女たちは二度遊ぶの作品情報・感想・評価

「女たちは二度遊ぶ」に投稿された感想・評価

aconomusi

aconomusiの感想・評価

3.3
悲恋というより、女のしたたかさ、男の弱さを感じた内容だった。男は、いつも女に翻弄され、自分を見失ってしまうくらい溺れてしまうのかもしれないなぁという構成。女は、いつだって男の人生を彩り、刺激的なんだろうなというオムニバス。
shiori

shioriの感想・評価

3.8
女たちはたしかに魅力的だけど 、それ以上に男たちに惹かれるのです 。どこか女々しくて 、けれども心から好きと言えるような女と出会えて 満足感すら漂わせる雰囲気。とくに柏原くんと高良くんによだれ。そして物語をつなげるユースケ・サンタマリアがいいスパイスになっているの 。物語それ自体のつくりが好き。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.0
うおおお!!TVでやってくれるとは!!これ、docomoのBeeTVで配信されたケータイドラマで、このmixiのバナー広告で出てて気になってから、何気にずっと観たかったんだよね~~!観られて嬉しい!全体的なまとまりが良く、今回のように全部繋げて観たら、ドラマというよりはオムニバス形式の映画という感じだった。内容は個人的には共感できる人がいなかったため、完全に「ふーーん」と傍観しただけになったが、全ての物語を繋げるキーマンである小説家役のユースケ・サンタマリアの感じが好きだった。
5つのラブストーリーからなるオムニバス作品。
テーマが「愛されるより、忘れられない女になる」ですって!

それぞれの物語に出てくる女性が、
普通と不思議ちゃんの狭間をいい塩梅で描いているなぁって。

やっぱり、分かりやすい女より一癖あった方が 忘れられないですよねぇ。
チャロ

チャロの感想・評価

2.4
過去に見ててなんとなくどんなやったかな?と思って借りた〜

けどあの頃は子供でこれが響いたのかな?
孤独の隙に入り込んでくるような恋愛に憧れたのかしらん、あのころのわたし?☺️

なんかアラサーになってみたらなんも響かなかった。笑笑
YOMO

YOMOの感想・評価

1.0
どれもそんなに印象に残らず。
ユースケは大好きです。
あと、高良健吾のヘラヘラしゃべるところも好き。
記録用

記録用の感想・評価

3.0
評判があまり良くないのを知っててみたからか、意外と良かったと思った。
どしゃぶりの女の、家がお洒落。
タイトルに期待しすぎたところはある
行定監督の作品。
原作は「怒り」の方だと知って驚き。
aiiiii

aiiiiiの感想・評価

2.0
わたしは最後の女の話が一番面白かったです。
春巻きのところが最高でした。笑

あとの女の話は、一話目が引き込まれました。まさに女らしいとおもいました。

でてくる男たちはみんなそれぞれに、優しい男ばかりで、優しすぎなほど。

吉田修一さんの
悪人 怒り
が好きだったので予想外な内容です。
くぅー

くぅーの感想・評価

3.4
相武紗季のどしゃぶりの女、オチでもどしゃぶりだったらなぁ。
水川あさみの自己破産の女、オチが弱くて普通。
小雪の夢の女、もっと夢見心地な演出が欲しい。
優香の平日公休の女、どうせなら最初っから桜に意味を持たせてもいい。 長谷川京子のつまらない女、トリとして巧くまとめてあった。
そう、忘れられない女達がテーマで、記憶として二度目があるってのがポイントだが、ニヤリな余韻は悪くない。
>|