騙し絵の牙の作品情報・感想・評価・動画配信

騙し絵の牙2021年製作の映画)

上映日:2021年03月26日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

配給:

3.6

あらすじ

みんなの反応
  • 大泉さんの人間臭い演技が最高で、松岡さんもおもしろい。
  • 周りを固める役者陣もさすがで、豪華俳優陣が揃っている。
  • テンポが良く、あっという間の2時間で痛快さとスピード感を味わえる。
  • 騙し合いバトルという宣伝に惑わされたが、普通に面白かった。
  • 仕事への向き合いかたが根底に流れるテーマで、達成感がある。
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『騙し絵の牙』に投稿された感想・評価

Hiroking

Hirokingの感想・評価

3.5

〖小説実写映画化:人間ドラマ〗
塩田武士の小説を実写映画化の人間ドラマらしい⁉️
大泉洋をイメージして書いたって言うんだから凄い‼️
変な匂わせで、先が読めてつまらん…っていう作品とは違って、展開が…

>>続きを読む
シノ

シノの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

最初よく分からんかったけど
だんだん面白くなってきた
騙し合いバトル

松岡茉優良いなあ〜

池田エライザ可愛い〜
3Dプリンターで銃作るとか🔫すげ〜

KIBA


今、雑誌とかCDとか売れにく…

>>続きを読む
新

新の感想・評価

3.3
『騙し絵の牙』

爆発力のない伏線回収だった

【脚本】3.5 / 5.0
【演出】3.5 / 5.0
【配役】4.0 / 5.0
【映像】3.0 / 5.0
【音楽】3.0 / 5.0

このレビューはネタバレを含みます






“ え!もうおわっちゃう!”
と残念に思うほど、

気づけば没頭していて
テンポ感もとてもよかった ◎

なるほどなあ〜となる
どんでん返しが中々に面白かった
豆

豆の感想・評価

3.7

R6 No.26


出版社の内部闘争がテーマで見応えある。
ただキャスト的にも話的にもコメディチックさをもっと入れた方がより面白かったんじゃないかなと個人的には思う。まぁ、それは私の好みの問題かな…

>>続きを読む
TakuMori

TakuMoriの感想・評価

4.9

赤字にもかかわらず聖域とされる文芸誌部署の若手編集者(松岡茉優)。新社長が文芸誌を季刊に縮小したことで雑誌部に異動になり、上司である編集長(大泉洋)の攻め気で大胆な戦略に振り回されていく。
そしてそ…

>>続きを読む
よん

よんの感想・評価

4.1

ラストスパートから畳み掛ける展開が楽しすぎて、もう敵味方が読めない中数分毎に関係性や立ち位置が変わっていって楽しすぎ👌

飄々としながらも最後までしっかり要所要所を決める大泉洋がかっこよすぎました✨…

>>続きを読む
N

Nの感想・評価

3.6
仕事できる人かっこいい!話術も才能だな。
本ができる裏側はこんななのかなって考えると面白かった。神座先生の小説読んでみたい✨
ゆきち

ゆきちの感想・評価

3.4

途中まで
「いいぞ〜やれやれ〜」「エンタメ!!」
の気持ちで可笑しく観てたけど、
最後は「?」てなった

面白く挑戦してもダメなこともあるよ〜ってことかな🤔
あそこで対立構造?明暗?

続きがあるな…

>>続きを読む
Anna

Annaの感想・評価

3.0

大泉洋のひょうひょうとした演技だいすき
本屋とか出版社が舞台のストーリー
エンタメだとはわかってるけど、
こうやって本が作られてるのかなって思って
いつも本読む私にとっては、本選ぶのも楽しくなるって…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事