キュクロプスの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

上映館(2館)

キュクロプス2018年製作の映画)

上映日:2019年05月03日

製作国:

上映時間:108分

あらすじ

「キュクロプス」に投稿された感想・評価

lgKaoring

lgKaoringの感想・評価

3.8
池内万作以外知らない役者ばかりだったが、皆演技が上手く引き込まれた。
一癖も二癖もある役者が多く、興味深い。

中でも斎藤悠。斎藤洋介の息子らしいが、ルックスも演技も声もいい。
チェック!

確かに自主映画のレベルではないと思う。
二転三転する展開も面白くて、ラストは想像つかなかった。

出演者、「ひこひこ」さんやら「あこ」さんやら、やたら「こ」が多くて笑った。
これは夢か現かという感覚に陥りました。

3歳上、日本映画学校OB、大作の助監督をやりながら自身の考える映画を作りたいと脚本も書く大庭監督。
全てを持って行った杉山ひこひこさんの怪演。
名バイプレイヤー池内万作さんの主役っぷり。
人の世の儚さ虚しさに胸打たれる作品です。
自主製作映画がこれほどのレベルとは思い知らされました。口コミにあるように確かに前半はダラダラした印象で、見に来たのを後悔し始めました。後半は展開が面白く引き込まれました。知らない俳優さんばかりでしたが個性派ぞろいです。警察とヤクザの癒着に翻弄された男の姿が良く描けていると思いました。
shiitarosu

shiitarosuの感想・評価

3.5
CINRA映画部第2回
(恐らく監督が意図的に仕込んだものではない)謎が多い
#キュクロプス を鑑賞。途中から一気に面白くなるから要注意。「それにしても緩すぎない?」と前半感じちゃった自分がアマちゃんでした。西役の #斉藤悠 がとくに良かった。チェックしとかなきゃいけない俳優さんです。
TKsss

TKsssの感想・評価

3.6
韓国映画の雰囲気も醸し出していて、
なかなか良かったと思います!
あこさんがとっても美人!

セリフが臭いのか
演技が臭いのか
演出が臭いのか

その臭いに慣れるまでに 時間がかかった。


てか、これは めちゃめちゃ韓国映画。
びっくりするぐらい韓国映画。
なんか、こう、常にイライラするこの感じも韓国映画。
キムチが登場しない韓国映画。
主人公も もはやソンガンホ。


ツッコミたくなる要素多すぎて、逆にもうなんでも来い状態。
だから、後半は楽しめた。

でも、海のあの赤いやつは、丸々いらない。
m

mの感想・評価

4.5
設定やストーリーはなんとなくありがちで序盤は期待ハズレだったかなと思ってしまったが、これが観てるとどんどんどんどん面白くなる。先の展開が読めず話が2転3転して誰が味方で敵なのか、誰が嘘をついているのか、何が真実なのか全然わからなくなってめちゃくちゃ面白い。

アクションも最高。爆音で鳴り響く銃声、殺すシーン、黒ずんだ血、真っ赤な血、廃墟での銃撃の訓練、序盤うーむと思った全てが帳消しになるくらい興奮した。

犬使うのはずるいなあという気もするがまあ良い。ラストなどはちょっと漫画っぽいかな。北野映画ぽくもあり、韓国映画ぽくもある。こういう「ぽい」が多いのも序盤期待ハズレだったかなと思った理由でもあるのだけど。

そして登場人物の顔が皆印象的。一度見たら忘れられない感じ。全員良かったなぁ。

でもやはり一番は財前かな。まじでイケイケだったわ。終盤の廃墟で西をボコった後のシーンで財前の服が何故かレザーフェイスが死体を解体する時の肉屋みたいな服装してて笑った。あのキャラほんと好き。

舞台挨拶で監督は自費で600万出して(200万は両親に借りたらしいが)作ったと言っていた。

映画撮るのって本当に大変なんだ。
撮りたいものがある人が撮りたいときに撮れれば良いのになと本当に思う。

私みたいに映画が最高の娯楽と思っている人はたくさんいるんだからさ。
tatari

tatariの感想・評価

3.0
兎にも角にも聞き取りづらい、主人公の台詞回しが受け入れられず。
前半は主人公の情念を顔のアップで捉えたシーンが多くて退屈。顔の凸凹や猛禽類のような目で心象を演出する上手さはあるが、背景が無いのは如何なものか。それでも、中盤以降は、廃墟での銃の訓練やヤクザの若頭の登場ぐらいからテンポと熱量が良くなり、背景も効果的なので面白さが増す。特にヤクザの若頭である、小さいおっさんの頭のネジが飛んでいて、喋りのテンポや甲高い声の不気味さが秀逸に。主人公と刑事とチンピラの関係の違和感も効果的に。

二転三転する展開は、プロットの上手さより、描写の捉え方や段階的な盛り上げ方が良い。また、リフレインされる心象や記憶の描写など、上手いまではいかないが、熱量が伝わることが好感。

邦画のノワール映画にありがちな、女のずさんな扱いは残念だが、終盤の北野映画を髣髴する虚無感からの結末は、全てを受け入れたことへの行動に味わいを感じることに。