サムライと愚か者-オリンパス事件の全貌-の作品情報・感想・評価

サムライと愚か者-オリンパス事件の全貌-2015年製作の映画)

上映日:2018年05月19日

製作国:

上映時間:79分

3.9

あらすじ

2011年、雑誌「FACTA」のスクープと英国人元社長マイケル・ウッドフォード氏の不当解雇により、明るみになったオリンパス損失隠蔽事件。日本有数の大企業の一つとして、創業100年近くもの歴史を誇るオリンパスで何が起きたのか? 英国SFO(重大不正捜査局)や米FBI(連邦捜査局)を巻き込み、世界のメディアでも大々的に報道され、日本社会の隠蔽体質だけでなく、ジャーナリズムのあり方までも浮き彫りにした…

2011年、雑誌「FACTA」のスクープと英国人元社長マイケル・ウッドフォード氏の不当解雇により、明るみになったオリンパス損失隠蔽事件。日本有数の大企業の一つとして、創業100年近くもの歴史を誇るオリンパスで何が起きたのか? 英国SFO(重大不正捜査局)や米FBI(連邦捜査局)を巻き込み、世界のメディアでも大々的に報道され、日本社会の隠蔽体質だけでなく、ジャーナリズムのあり方までも浮き彫りにした事件の内幕に迫る長編ドキュメンタリー作品が『サムライと愚か者-オリンパス事件の全貌-』である。

「サムライと愚か者-オリンパス事件の全貌-」に投稿された感想・評価

ip

ipの感想・評価

4.0
スタッフに外国人が多いので仕方ないのかもしれないが、字幕やスーパーに脱字多すぎ(誤字は見当たらなかったが)。
ら抜き言葉を校正しないで作品にしちゃうってプロの仕事じゃないよ。あと、サイト立ち上げの話で紹介したURLが「olymusgrassroots」になってて、あえてpを抜いたのかと思ってしまった。

そういえば記者として愛用していたICレコーダーがオリンパス製だわ。2台目がまだ現役で今も使ってる。

日本人は頭が良く、義理堅く、真面目で作り上げるものは完璧。一方で、明らかな過ちを悪とできず、それどころか和を乱す者を悪にするおかしな文化がある。オリンパスだけじゃない。これをおかしいと言うことさえ和を乱すこととなり、わかっていても行動できない。

ウッドフォードさんや、彼を支えたサムライたち、あなたたちに腐ったオリンパスは似合わない。役不足だ。もっと貴く、あなたたちに見合う役が必ずある。
監督の舞台挨拶つきで鑑賞。
2011年に表面化した「オリンパス損失隠蔽事件」。
内部告発した元オリンパス代表マイケル・ウッドフォードやスクープした記者などの証言を元にいかに事件が明るみになったか内幕に迫ったドキュメンタリー。
もしジャーナリストを目指している人がいるならこの作品は観ることをお勧めします!

いかに日本の大企業体質が陰湿で責任の隠し合いがひどいのかを外国人の目線で描かれていく様が面白い。
「白」か「黒」か?
日本人が好む「灰色」な部分。
とても曖昧なぼやかし方が「サムライ」か「愚か者」かの差を生み出していく。
この映画を観る限りではオリンパスの上層部は本当に「愚か者」である。
「サムライ魂」など微塵もない。

マイケル・ウッドフォードが会長らに直訴しに行った時の話。
会議室ではすでに上層部が「寿司」を美味しそうに食べていた。そしてウッドフォードの席にはツナサンドが置いてあったらしい。
そんな情けない嫌味な行動をしている人たちが日本の大企業に君臨しているなんて情けない・・。

そして応援していた人たちも「賛成派するが、行動には移さない」。
でも自分のことに置き換えてみたら、確かに会社に不満はあってもなかなか言えないんだよなぁ。。
この作品を観たら少しは反旗を翻すのもありかも・・と勇気付けられる。
損失を海外ファンドに移し替える「飛ばし」など難しい専門用語も出てくるが、映像にこだわって見やすく作ってあります。

今作が長編デビュー作の山本兵衞監督の舞台挨拶での言葉メモ。
「実は監督がインタビュー中にウッドフォードが一度だけ怒ったことがある。それは他に方法はなかったのですか?と聞いた時だった。ビートルズの出身地、ビバプール出身のウッドフォードは大学も出ず小さな街から代表まで登りつめた稀有な人らしい。そんな彼も机の上には私物は3つまでと部下にも厳しかったという逸話もある。」

舞台挨拶で観客から肩書きの出し方など厳しい意見を浴びせられていた。
確かに褒め称えるだけの舞台挨拶も嫌だが、そこまで責めなくても・・公開処刑のようでなんか気分悪かった。作品は素晴らしかったのに残念。ふ
××/100点(敢えて採点せず)

本作の予告で
<日本人って何でこんなに卑怯になってしまったのか>とか
<日本企業が内向的、排他的と批判されるのは初めてのことではありません>とか
色々と日本人がバカにされていたので、「同じ日本人として、この事件の経緯を知っておかないわけにはいかない」という気持ちで劇場に行ってきました。
鑑賞後は、日本人が卑怯で排他的だと言う意見に全く反論する気が湧きませんでした。

---
2011年7月、雑誌『月刊FACTA』の調査スクープ記事により、オリンパス株式会社のM&Aにおける不審な会計取引が指摘されたことをきっかけとして明らかになった不正会計事件・<オリンパス事件>の全貌を描く。
同社はバブル崩壊時〜リーマンショック時に発生した巨額の損失を全く公表せず、3代に渡る歴代の社長主導で、不正会計を実施。損失を粉飾していた。
本ドキュメンタリーは、当時の社長・マイケル・ウッドフォード氏やFACTAの編集長、調査報道を主導した記者等、事件の公表に関わった人々へのインタビューを基に、事件の全貌を明らかにする。
---

マイケル・ウッドフォード氏は、オリンパスの不正を正し、会社を守るために行動しました。にも関わらず、事実を隠蔽しようとする役員達によって社長職を辞任させられたのです。

この事件は、外国人社長が日本人の役員達によって解任させられたという点を理由に、「日本人は〜」という大きな主語で語られがちな節があるんだと思います。
それでも、<日本の文化が持つ負の側面>を象徴する事件であることは確かだと思います。

その中でも本作で特に大きく取り上げられるのは、
『和を乱すものは排除するor見ないふりをする側面』です。
仔細には触れませんが、今年の国会もそんな感じだったので、「確かに」と納得せざるを得ませんでした。

作品タイトルの『サムライと愚か者』は、ウッドフォード氏がこの事件を通して感じた日本人観です。
「ウッドフォード氏を支持してくれる<サムライ>達もいるのに、不正を隠したり見て見ぬ振りをする<愚か者>に成り下がってしまっている日本人も数多くいる」
という見方です。
個人的には、日本人に限った話ではないとは思いますが、それでも自分は<愚か者>にはなりたくないなと思います。

そうすると、<サムライ>しか道はなさそうですね。「ハードル高そうだなぁ」と思ってしまう私はやっぱり<日本人>的なんでしょうかね…。
オリンパス事件が何か、全く知らないで見たけどめちゃくちゃ面白かった。
だからなんのことか知らないけど面白いものみたいなってあなたが思ったなら、これより下を読まずにとりあえず観たらいいとおもう。(大してネタバレでないのでネタバレボタンは押さない)

ウッドフォード寄りで菊川元会長サイドにインタビューできてないのがノンフィクションとしては惜しいなあと思うものの。

菊川森が寿司を食べている時に出された「ツナサンド」とか、菊川のデスクトップ画面は日本人にありがちな服を着せられたプードルだった、とかしんどい内容なのに笑けてくるようなディテールが最高。

終盤、興奮気味に菊川を罵りまくるウッドフォードに対して、菊川は本当は悪い人間ではないのだと淡々と語る宮田さんとのコントラストもドラマチック。

あなたが彼らの立場ならどうする?
「本当にあった話」って強烈なカード。
粉飾を指示した側、内部告発した側の両者に中立的な立場で描かれてるなーという印象。

文章の解説も極力少なくしてるらしくわかりやすい。

脈々と受け継がれてきた悪しき慣習を断ち切るのって難しいんだな。銀行にも手を回して動きを封じるのはエグい。日本語がわかればっいうのはたしかになーと思った。銀行側にはお飾りとしかみられてなかったんだなー。
誰がサムライか愚か者か?若い頃はサムライだった者たちも、愚か者に変化することは十分あり得る。

自分はサムライだと思っていたとしても、実はサムライになり切れていなかったのが、ウッドフォードを助けた元オリンパス専務でしたね。
繋がりを切りたくない、もうこれ以上はできないと判断した時点で、もうサムライとは名乗れない。

保守のために黙り込む、全員で示し合わせる、日本企業文化の最たるもので、そこから抜けない者同士で支え合う。江戸から変わってないのだから、この先200年くらいは変わらない。そしてその間にたぶん日本は朽ちるので、その時慌てたらいいんじゃないですかね?(苦笑)
オリンパスによる損失飛ばし事件のドキュメンタリー映画。事件発覚当時は新聞やマスコミを通してある程度知っていたが、改めて時系列的に話を聞くと前代未聞のとんでもない事件だったことが良く分かる。この手の映画はドキュメンタリーで勝負するのか、再現フィルムで構成するかは賛否両論が分かれるところ。構成は非常にわかりやすく、事件の予備知識がなくても理解できます。オリンパスの関係者側の言い分も聞いてみたかった。
「江戸が終わったと思っているのは江戸の人だけだ!」随分前に東北の爺様から聞いた言葉。
本作の中でも日本の企業は、江戸時代と同じ、殿様を守って家臣は愚かな判断も呑み込むと指摘されている。

オリンパスの巨額不正事件、所謂飛ばしと言われる損失隠しとそれに関連した外国人社長解任の顛末を、当事者のインタビューで綴るドキュメンタリー。

日本企業の外国人社長と言えば日産のカルロス・ゴーン氏。
ソニーのストリンガー氏は業績悪化の原因になったように思うし、ソフトバンクのインド人後継者はお金払ってサヨナラ…って、(´-ω-`)

人口減少で超高齢化の日本、働き手は減る一方だから異なる価値観、異なる言語、異なる文化の多様な人々と共に働く覚悟と仕組みを整える事が迫られている。

オリンパスを解雇された英国人元社長マイケル・ウッドフォードが悪者扱いする菊川元会長。在任中の2011年までに、巨額の損失を精算し会社を立て直した。その後辞任、訴追されるも私腹を肥やした訳ではないと実刑は免れる。
日本人はこの人を本当に悪人と断罪出来るのか。


かく言う私の中にもサムライと愚か者が同居している。
まず、OLYMPUSには特段の思い入れはない。カメラやレンズはSIGMA一筋で、ビッグカメラで製品デモを触った程度。記憶の限りで一秒たりとも株主になった事はない。医療面では知らぬところでお世話になってるかもしれない。
今作はご存知、『OLYMPUSの巨額損失隠し事件』にまつわるドキュメンタリーで、解雇された元CEO、外人(GAIZIN←差別用語)社長のウッドフォード氏の独白を軸に描かれる。中立的かどうかという問題はあろうが、心底彼が不憫に思えてくる。体良く言えば組織改革のための外人社長の抜擢だが、実態はリストラ策を推進させるための捨て駒とも見て取れる。無価値に思える国内の休眠会社の買収に端を発し、ファクタ誌が不正会計疑惑をスッパ抜き、ウッドフォード氏の目に止まる。当事の会長である菊川氏をはじめとする役員陣に説明を求めた矢先、緊急役員会により「独断専行的で、コミュニケーション不全」という理由でCEOを解雇される。日本自体が排他的かつ隠蔽体質なのは今に始まった話ではないが、一連の事件を通して、根の深さ、日本の機関投資家の“幽霊”ないしは“空気”感もよくよく感じさせられる。近視眼的ではなく、いや、本来的に正しく、組織のために動こうとすると潰される。繰り返すが、今に始まった話ではなく、そして日本企業や日本における一定集団が変わらない泥沼のような風土である事を今作および、この事件を通して突き付けられる。
「日本企業のもたれ合いが日本経済に大きな損失をもたらしている」と言う、ウッドフォード氏は臆病で逃げ出したのではない。臆病な彼らが追放したのだ。一方で、菊川氏が本当に悪人だったのか、渡された腐ったバトンに決着をつけなければという思いは当然あったはずだ。
「私はあなたのプードルではない」二者は決定的に決別したが、真相は暴かれ、考える機会を得たぶんOLYMPUSにとっては良かったはずだ。
2015年制作だそうだが、日本公開は今。ごく小規模で…。ドキュメンタリーとして出来が特別良い訳ではないなど、いろいろ思う所あるが、チャンスがあれば観てほしい。

※監督インタビュー備忘メモ
http://rooftop.cc/interview/180530185255.php
やん

やんの感想・評価

3.8
非常にテンポもよく、経理とかわからない人にも分かりやすい構成で、
素直に面白かったです。
日本のサラリーマンなら、どちらの立場であれ、多かれ少なかれ思うところがあるのではないかと。「会社を守る」とは...?
寿司とツナサンドは笑えました。
>|