マザーウォーターの作品情報・感想・評価・動画配信

「マザーウォーター」に投稿された感想・評価

leyla

leylaの感想・評価

3.7
「かもめ食堂」「めがね」とほぼ似たキャスティングと空気感。食べ物や飲み物がやたら出てきて美味しそうなのも一緒。

松本佳奈監督ではドラマ「パンとスープとネコ日和」「デザイナー渋井直人の休日」が好きです。
今作が長編デビュー作。

京都の川沿いの街を舞台に、ウイスキーしか出さないバーの店主(小林聡美)、カフェの店主(小泉今日子)、豆腐屋さん(市川実日子)、おばあちゃん(もたいまさこ)、家具工房の職人(加瀬亮)銭湯の主人(光石研)とそこのバイト(永山絢斗)たちの淡々とした日常の交流を描きます。

何も起きません。ご近所づきあいの何気ない静かな会話だけ。

みんなどこか孤独感が漂っていて、どこから来てどんな人たちなのかも不明です。京都ってそういう場所かもしれないなぁ。

赤ちゃんのポプラちゃんがみんなの笑顔を誘い、誰に抱かれてもご機嫌なのが名演でした。

庶民の手の届きそうな憧れの暮らし。自分でお店を持って丁寧に暮らす。いいなぁと思える。
あまりに整然と自然体のオシャレをしているので、ある意味、現実離れして見えたり。
ありそうでなさそうで、でもありそうな理想形。

ゆったりとした日常の時間を愛でる、そんな作品。
ぱん

ぱんの感想・評価

-
ウイスキーしか出さないバー、カツサンドとたまごサンド、店先で食べるお豆腐、銭湯で寝転がる赤ん坊、コーヒー豆が膨れ上がる様。いいな〜が漏れてしまう。
後から思ったけど、カメラを固定して映してる場面がほとんどな気がする。構図がものすごく綺麗で計算されている気さえしてくる。
小林聡美さん主演映画って全部同じ監督かと思ってたけど違うんだな…なんでこんなに同じ空気感漂ってるんだろう。同じ流派なのか…?
谷口

谷口の感想・評価

-
不謹慎な感情とかを普通だよって肯定してくれる人がいるだけで救われたりする
ん

んの感想・評価

3.8
子守唄が ハンバートハンバート なのがあまりにもよすぎた もたいまさこさんのうたうハンバートハンバートで育った こども すくすくそだつ…

もたいまさこさんのいう、いいから一度転んでみな がすごく良かった
京都を舞台にした特に何も起こらないゆるい話。
頭は使わず世界観に浸って満足な作品。
個人的にかなり好き。

鴨川沿いに座ったもたいまさこの
「流れるねぇ。なんだかここにきてしまうねぇ。」ってセリフがとても良い。

流れてきた人、流れている人、流れてゆく人、それらの源流の子、いい雰囲気。
miu

miuの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

流されながら見えてくるものや行き着く場所があるから転んでみればいいのよって笑い飛ばしてくれる人がいた。考えすぎ、もっと簡単でいいよって諭してくれる人もいた。嵐で色々無理になって狸寝入りして深夜に500mlの缶チューハイ飲みながら残り物食べている私のことを揶揄いながらも借りてきたんだし一緒に観ようと誘ってくれる父のことが好きだと思った。不思議な時間が流れていて、何も押し付けてこなくて優しかった。自分よりできる人が急に消えてわくわくしてるって言った彼のこと、わかるよって悪意も受け入れてくれる場所があること、それを出せる彼のことも羨ましかった。いつか以前住んでた京都の街で暮らしてみたいと思った。何もかも嫌になったら。赤ちゃんの季節は短いのなら、会えるうちに会いに行かなきゃな。「あすもあります」
何にも起こらない。
ゆるゆるした空気を感じる映画。
ほんとに何にも起こらない。
pyurikap

pyurikapの感想・評価

3.0
人と人を巡り合わせる水の流れと
どこか懐かしいような場所がとっても
あたたかくて素敵だった。

水の綺麗な場所は、素敵な出会いをも運んでくれるのだろうか。

そんな場所を探したいな、と。
Minted

Mintedの感想・評価

4.8
〝今日も機嫌良くやんなさいよ〟

ひさしぶりに観たいと思いつつ、でも観るなら春になってからがいいなと思ってあたためてたやつ。今日みたいなお天気の良い日曜日の昼間に観るのにぴったりの映画。

年齢とか性別は関係なく、人と人が自然と関わり合っていくのが素敵。そしてこの映画の登場人物たちのように、ほんとはもっと日々のいろいろなことを丁寧に生きたいなと思うのです。

〝自分で決めたことなら、どうなったっておもしろいから〟

このセリフが出てくるもたいまさこと永山絢斗のシーンが特に好き。この映画の舞台は京都だけど、きっとわたしの地元にもこんな場所はあるんだろうな。この映画の登場人物たちのように「ちょうどいい」場所をわたしも見つけたい。
きゃほ

きゃほの感想・評価

3.5
流れる水のように歩む人生、どこかにたどり着いたとき、自分が形を変えたことにやっと気がつく。それぐらいがちょうどいいな。
>|