人魚の眠る家のネタバレレビュー・内容・結末

「人魚の眠る家」に投稿されたネタバレ・内容・結末

どうして人魚が眠る家なんだろうと思っていた。
門のデザインがマーメイドだからか、、、いや、眠るというのだから瑞穂の事だろう。
人魚の由来は、よくわからなかったが原作を読めばわかるのだろうか、、、

自分が同じ立場に立った時、どういう選択をするのかと考えさせられる。
私には子はいないがもし子供を授かったら、その子の考えを理解できる親でありたいと思う。
その子だったらそう考えるはずと、、、
でも、それもまた親のエゴかもしれない。

最初は体の健康を維持する為に始めたことかもしれないが、意識のない人を運動とは違う形で動かしたり笑わせたり、あの辺りから少し何かが壊れ始めた。
優しく悲しげだった薫子の表情が物凄く不気味だった。

薫子が包丁を握った姿は鬼気迫るものがあった。
よく考えてみれば冒頭で少年が瑞穂を見ているのだから瑞穂は今も眠ったままそこに居てもおかしくない展開だ。
でも、篠原涼子の鬼気迫る姿にそんな事は頭から抜けていた。
刺してしまうんじゃないかと思った。
究極の選択で自分を証明しようとしている。
間違っていると思うけど、その行動も理解できる。
静止する方も同じだ、死んでいると認めた者を必死に護ろうとしている一見矛盾しているが正しい姿だと思う。
この場面が一番印象的だった。

その空気を破った子供達、彼らも勇気がいっただろう。
目頭が熱くなった。

薫子が瑞穂の死を受け止め物語はラストに向かっていく。
葬儀の場で脳外科医がいい事を言っていた。
心臓が止まった時が死んだ時なら瑞穂ちゃんはまだどこかで生きてますねと、、、確かにそうだ。

いつかどこかで、あの少年とあの家族がすれ違い、瑞穂の面影を垣間見れるそんな日が来ればいいと切に願う。
予告見て気になってて、原作も読んで公開日を待ちに待って観に行った作品。何を持って人間は死んだことになるか?進んだ技術で我が子の息が続くならば、生きてると信じたいと想ってしまうのは親だと思う。何が正しいとか一概には言えなくて難しいけど、いっぱい泣いてしまった。もし自分だったらやっぱり生きてると信じたいと思う。
脳死となれば“死”なのか?
心臓が停止すれば“死”なのか?

原作は未読なのですが、やはり東野圭吾さんなので内容はとても重たいです。

中盤あたりから、母親を演じる篠原涼子さんが狂ってくる感じがとても不気味だった。そこは堤監督、流石な演出だなーっと思った。(もちろん演じた篠原さんも素晴らしいです)


あと、個人的な意見→私が瑞穂ならば、臓器移植提供するね。
だって誰かの体の中で共に生きることができるのだから。

家族の立場になれば難しい選択にはなるだろうけど…。


自分の身にいつ何が起こるか分からない、他人事とは思わず臓器移植提供の意思ははっきり決めておいたほうがいいのではないかと思いました。
この作品は原作が大好きだから本を瑞穂に読みに来る先生やドナー運動を薫子が実はしていたシナリオを入れないのは違和感しかないけど…間伸びや叙述トリック的要素の映像化の難しさという点ではやむ終えないのも納得できる。ラスト別れを言う瑞穂のシーンは反則ですわ。最近の子役は平気で大人を泣かせにくる(汗)
同僚のお父さんが脳死になった時
彼女は延命措置をして2年間看病しました

だって、動くんですよ

ただの脊髄反射とか言うやつです
でも、これ以上は何も言えないじゃないですか

日本はいい国なんですね
脳死と心臓死と選択肢がある珍しい国なんだそうです

脳死判定を義務付けられて
臓器提供をしない罪悪感にさいなまれることがない

キリスト教では、身体は魂の器でしかないという考えですが
仏教ではあの世は生前の身体の状態のままだそうです

このことに起因するのかなとも思いますが、
仏教を信仰している日本人は数少ないですね

区別しないといけないのは
植物状態

自発呼吸が出来るかどうかで区別される

人がヒトであること
つまり、自我があるかどうかは関係ないんですね

なんか違うような気がするけど???
この話はここまでにしておきます😾

娘が死んでいる事を最も理解しているのは母親で
彼女の心が整理されるまでの時間を描いている

母親な行動がどんどん異常になっていくのだけれど

これは異常だろうか

自我が無くなれば人はヒトでなくなるなら、自我が崩壊している人を生かしておくのも同じ
肉体への未練じゃないですか

死者を冒涜していると捉えられるかもしれないが
唯物論者なので
すべて生者の為を考えたい

母親が生きていると思えば、生きているんです
お金があるのなら、どう使おうと個人の自由です

娘を包丁で刺すシーンで
関係ない事実をはさみ込んで
答えをウヤムヤにしてしまったり

東野圭吾さん
常識の枠を超えて欲しかったよ
ラストはよくある臓器提供物になってしまった

人がヒトであること
自我は大脳です
大脳は超精密なコンピュータです
残念ながら魂というものは無い

父親の会社が開発していた
BMIに関連付けて
(多分、僕だけだろうけどね)
観たい映画

来年、公開される
アリータ バトルエンジェルは
日本の古いコミック、銃夢が原作

人間は生まれてすぐ
脳をICチップに交換されていたという
ショッキングな世界です

アクション映画なので、そこまで突っ込んでくるとは思いませんが期待しています
予告編面白そうで観たけどそこまで…警察来たシーンで冷めてしまった…
スピリュアルな感じもしました
結果倫理の話になるんですがただただみずほちゃんと弟やいとこの女の子、子供達がかわいそうでした。
人にオススメしたい話ではないのだけれど、個人的に物凄く好き。
愛情と狂信、倫理と先端医療、罪悪感とエゴがうまくせめぎあっていて、いろんなことを感じることができるのだと思う。
少し演出が大げさかなあと思う部分はあるのだけれど、それは役者の演技とうまく相まって、ものすごくわかりやすく場面を一気に変えてくれる。
それに伴ってBGMがとても綺麗でおぞましい。

篠原涼子の愛情深く献身的で危うい母親像はもちろん、暖かい面とおぞましいほどの狂気を見せているのだけれど、理性的に見える西島秀俊による頼りなく理性的だけれど疲れた父親像はよく対比されていて、一昔前の冷めたけれど不備のない家庭像がよくわかる。
だもんで、篠原涼子の献身はいつ壊れるんだろうなあってワクワクしてたら、あまりに一途すぎて子供へ苦悩を強いるひどい母親像になり、それが爆発して自分で止められないレベルの暴走をしてしまうという、要はより愛情深いであろう母親を閉じ込めて思い詰める閉鎖的な環境を作ってしまうこのあれが、家庭の崩壊をそのまま物語っていて、そういう面を憶測できる二人の演技力パないのだろうなあと思った。

結末、娘が起きあっがった時にこれ夢オチか~~お別れでエンドなんだなあと思ったときに、この映画は傑作なんだなあと思った。
より現実的で最後の最後で男の子が元気に走るシーンでほころんじゃうと思うんだよね。
意外と、脳外科医の先生がファインプレーだと思いました。
公開初日に鑑賞してきました。

あらすじは大筋は知っていましたが、
原作は未読です。

人の心って、脳にあるのか、それとも
心臓にあるのか。
そういうお話を昔聞いた事があります。

今回の映画は、
脳死を死とするのか、心臓停止を死とするのかというお話でした。(脳科学のお話だったかと思います。)

すごく難しいなぁというのは
映画鑑賞後にも思いました。
答えは出てきませんでしたが。

脳が機能していなければ、
いずれ心臓も止まる。

その事を分かっていても、
そんな単純な事ではなくて、
僅かな期待でも“生きている”
我が子の可能性を信じていたくなる
母親の気持ち、
親の立場でなくても少しわかるような気がしました。

だからと言って、身体が動いているから
その子が“生きている”というのも
やっぱり違うんだなぁとも
この映画を通じて感じました。

心臓は動いていても、昔のように笑えなくなって、電気信号で娘の笑顔を作るという映画の中のシーンは、凄く複雑な心境になりました。



途中、篠原さん演じる母親が
周囲の人に娘は死んでいると言われている事を息子から聞いて、
その後に娘に包丁をつきたてようとしたシーンがありました。

脳死状態で、死んでいる娘を刺して罪に問われるのか。

このシーンが一番観ていて辛かったです。

上手く感想がまとまりませんが、

脳死状態で延命をするか否か、
臓器提供をするかどうか、

そういったご家族の方は実際にいらっしゃって、
こういった過程を経て
子供の死を受け入れていくのだろう
そういった事を
日頃考えずに生きていた私には
すごく命の大切さ、今不自由なく生きていられることにもっと感謝しなければならないなぁと考えさせられる映画でした。


俳優陣の皆さんの演技、
とても素晴らしかったです。
親からしたらほんまに割り切られへんよな、ずっと信じられて愛して育ててくれたらそら幸せやわ、羨ましいくらい
>|