あさがくるまえにの作品情報・感想・評価

あさがくるまえに2016年製作の映画)

Réparer les vivants

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

夜明け前、彼女がまだまどろみの中にいるベッドをそっと抜け出し、友人たちとサーフィンに出かけたシモン。しかし彼が再び彼女の元に戻ることはなかった。帰路、彼は交通事故に巻きこまれ、脳死と判定される。報せを受けた彼の両親は、その現実を受け止められないでいた。医師はシモンが蘇生する可能性は低く、両親に移植を待つ患者のために臓器の提供を求めるのだが。その時間の猶予は限られている‥。

「あさがくるまえに」に投稿された感想・評価

まつこ

まつこの感想・評価

3.6
予告からとは違う印象をもった本作。命の尊厳についての話だった。子どもがいる人にはツライお話かと。

正解がないからこそ切ない。
ねね

ねねの感想・評価

5.0
愛する君の好きだった音を聞かせてあげよう
君の心はいまも生きている

アンヌドルヴァルがしっかりと作品の土台となってくれている。
なむ

なむの感想・評価

3.6
夜明けの海の映像が、後半の海へと繋がって、彼らにとっての次の朝への決断を迫ろうというのに、悲しみよりも美しさみたいなものを感じた、、、

物事は意外にもあっさりと進むのですが、その分、海や彼らの回想、後半の手術台でのやり取り、最後の表情がとても印象深く残っています。
ティーンネイジャーの男の子と中年女性のストーリーを絶妙に結び付ける、臓器移植をテーマにしたフランス映画。

展開はスローだけれど、上手くまとまっている作品。

まず冒頭に流れる女性ヴォーカルの音楽。
そして次のサーフィンのシーンでの画面全てが青の世界。
オシャレだ!

ドラマチックな展開で魅せる映画ではなく、人の心の動きや画からにじみ出る情感を感じる映画だと思うので、仮にネタバレしてしまったとしても、何ら問題ないと思うし、むしろ物語を知った上で観た方がより色々なものが伝わってくる映画だと思う。

映像の構成がシンプルでありながら、過不足のない編集が独特のリズムを生み出している。

事故の後、シーンは病院となり、すでにシモンは脳死状態であることが示されていくが、事故の場面やどんな事故であったのか、また同乗の友人たちのことにはほとんど触れていない。
しかし、そうしたことが全く気にならない作品だ。

印象に残るシーンはいくつもあるが、特に、ファーストシーンにあったシモンが窓から飛び降りてサーフィンに出かけるシーン。
ここから全てが始まるキーとなっているのだと感じた。

『自分だったらどうする?』それがシモン側でも、残されたもの側であっても 絶対に考え、想いを馳せる作品だと思う。

悲しいながらも、どこか愛おしく、どこか優しい とてもいい作品だった。
MikuOshika

MikuOshikaの感想・評価

3.8
生と死
臓器提供ドナー
両親の決断と新しい朝。
心臓を取り出す直前のシーン
なぜか涙が止まらなかった。
トマの気遣いとガールフレンドが選んだ美しい波の音。
母の移植手術を待つ息子たち。
いやぁ…なんとも言えないけど
すごくよかった…
全体が淡々とした描写で進むからこそ手術シーンで医師が見せた気遣いが引き立つのかもしれませんが、ドナー両親が提供を決断した過程くらいは描写しても良かったのでは。
きすけ

きすけの感想・評価

3.6
彼女の寝顔を撮る彼氏、自転車とスケボーで走るオープニング◎
あと5年しかない、目に焼きつけよう。
シノ

シノの感想・評価

3.4
心臓移植をする人と提供してもらう人のそれぞれを描いた作品です。

個人的にフランス映画のゆったり進んでいくのが苦手でしたけど、作品の着眼点は面白いなと思いました。
物語の中に臓器移植の話が出てくる映画は何本も観て来たと思うけど、よくよく考えてみれば、それら全てが難病に立ち向かう患者や家族を描いた人間ドラマであったのに対し、本作は臓器移植そのものがドラマの主題という点でかなり斬新だった。

更に通常の難病物ので扱われる臓器移植は、臓器を提供される側のドラマであって、それがどこから提供された物なのか触れられる事はない。対して、本作は臓器を提供する側のドラマが中心。つまり主人公は脳死状態なので台詞がない。更に言えば、本作における主人公は脳死状態の人間ではなく、臓器そのものなのかもしれない。脳死患者とその臓器を見つめる肉親や担当医師達のやりとりが、言葉を持たない主人公の人となりを描き出していく。

派手さはないが、他に例を見ない斬新な命のドラマ。ピアノの独奏による音楽も素晴らしい。一見の価値あり。
>|