アリスのままでの作品情報・感想・評価・動画配信

アリスのままで2014年製作の映画)

Still Alice

上映日:2015年06月27日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

「アリスのままで」に投稿された感想・評価

おむう

おむうの感想・評価

4.0
若年性アルツハイマーを患った女性のお話。
自分は、亡くなった祖母を重ねてしまったので少し観るのがつらかったです。
淡々と段々と記憶が零れ落ちていく恐怖。
変わるものもあれば変わらないものもある。末っ子との関係のように好転するものだってある。
決してひとのあたたかさにフォーカスを当てた作品ではないですが、不思議なあたたかさと、空虚さを感じさせる切ない作品でした。
ラストシーンでタイトルが浮かび上がるところは屈指の見どころ。
いま生きる時間、大切な人と触れ合う時間、全て大切にしていきたいです。

このレビューはネタバレを含みます

ラストシーンでこの話が完結すると考えるとハッピーエンドと言えると思うけど、現実はそうもいかないのでこの先を考えるととても悲しい。
気持ちでどうこうできる物じゃないんだと痛感させられた。
Ak

Akの感想・評価

-
Still Aliceって題名がしっくりき過ぎて
最後にそれが映ったところで泣いた。
暦

暦の感想・評価

4.0
癌ならよかったって言ったとき考えさせられた
中盤のスピーチが終わってから終盤にかけての症状悪化はきつすぎた
人生見つめ直させる★★★

若年性アルツハイマーを患った女性を描いた作品。日を追うごとに進行していくアルツハイマーに恐怖を感じますが、いろいろ考えさせられる作品でした。
Sato

Satoの感想・評価

-
生き様を問われた気分。
短くてもキラキラ輝く人生を
送りたい。
記録。
ぼろ泣きしたような気がする。記憶を失って死んでゆくひとに興味がある。
(ネタバレ一切なし)
この映画は何を伝えたかったのか、そして何が素晴らしいのかはブログに掲載しております。是非閲覧してみてください。
https://pottereiga.com/?p=1619 ← タップで記事に飛べます。

それでは早速、「アリスのままで」の感想について結論から述べていきたいと思います。

想像の遙か上を行く映画で、めちゃくちゃ心に刺さりました。全く事前情報がなく、タイトルとジャケット画像だけでこの映画を観ることにしたのですが、とりあえず出会えて良かったです。

この映画を鑑賞したおかげで、ジュリアン・ムーアという女優さんのファンになりました。

「キングスマン2」や、「ラブ・アゲイン」にも出演していたのですが、その時は特に何も思っていませんでした。しかし、この映画における圧巻の演技力に唖然としてしまいましたし、この映画でアカデミー賞主演女優賞を取ったのは納得できます。

映画の内容については、"アリスのままで"というタイトルから、「全盛期を過ぎた女性が、若い頃に思い描いた夢に向かってもう一度努力する」みたいな感じの内容を勝手に想像していました。

しかし映画が始まって10分くらい経っても全く内容が分からず、「一体何を見させられているんだ?」と疑問を抱きながら鑑賞を進めていきました。

そしてようやく映画の内容が分かり始めてきたときに、「この映画は覚悟して鑑賞する必要あるな」と直感的に感じ取りましたし、タイトルの意味が分かりました。

久しぶりの80点以上(Filmarksだと4.0)の評価をつけた映画ですが、とても素晴らしい映画だったと思います。

ただ、満点ではない理由がしっかりとあるので、後でしっかりと説明していきたいと思います。

未鑑賞の方は是非鑑賞することを強くお勧めいたします。

それでは「アリスのままで」の超簡単なあらすじと自分の考えについて述べていきたいと思います。
変わらず自分らしくいつまでもいられたら。
そう願わずにはいられないけれど
生きることを重ねると、多くの人が避けられない
現実にぶちあたる。

他人事ではない
近いうちかも

その時、
周りとどうやって居られるか

考え出すと眠れなくなる

人は一人では生きられない
だから

覚悟を持って
前向いていくしかない

ボールドウィンの優しい笑顔や
挑戦を諦めないアリスに励まされる
Aya

Ayaの感想・評価

4.1
若年生アルツハイマーという病気を抱えた女性がテーマ。悲劇的な状況の中でも、温かい温もりを見つけられる映画。
>|