人間失格 太宰治と3人の女たちの作品情報・感想・評価・動画配信

人間失格 太宰治と3人の女たち2019年製作の映画)

上映日:2019年09月13日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.3

あらすじ

「人間失格 太宰治と3人の女たち」に投稿された感想・評価

お市

お市の感想・評価

3.0
うーん、綺麗だと思うカットもあったけど演出過剰だったような感じがする
二階堂ふみさんよかった
smile

smileの感想・評価

-
太宰治好きだからこそ惹かれなくて見てなかったけど、やっぱ見とくか、、と思って見た。けどやっぱりなって感じだった。音楽、映像、花、わざわざ太宰治で見せる必要ない。
KotaroKudo

KotaroKudoの感想・評価

3.5
スゴいセンスの人はやっぱ人としては欠落してたり壊れたりしてる人が多いのかなー。
二階堂ふみのキラキラした顔も死んだ目の顔も良かった。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.1
人間は恋と革命の為に生まれた

太宰治の障害は
愛着障害
境界性人格障害

精神かつ酒にタバコに女

二階堂ふみ役の女も
精神障害だろうな

太宰治は
恋をすることで
愛を壊して
文字を書くことで
残した

人間失格
Aya

Ayaの感想・評価

3.5
顔面強すぎぃ〜。
色彩が最高。
断れない人なんだなぁと思いました。
人間失格読んでみようかな。
最後の妻への手紙泣けました。
一番好きなセリフは「マリアは清いから何をしているかわからない」です。
何度も言う。顔面強。

このレビューはネタバレを含みます

妻の宮沢りえ、愛人の沢尻エリカと二階堂ふみ。キレイすぎるメンバー。ラストの吐血シーンが綺麗だった…‥
のり

のりの感想・評価

4.5
小栗旬の色気が爆発。大正時代の儚さを映像美で見事に表現していたと思う。
稲

稲の感想・評価

3.5
原色(とくに赤)の使い方に蜷川実花を感じる作品。私自身が信じられないほど太宰治を通らずに生きてきた人間なので、自己破滅の闇の奥に鈍く光る魅力みたいなものを感じ取れず、本当に人間失格に思えて、十分には楽しめなかった。
序盤の退廃的な空気感が愉快で(坂口安吾が出てくるところとか)、強い酒を手に取りながら紫煙を燻らせたくなる感覚はなんとなくよかったかも。ただ、そういう表現だろうからまったく問題ないのだけど、中盤から後半にかけてきっと無意味なのではと思えるシーンが散見され、ところどころ集中力が途切れた。一方で、集中力が途切れながらも最後まで観られたというのは「おい太宰、いつ死んでしまうんだ!?」と思わせる引きが随所にあったからなのかなと思っていて、そこはこの作品(というか太宰の人生?)の興味深い点。
忙しなく現実世界を生きなくてはいけない時期に一区切りついたタイミングで、日常に文化的なものを取り入れるためのリハビリとしてふんわり観るのにはうってつけの作品。
ラスト、心中に追い込まれる時に、太宰治が女性に流される感じが情けなくてコミカルで良かった。

宮沢りえが雨上がりの物干し竿をちゃんと拭いてるところも「あー、映画ってこういう細かい仕草の積み重ねだよなぁ」と実感させられた。
Atsuya

Atsuyaの感想・評価

3.4
どうしようもない太宰治。
ただそこが彼の良さである。
2022-127
>|

あなたにおすすめの記事