マザーウォーターの作品情報・感想・評価

「マザーウォーター」に投稿された感想・評価

みみず

みみずの感想・評価

3.8
これまで観てきた映画のどれにも当てはまらないジャンルに感じた。独特の世界観があって、その写し出し方が素敵で、違う世界にお邪魔しに行った感覚になる。憧れるような美しく慎ましい日常の小さな場面を切り取って描き出された映画。
mana

manaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

癒された、記録。

永山絢斗が、バーに子どもを連れてくるのは嫌がる人もいる〜みたいなニュアンスの事を言った時に、
もたいまさこが、

あなた時々本当につまらない事を言うわね

って言うシーンが凄く印象に残ってる。

あとただただ加瀬亮が素敵すぎた。
とろろ

とろろの感想・評価

3.9
WOWOWでの録画鑑賞。
「めがね」とほぼ同じキャストで、淡々と日常が描かれる。
好きなんだよね、なんだか、こういう雰囲気。何が起きるわけでもないんだけれど。
日頃何か思うところがある時に、こういう映画を観ると、なぜか、それにハマる気づきみたいなものを、物語の中に見つけたりするのが不思議。
ルン

ルンの感想・評価

3.8
このバーで加瀬亮と居合わせたい。
もたいまさこ役は、実際いたら面倒そうかな笑
Shuu

Shuuの感想・評価

4.5
京都を舞台につつましくも豊かに生きる人たちの生活を、"水" をキーワードに描く癒し効果たっぷりの群像ドラマ。小林聡美やもたいまさこ、小泉今日子と人気と実力を兼ね備えた女優たちが集結。彼女たちと関わっていく街の人にも、加瀬亮や永山絢斗など個性的な面々が揃い、独特な雰囲気を持つ京都の街並みとちょっと変わった人間関係が描かれる。

京都で新生活を始めたセツコ、タカコ、ハツミたちはウィスキーしか置かないバー、コーヒー店、そして豆腐屋を営みながら中古家具店のヤマノハや銭湯で働くオトメやジンらと関わっていく。

退屈な作風です。だから「面白い」作品を期待する人はアウトだと思います。非日常的なものを求める人には不向きな作品です。だって、事件や事故が全く起きないし、ごく普通の日常を描いているだけですから。
まったりとのんびりと最初から最後までペースは変わりません。ちょっとしたことでも心の動きを感じるものがありましたし、取り繕った場面はなくて、ありのままにストレートに物事を発していて、ドシン!とくる重みのあるメッセージを感じました。
とても良い時間と経験をありがとう。
CAORI

CAORIの感想・評価

4.1
みんな普通でみんな普通じゃない
流れ着いて、流れてくる…
そしてまた戻ってくる
かも知れない。

すごく淡々とのんびりしたひと時が描かれているのに、とても背中を押され可能性という言葉が残る作品。
ふぅた

ふぅたの感想・評価

3.6
バカだから
お母さんの話だと思ってた。

毎日何気なく通る道、入る店、豆腐屋さん、バー、カフェ、銭湯…
そこで働く人と来る人。
起きて、働いて、食べて、飲んで、寝て、起きて、また働いて、ひと休み。
そんな何気ない毎日を"母なる水"が恵を下さっていることに"感謝"。できる話だったんです。

ウィスキー飲みながら観てたけど途中からコーヒーにチェンジしてしまった笑
自分も将来、一番心地良いと思える町を探して住みたいなぁ。
Rie

Rieの感想・評価

3.5
1つ1つの丁寧な描写から人間模様まで、なかなか見応えがあった。

その時の流れに沿ってみるのも良い。
結果はどうであっても、身に任せてみようかな。と鑑賞後ふと思った。
「自分がした選択なら、どうなったとしても面白いよ」って川沿いでアドバイスをしたもたいまさこが、なんだか自分の祖母と重なった。

先人の教えは いつまでたっても、尊い。
ゆ

ゆの感想・評価

2.0
京都が舞台なんだけど、登場人物全員が標準語だから違和感がありすぎて内容にあまり集中できなかった。他の場所が舞台だったらもうちょっとストーリーに入り込めたかな…
shiori

shioriの感想・評価

4.3
お豆腐を作りたいし、珈琲も淹れたい。ウイスキーだけを出すBARもやってみたいし、椅子にも座りたい。街に、頭と体が馴染んでく、みたいなきょんきょんの言葉が心に染みた。うまくいえないけど、予感みたいなものなんだよ。そんなふうに心が疼く映画でした。クーラーの要らない、けだるい夏の午後にうってつけ。
2016.10.12/
とっても好き。なんで好きかって考えたら、振り回される人がいないから。みんな、それぞれ個性的でマイペースで穏やか。お水がきれいな街はいいね。お豆腐も珈琲もウイスキーもおいしそう。銭湯のお湯もきもちよさそう。桜もきれいに咲いてるし、ポプラもすくすく育つ。ただそれだけでいいんだよ。余計なことはなにもいらない。なんとかなるよ。だってあしたがあるんだもん。
>|