ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談の作品情報・感想・評価

ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談2017年製作の映画)

Ghost Stories

上映日:2018年07月21日

製作国:

上映時間:98分

3.4

あらすじ

心理学者のフィリップ・グッドマン教授は、イギリス各地でニセ超能力者やニセ霊能者のウソを暴いてきた。ある時グッドマンは、長らく行方不明になっていた憧れのベテラン学者・キャメロン博士から、「自分ではどうしてもトリックが見破れない」という3つの超常現象を調査するよう依頼を受ける。初老の夜間警備員、家族関係に問題を抱える青年、妻が出産を控えた地方の名士……3人の超常現象体験者に話を聞いてトリックを暴くた…

心理学者のフィリップ・グッドマン教授は、イギリス各地でニセ超能力者やニセ霊能者のウソを暴いてきた。ある時グッドマンは、長らく行方不明になっていた憧れのベテラン学者・キャメロン博士から、「自分ではどうしてもトリックが見破れない」という3つの超常現象を調査するよう依頼を受ける。初老の夜間警備員、家族関係に問題を抱える青年、妻が出産を控えた地方の名士……3人の超常現象体験者に話を聞いてトリックを暴くため、グッドマンは旅に出る。しかし、そこで彼を待っていたのは、信じがたい怪奇現象の数々と想像を絶する恐怖だった……。

「ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談」に投稿された感想・評価

り

りの感想・評価

2.7
珍しくないエンディングとはいえなるほど。普通。
想像していたよりもホラーだけど、ホラーにしては物足りないかも。
みんな演技が上手いなー
劇場鑑賞69本目。

ホラーだけど伏線が張り巡らされた心理サスペンスとも言える。

勿論ビックリホラー演出は最高にビビりました。ラストは賛否ありそうだけど伏線が見事に回収されていく様は圧巻。

色々と考えさせられるホラー映画だった
松果

松果の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

安易なタイトルだなwと思ったが
ゴースト=幽霊 ではなく どちらかというと霊魂の話だったのね とひっくり返される作品
他にも色々ひっくり返される

映画は主観と客観によって作者の意図を探る謎解きゲームだと思っているのだが、今回は少し難しかった

展開も、大きく分けて3つからなるのだが、それぞれテイストが変容してきて、徐々にそっちのホラーね。とひっくり返される
1つめのエピソードで、この映画の方針は正統派ホラーだと匂わせておいて
2つめではエクソシスト系も入ってきたよ〜ちょっとメルヘンでカオスやな〜ってなってくる
3つめは本当に、映像がいきなりシャープだし「今ここ」の物語だとわかる…
友達は雪のシーンがファーゴやんと言ってた(知らない)

真実の花園にて
自分は何もしていない、真実をシンプルに「見ていた」だけだと主張する主人公に対し
その見えない、見ていた痕跡が幽霊となる
というような事を言っていた
そこがぜったいこの映画の鍵となる解答なんだけど、しっかり聞き取れなかったんだよ…
というか3つめエピソードで「いつも最後の鍵で開く」というジョークがあったけど、そういう事なのかなw今思った!

わからなかったとこ
・バーティって誰?ハンスモアの愛称ではないよね?
・ユダヤ人いじりがのちの展開でフォローされるんか思ったらされなくてただいじられて終わったのでつらかった。でももしかしたらユダヤ教の思想などが一つ重要なベースとなってるのかも(詳しくないので)
・ナチュラルに、ラストは世界線が変わったのか夢オチなのかわからんかった。観客を単純にどんでんしたかっただけならエピソードの詳細性が疑問。それぞれの人生の陰、「絶望」シーンという事かな
もっと何か…私が見落としてる何かがあるかも…

どっかで英国版ドグラマグラと書いてたけど、まぁたしかに
ラストシーンのくだりは演劇チックでもあった 主観が転換される感じだし
実はお前の物語ヤンケwって話は演劇でよくやりたがるやつ。
(と思ったら、元々舞台なのね!!)
漫画版ヘルタースケルターにも似た奇妙さ

主人公は何故自殺未遂したのか。
この映画ははじめに主人公の人生の物語であるという提示がなされている
いじめられっ子で家庭にも希望を持てぬ少年
とある出来事が人生に重大な影を落とす
罪の意識が消えない。自分は何もしていないのに…
本当は奥にあるのは自己の自己自身に対する怒り…不条理な、得体の知れない、直視したくない自分(の所業)。
だから、ないものをないと言う世界に逃げた。それを信じて自分の誇りとしたからこそ生きてこれた。
この世は誰でもそうだが、特に「冴えないオッさん」は生きにくいと思う。故に絶望しやすい。生い立ちの小さな絶望のコンボにプラスで大きな罪悪…
父を恨むゆえ宗教にはすがれない 恋愛もブロックがある
それでもまっすぐ生きてこられた「信条」も結局はブロックだったし、今や砕かれてしまったのだ。

ラスト、すべてを暴かれた結果、閉じこもり症候群は霊魂が体から抜けてしまった身体なのだろうか。それとも、何も見まいと天の岩戸隠れしてしまったのか。
最後の最後にあーーなるほどと思わせる映画。ホラーだけどほかのホラー映画とは違う。音がいちいち大きかった。
NAGA

NAGAの感想・評価

4.0
オムニバス形式で怪奇現象について調査していくホラーと思いきや、突如雰囲気が変わります。
今までのストーリーとの関連にぞわぞわしながら悪夢とマーティンフリーマンを堪能しました。
塩犬

塩犬の感想・評価

4.6
ホラーというカテゴリの中でここまでトリッキーな作品は初めて見た。
物語は三本のオムニバスのような、いわゆる「ほん怖」とか「世にも奇妙な物語」、そういったホラー番組を見ているような描き方になっている。主人公が各超常現象が起きたと告白する証言者たちの元へ向かい、そのうち自分自身も不思議な体験をする。
最初からトリックのヒントは散りばめられていた。それでも、引っかかってしまうのは劇中の台詞を使うなら「見たいように見る」ことを私たちが自然と行っているからだ。1時間半程度の内容だったがテンポよく、恐怖に引き込まれながらラストの結末まで気が抜けない。ただのホラーが見たいならラストの評価は意見も別れるだろうが、これはただのホラーだと思って見に行っていた自分としては嬉しい裏切り方をされた。
ネタバレはできるだけ避けたいが、様々なものに対しての見解が得られる作品だった。「心霊現象とは」「恐怖とは」「見えているものとは」「主人公の感じた現象とは」たくさんの事象をホラーというカテゴリにも関わらず、より「現実的に」見つめるきっかけとなる作品だった。三本のオムニバス作品と見せかけた、全編を通して描かれる「主人公の置かれた状態」に対するある1つの仮説だと考えると、それこそこれはホラー映画という枠に収まらない作品になる。
マーティン・フリーマンが出演すると聞いて興味本位で見に行ったが、全役者の力量が素晴らしかった。マーティンの怪演とも言えるキャラクターの濃い役どころに痺れた。台詞の早回し、ハッキリとした表情、小気味好い所作。コミカルで少し奇妙なその整えられた人物像はラストの衝撃を産む。
ラスト10数分の衝撃と感動を体験して欲しい。鑑賞者は確実に「見たいように見てしまっている」。
いと

いとの感想・評価

2.8
霊能力者の嘘を暴くことを生業とするグッドマン教授。彼のもとに著名な教授が投げ出した3つの心霊体験の調査依頼が訪れ…。
各心霊体験が静かに進みすぎて中だるみを感じてしまうものの、違和感や様々な伏線にオチがつく物語の結末には見所がありました。
Yolice

Yoliceの感想・評価

3.5
脳は見たいものだけを見るーーー


とある3つ超常現象の調査を依頼された心理学者が体験者達に話を聞きに旅に出る
彼がそこで目にするものとは…

英国発のゴシックホラー
普段あまりホラーを見るわけではないのですが、マーティン・フリーマンが出ているということでホラー好きな人に付き合ってもらって見てきました
ビクビクしながら見始めたのですが、思ってたより怖くない、怖いというより気味が悪いっていうタイプの作品

正直前半部分は退屈で眠気と戦いながら見ていたのですが、後半の巻き返しが凄い
オムニバス形式で様々な怪奇現象を追っていくだけかと思いきや、最後そういう風に持っていくとは…
前半が合わなくてもぜひ最後まで見てほしいです!
Aya

Ayaの感想・評価

3.3
アンディ・ナイマン監督、主演、脚本。

一部でマーティン・フリーマン詐欺では?!という噂を聞いてドキドキしていましたが、違います!
詐欺じゃないので英国方面の方安心してください。

超常現象を検証して科学的に否定している大学教授が主人公。
彼の尊敬する科学者が「この3つのケースだけは謎が解けないんだ!霊はほんまにいるぞ!」と3人分のファイルを渡してきて、それを再検証しようとする話。

オムニバス形式とも言えるかと。

ケース1
警備している廃墟にて幽霊を目撃したドランカーの老人。

ケース2
自暴自棄無免許運転の末、なんか森の生物を撥ねてバケモノと森に襲われる若者。
いじめられっ子顔俳優アレックス・ロウザー。

ケース3
金持ちだが高齢出産で妻を亡くしたマーティン・フリーマンの屋敷で起こるポルター・ガイスト。

それぞれ起こる現象が異なりますね。ちらばらせられるのはこの形式ならでは。

そこに実は主人公が胸に秘めていた秘密の過去が・・・。

これもネタバラシものではあるんやけど、そこに至るまでの色々出てくるやつが、マジでキモいしグロい。

イギリスホラーっぽいけど、イギリス映画っぽくはない感じですよね。
ヨークシャーって書いてあった気がする・・・。


日本語字幕:ブレインウッズ
NF

NFの感想・評価

2.4
落ちで全てが台無しになった
一昔前のアメリカのB級サスペンスでこんなのよくあったよね
こんなのが観たかった訳じゃない
過去のトラウマの影響だけが真実っぽいのでそこだけがジャンルとしては救いではある
>|