人間失格 太宰治と3人の女たちの作品情報・感想・評価・動画配信

人間失格 太宰治と3人の女たち2019年製作の映画)

上映日:2019年09月13日

製作国:

上映時間:120分

3.4

あらすじ

「人間失格 太宰治と3人の女たち」に投稿された感想・評価

あーつまらん

マジでこの監督の作品はつまらない

この作品に関しても小栗旬が沢尻エリカと二階堂ふみをひたすら抱いてるだけで

小栗旬しか美味しい思いをしてないという

後半は暗いシーンばっかりで何も見えんし
映像が美しい。太宰治がイケメンすぎる。あの前髪がたまらない💕
小栗旬の指が素敵。
「命がけで恋…する?」って聞かれたら
いやぁ、落ちちゃうょ。
実話に忠実。太宰治の本名とか女性の名前とかお子様の名前とかも。
「斜陽」とか「人間失格」とか読んだことあるけど、印象が違うかも。
もう一度読んでみようと思った。
まこと

まことの感想・評価

3.5
蜷川実花監督作
太宰治の人生を描く 結婚していて子どもを身ごもった妻がいるのに次々と不倫をする太宰治を小栗旬が好演 監督色は弱めの今作だからこそ見やすくなっている 太宰治といえば人間失格というイメージだが日本の教育では走れメロスが使われてるイメージ そこのイメージ差がある人には衝撃的な内容だと思う
天才だからこそ理解されない 理解されないからこそ理解を求め恋を求める そしてどんどん深みにはまっていってしまうんだろうな 飲み会をしているときに周りであわせてバカ笑いする編集者達
そこで本当に理解しようとしてくれてたのは成田凌演じる編集者だけだった
他には奥さんだったんだろう そんな奥さんにも虫のくだりでも相手にされなくなった太宰 自業自得だけど理解されないのはつらい いや理解されたがでももう我慢の限界だったのかな
みねる

みねるの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

するめ?
最初は退屈に感じていたけど,話が進むに従ってなかなか面白いと感じるようになっていった

映像は独特で不気味だったり…
こういうのを映像美というのかわかんないけど,好きな人には好まれるんじゃないかと思う

まあ…人を選びそうな気はするかな
最後まで観終わって結果そんなに悪くはなかったけど,個人的には全体的になんか苦手な感じ…
めこ

めこの感想・評価

3.0
そもそも不倫相手の家に行くな?!だけど
もし行ったとしても片付けだけはするな!?
IS

ISの感想・評価

4.0
「大丈夫、君は僕が好きだよ」

「あんな臆病者殺したって死ぬもんか」

「あなたはもっとすごいものが書ける、壊しなさい、私達を」

色彩がすごい
くし

くしの感想・評価

3.4
思ってた倍面白かった。恥ずかしながら原作読んでないのでデフォルメ具合がわからないのが残念。アウトプットの為のインプットとして人生を位置付ける。壮絶だなあ。
Yuya

Yuyaの感想・評価

3.7
(kāma-mithyācārāt prativirataḥ)
“不邪婬戒”に則ってみれば
そりゃ “人間失格”でしょうね
尤も 突き詰めた芸術家にゃ
良識なんぞ あってないようなもん

太宰の不埒な悪行三昧とて
覚悟ありき 女の修羅道に比べりゃ
かくも器の小ささが垣間見え
流石は 女流監督の文筆だわな
愛欲さえ花柄で彩ってまう 艶っぽい毒は
いと禍々しき也 さりとて美しいものだ

安定の小栗旬を 脱げて喘げる女優で囲って
ツボを抑えた脇役のピンポイントな配置
文字通り “豪華絢爛”な映画だよなぁ

堕ちた身にも気付かんと 嗤けり者は阿呆と言えども
身を堕とした先を地獄と知った挙句に
見上げた天上を綴れる者は やはり才人か

伊馬春部や三島由紀夫の登場も
文壇ファンには嬉しい限りだし
藤原竜也の坂口安吾は うん まさに悪魔的だな
4747

4747の感想・評価

3.5
赤色の表現が印象的。
意外にも赤が出ている時は死は近くなく、青になると死んでいる。

内容は過激だが、そう感じなかったのは何故なのか?自らを人間失格と評し、どこか自嘲気味の太宰治というキャラクターが、どこまでも道化を演じているように感じたからかもしれない。
omizukayo

omizukayoの感想・評価

2.9
蜷川ワールド全開ですね!

小栗旬にピッタリの役でした。

女達の、恋に溺れる感じが幸せそうで羨ましかったな。
>|