ヘレディタリー/継承の作品情報・感想・評価・動画配信

ヘレディタリー/継承2018年製作の映画)

Hereditary

上映日:2018年11月30日

製作国:

上映時間:127分

3.7

あらすじ

「ヘレディタリー/継承」に投稿された感想・評価

皆さん評価が高いなぁ。
私はちょっと苦手かも。

以前観た「マザー!」という映画を思い出した。
同じように静かに、どよーんと空気が澱んだような、重苦しい雰囲気。

痛いシーンや目を背けたくなるシーンもあったけど、壁にへばりついてたり、天井に頭をガンガンぶつけてるのを観て、これは一体なんなんだ…???
あれ?貞子?とさえ思ってしまった。

これは結果オーライなのか?
この

このの感想・評価

4.5
めちゃくちゃ怖かった…久しぶりに寝れなくなるホラー映画見た…
映画館で見たかった
家族として愛してるということと、一人の他人として受容する、ということの不一致。
家族はチャーリーに対して気にかけてる風に振る舞うけど、結局自分のことしか考えてなくて、真にチャーリーの存在を受け入れる人はいない。(死んだオカルトお婆ちゃんだけは例外。)
親は子を受容するどころか、ここまで育ててきてやったことこそが、愛情なんだというような態度を取る。
本当にホラーなのは演出なんかじゃなくて、普通(この言葉嫌い)とは少し違うチャーリーのことを全く受容しようとしない家族の方だ。
でも最期は、形は違えど、チャーリーがお婆ちゃんに抱擁されて終わるほっこりエンドでとっても安心した!(胸糞エンドとは言わせない。)
それに、ベルイマンを尊敬してるアリアスターの気持ちが痛いほど伝わってきた。
この前のポゼッションとか、またはトリアーのような、強固に私的で、禍々しい映画を撮る人はきっと本当は切実なんだろうといつも思う。
勿論、不穏なカットはめちゃくちゃ怖いし、かっこ良かった!
後は画にプレッシャーを与え続けるあのヒリヒリした音も!
ミッドサマー楽しみにしてるね!
サスケ

サスケの感想・評価

3.5
こんなちんこが反応しない映画の裸おっぱいは初めて

映像とママの演技がしゅごい

ハサミのシーンで娘のおっぱいがでかくてえちえちでした。
れお

れおの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます


怖いのか怖くないのかよくわからない映画。
怖いというより不気味な雰囲気。

ホラー映画にありがちな、いきなりドーン!大声キャーなシーンがないのは好き。
かなり間が多く、静けさで怖さを与えようとしている。

妹の電柱ドーンの一連は結構エグかった。が、そこがピーク。
電柱ドーンを超えるくらいのシーンはその後なく、理解が追いつかないまま終わっていく。

初めは鳩の首を切った妹の首が切れる→次は妹の首を切った兄の首が切れる→次は兄の首を切った人物の首が…。
と、どんどん「継承」していく作品かと思ったら全然違った。

この映画は表情がいい。母親の狂った感じの表情。瞬きなしのピーター。笑わず不気味なチャーリー。

お父さんが被害者過ぎて可愛そう。殺す必要なかったでしょ…。

演出も音楽もいい。
オチがいまいち?

伏線などがしっかりと回収されている。
ただ、最初と最後のミニチュア視点は何だったんだ?
パイロンからみたら、人間の営みや今回の騒動なんて、ミニチュアを作っているようなものってことなのかな?
理解が追いつかなかったけど、解説を読んでなんとか繋がった。
怖さはないけど、終始得体の知れない不穏さ漂ってた
鬼ヶ島

鬼ヶ島の感想・評価

3.5

初めてホラー映画を映画館で観た。逃げ場が無い、耳を塞いでも骨から音が入ってくる経験を初めてした。

鳩とハサミ、車と電信柱、〇〇と虫、朝と夜…トラウマシーン盛りだくさんだが、何よりキツいのは家族。
兄は無表情でベッドに入り、母は彼女を見て叫ぶ。後の夜の食卓のシーンは本当に胃がキリキリした。

オチは洋画ホラーの定番でイマイチだったが、そこに至るまでの"人間"による気持ち悪さは群を抜いている。

そして観た人なら分かってくれると思う、"あの音"はもう無心では聞けない。
Tsurim

Tsurimの感想・評価

3.6
未知、不気味、不穏、不安、悲観、疑問、衝撃、険悪、疑惑、不可解、と色んな種類の恐怖が詰まっている作品。
最後は宗教的な儀式で締まるので、宗教に詳しくないと後で解説サイトでも見ないといけないのが弱点か。
>|