終の信託の作品情報・感想・評価・動画配信

『終の信託』に投稿された感想・評価

桃

桃の感想・評価

-
どんなにつまらない作品でも大事にして見てきたけど
開始15分くらいで寝た映画。
患者の背景を描いていた後に検事によって法の現実を突き付けられる。見た後に胸糞悪くなる映画。
theocats

theocatsの感想・評価

2.0

ネタバレ
過剰な情緒劇と間延びした検察取り調べ

周防監督が感動大作を目指したかはわからないが、商品パッケージには

「周防正行監督が描く、愛と死を超える魂の慟哭」

と表記されている。
しかし、私…

>>続きを読む
PoMooN

PoMooNの感想・評価

3.3

永遠のテーマ、命の尊厳と安楽死の問題を、Shall we ダンスの二人が組むという事と、役所広司の喘息の演技が上手過ぎて医師が念のため診察を勧めた逸話もあり視聴したかった。

折井医師(草刈民代)と…

>>続きを読む
重い喘息を患う役所広司と、主治医である草刈民代の二人を通して安楽死の是非を問う本作。

冒頭から草刈民代の大根演技がすべてを邪魔しているのが無念。
odyss

odyssの感想・評価

3.3

【周防監督の逃げ】

難しい問題を扱った映画です。なぜ難しいかというと、医療の倫理だけではなく、そこに愛情というものが絡んでいるからです。

喘息で治る見込みもない男性患者。関係を持っていた同僚に裏…

>>続きを読む
たか

たかの感想・評価

5.0

明らかに重いテーマなのに終始引き込まれました。他人事ではないからか?登場人物のそれぞれの気持ちもわかります。それにしても役所広司はつくづく素晴らしい俳優ですね。草刈民代にどれだけ「Shall we …

>>続きを読む
終始緊迫感がありなかなか見ごたえのある作品である。検察取り調べ、安楽死のシーンの描き方が生々しく迫力があった。

尊厳ある死を望む重病患者と、最期を託される女医との交流を通し、容易には答えの見つからない深刻かつ普遍的な問いを観る者に突きつける。愛と死に直面した人間を冷静な視点を描く真のラブストーリー。
誰にでも…

>>続きを読む
Evergreen

Evergreenの感想・評価

3.5
見ごたえあり
医者と患者の信頼関係は必要
医者には親身に対応してもらいたい
でもそれが強くなりすぎると、医者の客観的な判断にズレが生じる
難しい
>|

あなたにおすすめの記事