死とするか

一般的に「心臓が動いている=生きている」という認識だから脳死と言われても受け入れられないと思うし、奇跡が起きることを期待してしまう篠原涼子の気持ちもわかる。

瑞穂ちゃんの目が覚めたシーンは奇跡が起きたのか?!と期待してしまったけどそこは東野圭吾、どこまでもリアルだった。
ハートの木を見つけたシーンで終わってたら45点だったが、とても難しいテーマをしっかりと最後まで書き切ったことを評価したい。
出演者みなさんのすごく微妙な演技も素晴らしい。
まったく事前情報ナシで鑑賞したので、ホラーなのかミステリーなのか浮気絡みのドロドロなのか分からず進んだけども、そのハラハラ感も逆に面白かった。
どの瞬間から人間は死んでいるんだろう
医学的には脳死とされても、機械があれば生存することはできる
人間の死ってなんだろうな、、🤔
脳死を死と捉えるか、心臓は動いているのだからまだ生きていると捉えるか、難しい問題やなって改めて思った。
娘が生きているって可能性があるならそれに縋りたいっていう母親の気持ちも分かるけど、本人の意思がないままに機械で身体を動かすシーンはかなり不気味に感じた…
自分は臓器提供の意思表示をしてるけど、もし実際遺された側になった時、それを受け入れられる自信は無い。
本人が臓器提供を望んでいたとしても遺族がそれを拒めば臓器摘出はされない。
「人間の尊厳を守る」
「人間の技術が関わることが許される範囲ってのがある」
「この世界のどこかで彼女の心臓は動いていますから」
考えさせられる台詞がたくさんあった。
現代の技術力があれば、この映画で描かれたことは実際可能だと思う。
本人の意思がわからない中で遺された人たちは彼/彼女をどう守っていくのか、”生きている”とは何なのか、他の動物にはない人間ならではの悩みを抱え、もがき苦しむ姿が描かれた作品。
子を持つ母として
終始自分ならどうなっちゃうのか

と篠原涼子さんの目線で観ていました

気が狂う
やり切れない
代わってあげたいと

狂気に染まっていく母親が上手でリアル

子のためなら悪魔に魂を売る

脳死は死なのか
脳死の子を殺して殺人罪なら喜んで刑を受ける(台詞うろ覚え)

篠原涼子さんのオーラを抑えて見やすかった

難しい問題

当事者ではないからなんとでも言える
自分が偽善者に思えてくる


始まってすぐ一瞬冷めた瞬間が
室内が映るシーン


金持ち設定だ
家が立派なのだ

金持ちじゃないとこんな発想ないよなあ



ラストもありきたりだった
そんな近所同士で移植おこなわれるの?
脳死は人の死なのか。
家族が脳死になった時、心臓を動かしている姿を見て死を受け入れる事ができるだろうか。
難しく、正解がない。つらく、心苦しくなる作品。
最後の心臓移植を選択した薫子の顔はとても強くかっこいい母親の顔だった。
今ここでこの子を刺して心臓を止める。
罪に問われたら、この子が生きている証明になる。
罪に問われなかったら、この子は死んでることになる。

人は2回死なない。

終盤で言うこのセリフがすごく胸に刺さった。
脳死判定は臓器提供を前提としているため、しなかったらずっと心臓が動いてる。
息をしているなら生きているって思うのは当たり前。ましてや6歳の子供を持つ親なら生きててほしいって思うのは自然なことだと思う。

医療?の発達で脳波がない人でも体が動かせると言う近未来的な研究のおかげで、笑うこともできるようになった我が子に恐怖を抱く夫。
生きてる感覚が蘇って嬉しくなり、外に連れ出すようになった母。

どちらの感じ方も間違ってないからこそ、
すごく考えさせられる。

でも、自分がもしこの状況になった時、選ぶのはきっと延命治療なんだろうなってこの映画を通して思った。
>|