あさがくるまえにの作品情報・感想・評価

あさがくるまえに2016年製作の映画)

Réparer les vivants

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

夜明け前、彼女がまだまどろみの中にいるベッドをそっと抜け出し、友人たちとサーフィンに出かけたシモン。しかし彼が再び彼女の元に戻ることはなかった。帰路、彼は交通事故に巻きこまれ、脳死と判定される。報せを受けた彼の両親は、その現実を受け止められないでいた。医師はシモンが蘇生する可能性は低く、両親に移植を待つ患者のために臓器の提供を求めるのだが。その時間の猶予は限られている‥。

「あさがくるまえに」に投稿された感想・評価

candy

candyの感想・評価

3.9
美しい。
私、基本的に海とか怖いのですが、あの映像は本当に綺麗で、心地よかった。
余計な解説のない静かなストーリーに好感が持てる。生きること、死ぬこと、愛すること。それぞれの登場人物を自分に置き換えて、私だったら…と考えさせられる作品。
わこ

わこの感想・評価

3.7
あまりセリフがなく淡々と進んでいるけど考えさせられる。人を切るシーンって見ていられないんだけど殺人も人を切るし手術もそういう意味では人を切る。そういう反面的なもののように誰かが助かる人と悲しむ人。それを手助けする人。それがグッとくる。
大越

大越の感想・評価

3.6
この主題で全く厭味が無いというのはすごい。キレヴェレうますぎる。
サーフィンのシーンと窓のシーンが美しかった。もう少し移植する側の話があった方が入り込めたと思う。生は、死は、どこまで続くんだろう?と考えさせられる作品。エンディングで流れるデヴィッド・ボウイの『Five Years』が良い曲。
Yuri

Yuriの感想・評価

4.0
E.Tとエリオットのシンクロするシーンと心臓移植との何かを語らないが何かを語る所が好きだった
波打ちながら流れる水のような映画でした。
海んとこのジャンプカットが良い、誰がなんと言おうと良い、あの中で眠りたい
紫色部

紫色部の感想・評価

3.5
2018.2.14 早稲田松竹

真摯で誠実な積み重ねがめっちゃ良い。決してこれ見よがしでないル・アーヴルの街の下降/上昇(個人の記憶の昇華)のなんと叙情的なことよ!
area49

area49の感想・評価

4.0
スクリプトドクター三宅隆太さんの2018年ベスト映画

''命''をいつも見ている物語とは違う視点から考えさせてくれた映画でした。 術前の優しい配慮、艶やかなラストシーンに涙腺が緩みました…

こうゆう映画は注目されず見送りがちだか、観てほんとうに良かった。

ドナー提供者の僕
サ

サの感想・評価

4.5
「現実と非現実の境目は網戸一枚分ぐらいのことで、そこら中にこの網戸は存在するんじゃないかと思うようになった。」自転車の撮り方、最後に流れたデビットボウイのfive yearsがかなり良かった。
ゆき

ゆきの感想・評価

4.1
命の交差に携わる人たち

夜が明け切る前に恋人の眠るベットを抜け出し友人の元へ向かった青年。その帰り道に事故に巻き込まれ脳死の状態に陥った彼を取り巻く一日を描く。

余計な言葉なく感情を丁寧にかつ上品に描いた作品でした。
その分関係性が瞬時に判断しづらい部分も否めない。
命を繋ぐ決断をした人々、繋がれる人、その間に立つ人々。3ポイントからの視点を体感します。

すこし濁った海水から片手に収まるけれど偉大なる存在の心臓まで生々しい部分が特に美しい。フライヤーのシーンは涙が止まらなかった。自転車のシーンも。
静かながらに感情は動かされる一作。

一緒に事故にあった2人はどうなったんだろう。
>|