あさがくるまえにの作品情報・感想・評価

あさがくるまえに2016年製作の映画)

Réparer les vivants

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

夜明け前、彼女がまだまどろみの中にいるベッドをそっと抜け出し、友人たちとサーフィンに出かけたシモン。しかし彼が再び彼女の元に戻ることはなかった。帰路、彼は交通事故に巻きこまれ、脳死と判定される。報せを受けた彼の両親は、その現実を受け止められないでいた。医師はシモンが蘇生する可能性は低く、両親に移植を待つ患者のために臓器の提供を求めるのだが。その時間の猶予は限られている‥。

「あさがくるまえに」に投稿された感想・評価

自分自身については人の役に立ちたいという気持ちがあっても、それが家族におきた時には協力ができるのだろうか、考えてしまいます。
難しい問題で、臓器提供をする側と受ける側の両方の気持ちは分からない事はないし、直ぐには答えは出ないと思います。

映画では、医師がドナーの尊厳を守る姿や、臓器を摘出する直前に家族の希望を叶えてあげる優しさ、手術後に朝日を浴びながら患者が微笑む表情が印象に残ります。
あと、冒頭のサーフィンをするシーン、波がすごくきれいでサーフィンができたら気持ちいいだろうなと思ってしまいました。
HAL2016

HAL2016の感想・評価

3.9
音楽も少なく、静かで淡々と話が進んでいきます。いいシーンが沢山あります。ピアニストのくだりは要らない気がしますが。
elie

elieの感想・評価

3.9
脳死と臓器移植

この1日に関わる人物は沢山いて
事故に遭った青年から
病気のご婦人に繋がっていくまで
色んな人の繊細な想いを
少しずつ 少しずつ
紡ぎながら描かれてる

自分がこの中の誰にも
なり得る話だからこそ
(医者は無理だけど)
すごく考えさせられるし
医者の目線で見る移植手術は
本当に繊細で張り詰めた緊迫感と
ひと匙の思いやりと
多くの希望に満ちていた

美しいブルーに囲まれて
打ち寄せる波が生命の鼓動となり
彼の命は彼女へ繋がっていく

特別な感情移入もないまま
その映像から伝わってくる
生と死へのそれぞれの想いに
ただ自然と涙が出てくる

秦さんの曲映画ver.があったので
改めて聴いてみたら
どん ぴしゃり。
鑑賞後に合わせて聴くと
どっぷりです。。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.5
No.33

夜明けにサーフィンを楽しむ若者たち
朝から車で流れているhip-hopを口ずさむおじさん

そんな普段と変わらない毎日のリアルさが突然起こる死でより重みを増す

常に人間は死と隣り合わせなんだ

生きたいと感じさせる作品
こやま

こやまの感想・評価

4.5
人間って複雑なだけだと思ってたけど人1人1人の重みを感じれて良かった。観て良かった。
❝ぼくの心がずっと…震え続けるー。❞

眼は口ほどに、感情を語りかける。

その眼に、その目線に、そこにある心にぼくの目は釘付けになってしまいました。ドッキドキした。

いや、ものすごかったです。

あさがくるまえに。というタイトルつけた人をハグしたい、明らかにめちゃくちゃ良い。全てひらがなという点も、柔らかくて、丁寧な感じがします。この映画のように。

❝いてね…いるわ。❞

そばにいる。それは素敵なことであると、教えてくれるのです。

映画館でもう一度観たいです。

是が非でもお頼み申しますッ!!!!!!m(__)m
こう

こうの感想・評価

3.6
まるで静かな波のような映画。淡々と進んでいく様がすごくリアル。現実の出来事は決してドラマティックではなくて、こんな風に起きてるんだろうな。寝る前に観る映画ではなかった!
ar1shi

ar1shiの感想・評価

3.0
自分が親になって
こんな場面があったとした時、、
判断難しすぎて苦渋の決断やろね。

自分が患者なら、、
人の役にたてればベストやろうけど。

あのタイミングで話を切り出す
医者の気持ち考えても何か辛い。
Ryota

Ryotaの感想・評価

4.2
脳死、臓器移植の映画。
愛してるわって、言えるうちに言おう。
取り乱すこともなく静かに進んでいくように見えるが、深い海の底にいるような哀しみから希望に結びついていくリアルなお話でした。
>|