マザーウォーターの作品情報・感想・評価

「マザーウォーター」に投稿された感想・評価

ピナコ

ピナコの感想・評価

3.8
フォローワーさんがレビューしていたもの。
何となく気になり☺️


ゆったり流れていくウォーター

セツコさんのウイスキーにいれる氷(元は水)や割る水が美味しそう!
(私はあまり飲めませんがw)

豆腐を作っているハツミさん
冷たい美味しいお水で作った豆腐
作りたてなら更に美味しそう!

タカコさんが毎回挽きたてのコーヒーをいれてくれる
注ぐお湯の音から美味しそう!

マコトさんの毎日自分の為に作る料理
湧水使ってるのかな?

住んでいる街は京都
川が流れて湧水があり
近所にある銭湯。

水は形を変えながら皆の間を流れていく
優しく。。。
時に厳しく、、、

でも今日は何事もなく静かに過ぎていきます
そんな幸せ😃💕


赤ちゃんを預けることの出来るご近所
今の世の中にある(いる)のかしら?
moe

moeの感想・評価

4.0
こういう暮らしに憧れる。
お豆腐大好きだから、豆腐屋始めてみたい。
シバキ

シバキの感想・評価

3.5
ウイスキーを入れる工程がすごく好き。
わたしも日々を丁寧に暮らしたい。
この中をずっと漂っていたい…って思える映画。
生活音好きだから本当に宝っ!って音がたくさん詰め込まれてるヨ。

人々の生活にフォーカスしてる感じ。生業というか。
ただそこに生活がある。それを見てる、だけなのに何故かものすごく居心地がいい。この映画を観てる間だけは自分もこの映画の中でこの人たちと生きてる、そんな感じがする。

京都が舞台だが標準語で進められていくのもいいなぁ。主要の登場人物はもしかしたらみんな京都が地元じゃないから京言葉を使わないだけなのかもしれないけど、京都が舞台だからって別に標準語で映画作ってもいいんだよなぁって気付いた。
登場人物たちの生い立ちというか、ここへ流れ着いた経緯もそんなに詳しく語られず想像にお任せされちゃうのも個人的にはものすごく良い。深く考えすぎないで済む。
〝その人〟を映すのと〝その人の生活〟を映すのとでは内容が全然違うんだな、と。
生活を映しているだけだから、あえて一人一人についての次元を広げていかない感じ、心地よいな、と。

あとは、皆、これならこれとたった一つの事を仕事にしてるの潔くて惹かれる。そこに強さを感じて憧れを持つ。
自分の生業に迷う今だから余計に。

ほろほろ、のんびり、ゆるゆるりと。
明日も機嫌良くやろう。
ら

らの感想・評価

3.5
ウイスキーを入れる工程と音が好きだった。あと市川実日子さんが美しすぎた。

監督は違うらしいがかもめ食堂などから少し料理シーンを期待してしまったけど、思ってたより少なかった。
Gooooo

Goooooの感想・評価

-
京都シネマで過去に鑑賞しました✨
かもめ食堂、プール、めがねが好きな方はこの作品は好きだと思います。
ゆったりしてる映画で心が安らぎます😊✨
あまり記憶に残っていませんが、毎日(マザーウォーター)映画のような生活ができればいいなぁって思ってしまいます😎❗️
pino

pinoの感想・評価

2.1
かもめ食堂、めがね、プールは大好きだけど、これはちょっと合わなかった。

小泉今日子さんがこのキャストの雰囲気じゃないな〜っていうのはあったけど、それを抜いても何だろう?癒しより退屈を感じてしまいました。
お豆腐は美味しそうだった。あんな風にベンチに座って外で食べてみたいな。
あゆみ

あゆみの感想・評価

3.0
HPが削られる系映画を立て続けに観たので、大好きな小林聡美さんともたいまさこさんで回復を図る。市川実日子さんも癒し。
何も起こらないけど、好きなものばかりで繰り返し眺めていたい映画。

「マザーウォーター」観ました。


たまーにこの辺りの映画を観たくなるときがあって、観るというかこう、眺めるというか。ぼうっと目を通して、詩集をめくり、意味ありげなシーンやセリフを拾い集める。そんな作業をなんとなーくやりたくなるときがあって今日観ました。

結果だけを書き出すと、なんにも残らなかったです。ひとつたりともポケットの中に残ってなかった。

でも別にそれでいいんだとも思います。川の水が流れるように、いつも留まらず、景色を変えながら、感じ方も変えながら、また思いだしたように観たくなったら観ればいいだけなんだと思います。
pooyuzu

pooyuzuの感想・評価

3.6
最近の字幕疲れとSF疲れと学校疲れとかからか、とても心にしみた。TSUTAYAで京都が撮影場所というコーナーで何となく、京都の良さとか風情とかを感じれそうなのを選んだ。まさにゆっくりとした味を感じることができた。1番感じたのは日常会話の中で心にくる言葉や会話がたくさんあったということだ。
>|