七つの会議の作品情報・感想・評価

「七つの会議」に投稿された感想・評価

tomoyo

tomoyoの感想・評価

4.3
池井戸潤原作、
映画「空飛ぶタイヤ」
ドラマ「半沢直樹」「陸王」「下町ロケット」「ノーサイドゲーム」
以上の作品の中でも特出して面白かった。
というか企業モノは2時間くらいの映画の方が予算が潤沢でキャストもより豪華で面白いのかもしれない。
野村萬斎の色んな演技が素晴らしくて引き込まれっぱなしだった。
誰が悪役か…と言うより日本企業の癌そのものに集約されていく様が良かった。
予告の「全日本人に問う、『働く事』の正義とは」に相応しい。
責任を負い続けること、正義を追い続けることについて問われ続ける。
日本は体質や空気や小さな環境に縛られ続け癌が発生し続ける。
野村萬斎の最後の独白も見ものだった。
haruka

harukaの感想・評価

3.6
歌舞伎役者と能楽師が映画の中で演技してるってだけでも絵になる。
ただ野村萬斎の演技のクセが強すぎてあまり内容が入ってこなかった笑
ストーリーもテンポが良くてよかったけど、ラストが弱かった。
ちょっと期待しすぎたところはあるかな。
KANA

KANAの感想・評価

3.7
池井戸作品が好きで、原作も読んだことがあったので、映画化を楽しみにしていました!
豪華俳優陣でしたねー☆
野村萬斎さんがたまに狂言っぽい感じでツボでした。
ドラマでみてたから、大枠のストーリーは実は知ってた。それでも面白かった。野村萬斎さんの演技力すき。
なるほど見せるね、との感じ。あっという間に見終えた。サラリーマンとしてはこの手の話は興味深い。野村萬斎も藤森慎吾もいい演技をしていた。ストーリー的には飛躍が大きい気もするし何となく空飛ぶタイヤが頭をよぎる。総合的には面白い。
ter

terの感想・評価

3.0
良くも悪くも池井戸潤。野村萬斎の演技は最初くどく感じたけど、観ていると次第に納得って感じも。WOWOWとか年末の二時間ドラマっぽい印象。
pinoco

pinocoの感想・評価

3.8
野村萬斎、カッコいい😍

七つの意味、、?
WEBネタバレから調べてみると、7という数字に意味がありそうだけど。
まぁ、そんなことより、面白いかどうかってこと。
野村萬斎に見惚れて、内容はどうでもよくなっていたけど、まぁ、私には男社会や会社組織のことはよくわからないな。
ラストの八角後が言ってることに全てなんだろうな。

キャストも、歌手や落語家、芸人さんや大物俳優まで、色とりどりでした。
何より、いつも目立つ存在の及川ちゃんが、普通の気の弱い会社員を演じてましたが、自然だったことに驚きだ。
ミッチー、名俳優の だったのねって、あらためて感心感心。

トータル、萬斎さんがカッコいい😍
たくま

たくまの感想・評価

4.4
邦画は今年はアルキメデスがNo. 1と思っていたけどそれに負けず劣らず名作だった
なにより使っているキャストたちが強すぎる笑
一人一人の高いレベルが脚本の質を大きくあげている
もちろん演出とかあってこそだけれど近年稀にみる名作であったと個人的には思っています
働き始めたらこういう闇の部分も見えるのかなぁ怖いなぁ
mineko

minekoの感想・評価

4.0
原作未読です。CMで気になり、野村萬斎さんが好きなので鑑賞しました。

池井戸潤さん原作の映像作品は近年ヒットしていますが、今作が初鑑賞でした。期待を裏切らず面白く、他の作品も観たくなりました。

藤森慎吾さんがハマり役ですね。
Katsufumi

Katsufumiの感想・評価

4.5
2019/151本目

野村萬斎の演技のクセ

藤原竜也の演技のクセには慣れましたが、野村萬斎の演技のクセが慣れない〜 笑

物語は企業社会の根

なくならないよね、会社の闇
>|