さくらんの作品情報・感想・評価・動画配信

さくらん2007年製作の映画)

上映日:2007年02月24日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.2

あらすじ

「さくらん」に投稿された感想・評価

 うん。女性が撮る、吉原の世界はどうなのかちょっぴり期待したが。映画の中に出てきた金魚鉢の金魚同様というところだろうか。

 ただ、こういうジャンルの映画を撮れたことは大きく賞賛すべきだろう。
momoko

momokoの感想・評価

-
タナダユキだったんだって言う驚き!!
小さい時見てたら親が部屋入ってきて気まずくなった記憶!
今見ても世界観が可愛いすぎる!
椎名林檎はナイス選曲!
ng

ngの感想・評価

3.3
土屋アンナが好きなので視聴🎦
安野モヨコ×蜷川実花の世界観はマッチしてたと思う。だけど蜷川実花ワールドがどうも私には合わない様。
原作読みたいです
nori007

nori007の感想・評価

2.0
安野モヨコ原作とは!こんな歴史ものを描いてたんだなぁ。
その世界を蜷川実花監督が作るという。画面は赤を基調としたあでやかな極彩色。
そこにジャズや椎名林檎の曲を乗せてるのですごくポップな絵柄である。

今回「MINAMATA」の美波さんが出ているので見たのだが、主演の土屋アンナが良くないね。
べらんめえなキャラはわかるが、可憐さや美しさにかける。なので女性としての魅力はないよな。これ土屋アンナと美波のキャラが完全に逆にすればよかったな。

ストーリーも、かなり特別すごいことが起こるでもなくかなり退屈な話であった。

この映画で一番良かったのは菅野美穂のエッチシーンかな。
pinkuiro

pinkuiroの感想・評価

3.3
内容より映像美。遊郭ならではの色遣いとか金魚の描写が綺麗。
桜、さくらん、咲く乱、錯乱…
蜷川実花の色彩豊かな映像美と椎名林檎の音楽を楽しむ作品。
アルバム「平成風俗」のMVかと思わせるくらいに世界観がドンピシャリ。

吉原遊廓を舞台としてはいるが、だいぶ史実とは違っていると思われるので、歴史小説のように思ってみない方がいいかな。

演出や演技はちょっと厳しいと思うところが多々あったものの、夏木マリや石橋蓮司といったベテラン勢の演技力はさすが。

一場面一場面が芸術作品のように美しいので、目の保養には非常におすすめ。
やっぱり映画というよりもMVかな...。
kanakoooo

kanakooooの感想・評価

3.5
何年ぶりかに見返したら、映像や演技にチープさを感じてしまった。
みんなセリフ棒読み。

蜷川実花のセンス・色彩感覚は抜群だと思うし、静止画で観るとどのシーンも原色の洪水が美しくて素敵なんだけど、映画としての評価は、
...うーん。

土屋アンナはきよ葉のイメージに合っており、元モデルなだけあってすごいオーラ。
でも主役を張れるほどの演技力があるかというと疑問。

木村佳乃さん演じる高尾花魁はとても良かった。
momo

momoの感想・評価

3.0
蜷川実花さんなので映像が綺麗
花魁の世界に浸りたい時に観るべし

このレビューはネタバレを含みます

主題歌「カリソメ乙女/椎名林檎」
オープニングテーマ「迷彩/椎名林檎」「錯乱/椎名林檎」「ギャンブル/椎名林檎」「花魁/椎名林檎」「茎/椎名林檎」「夢のあと/椎名林檎」
エンディングテーマ「この世の限り/椎名林檎 椎名桔平」

手練手管

惚れるも地獄、惚れられるも地獄
色がなければ生きていけないこよ世界
Sixman

Sixmanの感想・評価

2.6
蜷川実花監督は、芸術家🎨。鮮やかな色使いは、映像としてとても綺麗だったと思う。ただ、映画としての演出面では微妙だったかな😥(血飛沫のシーン等々)
音楽は椎名林檎が担当したとあって、カッコいい。映像と合っているかどうかは別として。

土屋アンナは目力が凄かったが、演技はうん、まぁ・・・といった感じ😅ちょくちょく、“土屋アンナ”が顔を出すんだよな。それよりも菅野美穂・木村佳乃の体当たりな濡れ場が印象に残った。あと、子役の演技が少し気になった😔

物語としては、可もなく不可もなく。小栗旬や小泉今日子、ガレッジセールのゴリなんかが物凄いチョイ役で出てる。(原作者安野モヨコの旦那、庵野秀明も一瞬出てました)
>|

あなたにおすすめの記事