ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

上映日:2017年05月27日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:114分
    監督
    成島出
    脚本
    成島出
    多和田久美
    原作
    北川恵海
    キャスト
    福士蒼汰
    工藤阿須加
    黒木華
    小池栄子
    吉田鋼太郎
    池田成志
    森口瑤子
    あらすじ
    ブラック企業で働く青山隆(工藤阿須加)は、仕事のノルマが厳しく精神的に追い詰められていた。疲労のあまり駅のホームで意識を失い、危うく電車に跳ねられそうになってしまう。すんでのところで青山を救ったのは、幼馴染みのヤマモト(福士蒼汰)と名乗る男。だが、青山には彼の記憶がまったく無かった——大阪弁でいつでも爽やかな笑顔をみせる謎の男、ヤマモトと出会ってからというもの、青山は本来の明るさを取り戻し、仕事の成績も次第に上がってゆく。そんなある日、青山はヤマモトが深刻な表情で墓地行きのバスに乗車するところを見かける。不審に思った青山がヤマモトについて調べてゆくと、何と3年前に自殺していたことが分かる。それではヤマモトと名乗る、あの男は一体何者なのか? その真実が明らかとなるラストに、誰もが涙する感動の物語。

    「ちょっと今から仕事やめてくる」に投稿された感想・評価

    ラノベみたいなタイトルだなって舐めてかかったらガチ泣きした😊本当にありそうな話で会社怖い😊福士蒼汰の設定は笑っちゃうけどああやって何でも笑って相談できる友達はかっこよすぎ😊何回でもみたい😊
    他の映画だと涙が出てくる理由がもっと説明できるんだけど、この映画はなんでかわからないけどめっちゃ泣いた映画でした。。。まだ自分の中で噛み砕けてない感覚。
    今の会社は私に合っていて楽しいので自分が重なった…とか、友人が自殺した…とかそういう訳ではないのですが。

    自殺ってどんな感じだろう…って考えるぐらいには心が弱った事があるので、そう、辛いのは自分だし、逃げたいと思ってる自分を認めないとだし、自分のために生きるのは当たり前なんだけど…そう思ってるのは自分だけじゃないって言うのを知ると、なんか他人が他人じゃなくなる感じ。ほっとするというか。

    …みたいな言葉にするのが難しい感覚が自分の中でぐるぐるして、涙が止まらなくなりました笑
    また明日から自分なりに楽しく笑って生きていけたらなぁーと思う作品でした。
    特に深さもなく、ありきたりなストーリーだなーと見ていたんですが、
    泣いちゃいました。

    深くないからこそ、日常に近くて、
    ふっと、自分大丈夫!世界は広いし、
    どこだってどの会社だって社会だって
    生きていける。そこが全てじゃない。
    大切なものを大切にしよう。それが守ってくれてるんだって
    肩の力が抜けました。

    生きていれば、なんとかなる!

    このレビューはネタバレを含みます

    あーーーーーめっちゃ旅行したい✈️
    バヌアツ行きたい🏖
    コブクロの曲良いなぁああ

    とりま..φ(・ω・*)メモ

    こんな映画を観ようと思うなんて行く前は病んでるのかしら?とか考えてたけど、久々に良い映画観た╰(*´︶`*)╯♡リリーさんまたもや怪演♡黒木華ちゃんもすごいなぁ。。ただ主人公の棒読み感がすごいし知り合いに似てて笑えた。
    コメディちっくなところも良いし、社会風刺的なところもあり、撮影場所が知ってるところばかりっていうのが見飽きなくて楽しめたポイント💡
    途中まではすごく良い映画で、もう号泣( ; _ ; )特に飛び降りるとこと家族と話すところ。

    その後のバヌアツの件りは中弛みしすぎて欠伸連発。いるの?!って思ってたけど、最終的にはバヌアツ行きたいぃぃぃってなるからしてヤラレタ/(^o^)\

    バヌアツ共和国ってどこなんだろうって検索したら、オセアニアの方で、去年スキューバダイビングに行ったニューカレドニアの近くで驚いた_(┐「ε:)_
    内容はどこかで見たことあるような展開の連続で物足りなさを感じたけれど、印象的な空の描写やバヌアツの景色がとても良かった
    今更ですが、「ちょっと今から仕事やめてくる」観てきました。気になってたんで。
    で、内容ですが、メチャクチャ普通。ホントこうなるだろうなって思う通り進んでいきます。演技も少しオーバーだったり、説明っぽいセリフがあります。
    が、メチャクチャ良かったです。人生について深く考えたかな?エンドロールのコブクロも良い。ドローンも効果的に使ってある。福士蒼汰の笑顔も素敵だわ。工藤くんはなかなかいい表情をします。
    今時こんなブラック企業ネーよ!とかツッコミながらも若い人には観て貰いたい作品です。

    #ちょっと今から仕事やめてくる #エアポートウォーク #ミッドランドシネマ名古屋空港 #福士蒼汰 #工藤阿須加
    泣いてしまいました〜〜
    わたしはここまでブラック企業じゃないけど、感情移入しすぎました。人生生きてさえいればはなまるなんだな〜〜


    そして黒木華、やっぱりいい役者さんだ〜〜
    追い詰められている様子がひしひしと伝わる。
    演技派の皆さんの中、福士蒼汰の関西弁の不自然さよ。もともと関西弁の役者さんにするか、標準語にするかしたほうがよかったんじゃないでしょうか〜〜


    2017.80

    このレビューはネタバレを含みます

    人間関係に疲れ、ストレス溜め込んでる時に観た。会社という逃げ場のない呪縛に縛られ、もがき苦しむ工藤阿須加君の姿に感情移入して前半胸が苦しかった。
    一番泣けたのは家族のいる山梨に帰省した時の場面。両親はいつも自分の味方であり、自分を一番に愛してくれていることを忘れてしまっていたことに気づき号泣するシーンでは涙が止まらなかった。
    自分が死ねば全て解決するわけではない、残された家族や親友はたまったもんじゃない。と福士君が言うシーンは彼の素性が徐々に明るみになる終盤につれてその言葉の重さを増す。
    ブラック企業の部長である吉田鋼太郎さんの熱演や黒木華さんの繊細な演技、森口瑤子さんの母親としての暖かみのある姿、どれをとっても良かった。
    >|