さくらんの作品情報・感想・評価・動画配信

『さくらん』に投稿された感想・評価

ぴす

ぴすの感想・評価

3.0
映像美が突き抜けている。ストーリーは漫画の方が楽しめるかな。
とし

としの感想・評価

3.1
よくも悪くも蜷川ワールド全開。
もはや女性の身体をよく撮る女性監督というイメージ。
写真家もやっているだけあって、画面の色使いは綺麗。特に赤っぽい色が映えている。

土屋アンナさんは見た目に関してだけ言えばそんなに好みではないのだけど、主演に土屋アンナさんを据え、音楽に椎名林檎さんを起用したことは、蜷川監督の創る世界観にはマッチしていたように思う。

ストーリーとしては「人間失格 太宰治と3人の女たち」の方が面白かったかな。

22-275
ステンドグラスが張られた遊郭に、椎名林檎の歌うジャズ系の音楽がかかる。江戸時代に類似したパラレルワールドの様だった。内容というより映像や音楽を楽しむ映画。本当にワンシーン・ワンシーンが美しい。海外受け良さそう。
33

33の感想・評価

-
子どもの頃に大人のお姉さん達と一緒に入浴して、まるで誑かすためかのように豊潤に形作られた女体を何体も何体も何体も目前にして咄嗟に自分もいつかああなってしまうのかって気持ち悪くなるシーン、すごく印象的だしグロテスクで衝撃的。でもそういう瞬間とてもわかる 

鑑賞途中の為執筆中
よつ

よつの感想・評価

5.0
土屋アンナの掠れた声とビジュアルがすごく良かった。
毒毒しい色合いも印象的。
めめ

めめの感想・評価

3.5
内容はさておき映像美を楽しめた。キャスティングも世界観に合ってて良い。
蜷川実花の奇抜で独特な作品に興味ない人には多分全然面白くない気がする。
伶

伶の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

土屋アンナ、ハマり役すぎる。
超パンクだけど切なくてもどかしい感じが胸がギューっとなるし、妖艶で極彩色で、どこを切り取っても美しくて、とにかく大好きな作品。
椎名林檎も蜷川実花も土屋アンナも大ファンな私にとっては鼻血モン。
序盤の飛び蹴りが個人的に1番好き笑
みあね

みあねの感想・評価

4.0
安野モモコの漫画の実写映画。原作と映画は別シナリオとなっている。

時は江戸。8歳で遊郭へ売られてしまった少女は「きよ葉」の名を与えられる。少女は自身の拠り所もなく、不安と恐怖に押しつぶされそうになる日々を過ごす。しかし、世話を任された花魁の手練手管に乗せられて、いつしか着実に地位と名誉を手に入れた。何をどうするかを無意識にこなせるきよ葉は男共を虜にした。そんな状態でも、きよ葉の心は踊らない。冷めた心のきよ葉の前に、1人の男がやってきた…

好きな漫画の実写版。シナリオは違うけど、コレはコレで好き(*´ω`*)芸術性が高く、目でも楽しめる作品。豪華キャストも見どころポイント!
ふせん

ふせんの感想・評価

1.0
面白いとか面白くない、という前に"映画"としてあまりに未熟だと感じる。

写真は一瞬を切り取る芸術だと思うのだが、その一瞬をパラパラ漫画のごとく繋げただけの印象。

キャストや音楽をみて、お金が掛かっているのが分かるだけに苦い気持ちになる。きっとこの作品より酷い映画に出会うことはないだろう。
つるこ

つるこの感想・評価

3.0
留学先の映画の授業で鑑賞。

色の使い方、影響についての授業だったので、蜷川実花さんの色使いが授業内容にピッタリだったみたい。

飛鳥ちゃんに気がつけなかった、、、。あとは成宮寛貴さんと安藤政信さんカッコ良い、、。

結構な人数でこの映画をみたけどなかなか気まずかったし、この映画を授業に使うのは(内容的に)さすが海外だなという感じ笑
>|

あなたにおすすめの記事