人魚の眠る家の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

人魚の眠る家2018年製作の映画)

上映日:2018年11月16日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「人魚の眠る家」に投稿された感想・評価

momo

momoの感想・評価

-
篠原涼子にはラストシンデレラのイメージがつよかったので、ギャップでした!母にしか見えない
娘を思う気持ちの強さが、いつしか狂気じみたものに変わる過程が
あまりにも自然で、怖かった
sog

sogの感想・評価

4.1
人魚の眠る家
⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎
東野圭吾原作。篠原涼子主演。
脳死がテーマの作品。人の死とは何か、法律で定められたものなのか、感情によって決めるべきものなのか。普遍的な人の死というテーマで様々な価値観があり、またその全ては正しくも間違っていないのだと考えさせられた。個人的に瑞穂の心臓がソウゴに渡るというのが印象的だった。
空

空の感想・評価

4.9
人は2度も死なない

誰かの元で生き続けるのも
永遠にその姿で生かし続けるのも
どちらも素敵な選択だと思う。

みずほちゃんの立場になって考えると
自分の知らない所で自分の為に
争って欲しくないし、苦しんで欲しくないから、生きているうちに少しでも話しておくべきだなと感じた。

稲垣来泉ちゃんが美しくて見惚れてしまいました。
teruko

terukoの感想・評価

3.8
子役の子がTWOWEEKSのはなちゃんー!
この子、横顔や目を閉じた顔がどことなく娘に似ている瞬間があるからってのもあり
娘と重ねてしまい苦しくて苦しくてただ苦しかった。。
母親という立場の人と、それ以外の人で意見がだいぶ違いそう。
脳死っていうめちゃくちゃ重いテーマ。
わたしもきっと娘の心臓が動いていたら死んでいるなんてきっと思えない。この母と同じかんじになっていそうで、結構理解できてしまう。初めの伏線が最後につながり、最後の最後で少し救われた。
「生」と「死」

明確な境界線が存在するように思える、ふたつの間に稀に存在するグレーゾーンが「脳死」

この状態をどう捉えるかという、答えのない問いについて改めて考えさせられたことはもちろん、それに向き合う人々の感情も様々であり、一見狂気に思えるような言動も、当人の立場に立てば十分理解できることがあると感じた。
我が子のことであれば尚更。

そう考えると、これまで実生活の様々なシーンで感じてきた「親のエゴ」なんてものは存在しないのではないかとさえ思えた。

この映画が与えてくれたテーマに対して明確な答えはまだ持てそうにない。
小心者

小心者の感想・評価

3.2
原作に忠実な仕上がりになっていたと思います。逆に、あまり広がりがなく、映像が画一的になってしまったことが残念。
とみー

とみーの感想・評価

3.5
水の事故で意識の戻らない娘とその一家の物語。

生きている、とはなにか、死んでいる、とは何かを考えさせられた。

心臓が動いていたとしても、目を覚まさず、自力で動くこともできないのであれば、死んでいるのかもしれない、けど、生きているとも思う。

正解はなんなろなぁ
kaorinpig

kaorinpigの感想・評価

3.8
ギャン泣き。

キャッチコピーに騙された。
想像と全く違う内容だったよ。


同じ歳位の子供を持つ母親として
感情移入せずにはいられない辛い苦し過ぎる映画でした。

1%の希望があれば、1%でも希望があれば
世の中の母親はあの母親のようになると思う。


脳死...本当に難しいテーマ...
重たいテーマ...

いますぐにでも移植を待ってる人達もいる。
その家族もいる。

脳死を受け入れられない、受け入れなければいけない家族もいる。

逆側の立場である駿河太郎の演技にも号泣させられました。

ただ、冷静に考えるとすれば...
未就園児の子供達3人をバァバ一人に任せて
プールには行かせません😢

水は怖いんだよぉぉぉ

あんなにお金持ちでなければ
あそこまでの延命措置はとれません。

そしてたまたまの医療機器研究施設の会社の社長....

明日は目腫れ腫れ確定。
自分の経験と重なってしまって、ひたすら心が苦しかった。

「生きる」とはどういうことか、「人間らしさ」とは何か。

「生きてほしい」と願うことは「家族のエゴ」なのか。

心臓が痛い。苦しい。
a

aの感想・評価

-
その時にならないと分からない。
想像もできない。
涙で映像が見えなくなる程泣いた。
>|