騙し絵の牙の作品情報・感想・評価・動画配信

騙し絵の牙2021年製作の映画)

上映日:2021年03月26日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「騙し絵の牙」に投稿された感想・評価

kskzara

kskzaraの感想・評価

3.4
会社もので面白かったけど、最後の方にクシャッと詰め気味を感じた。
シズク

シズクの感想・評価

3.7
大泉洋がずーっと余裕そうな笑み浮かべてなんでも挑戦しまくるのがよかった
確かに守ってばかりより攻める時は攻めた方が時には成功するよなぁ
松岡茉優が圧倒的に可愛い
UU

UUの感想・評価

3.7

何でもかんでもメディアミックスすれば良いってもんでもないよなあブーメラン。原作読んでないし、ネトフリで観てる時点で、分かった気持ちになって消費している側面もあることは重々理解しているつもり。原作至上主義であれば元のコンテンツも売れていくはず、、とは言えないくらいのスピードで日々は移ろいで行くからこそ時代性に合わせた宣伝や広告をしていかなければならんのよな。映画も近い場所に立たされている。

それでも映画産業は衰退してほしくないと常々考える。
kei

keiの感想・評価

3.8
好みの俳優さんたちがどんどん出てくる、でも全然お話見えないと思ってたら急に展開して楽しくなってた。

ポスターの字も読まず前情報なし、何にも知らずに見始めたおかげで面白かったと思う。ぼーっとしてたわたしの勝利。もっと見たいから原作本買おう
n

nの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

大泉洋さん、、やっぱりめちゃくちゃカッコいい!!

そろそろ、上司に対する7割の尊敬と3割くらいのキュンの感情に名前をつけて欲しい。好きだけど好きじゃないみたいな!早水さんにはそんな感情が湧きました。

本好きには堪らない出版業界の話。出てきた作品全部読みたい!バイバイでちょっと死ぬとか、左手に罪右手に罰とか。文学って人生に絶対に必要なものじゃないのに、でもここまでたくさんの人が関わって大きな組織としてある世界だと思うと文学様偉大だなと思った。文芸雑誌を買ってみようかなと思いました。
まるん

まるんの感想・評価

2.9
出版業界の権力争い。
人がいっぱい出てくるー

でも興味深いし面白かったです。
松岡茉優ちゃんかわいい。
最後まで目が離せません!
騙し合い、化かし合い、その中にあるピュアな思い。
それらが混ざることで意外な展開に。
いや〜面白かったです!
期待せずに見たけど王道ストーリーで面白かった
劇中歌が異常にかっこいい
mpc

mpcの感想・評価

3.9
出版業界内の出世生き残りレースのお話。

先細りの業界ながらえげつなさは流石
作家さんやタレントをあの手この手で(安く)使いきる二枚舌手法はもはやかギャグだね

別館があるこげ茶色い建物、ありゃ文藝春秋社だね

ストーリーとは関係なく文春帰りに良く行った麹町のカレーやさんに行きたくなった
🍛!
28

28の感想・評価

4.0
シンプルで面白い
予告見て期待すると物足りなさを感じるのかも
>|

あなたにおすすめの記事