ビューティフル・ボーイのネタバレレビュー・内容・結末

「ビューティフル・ボーイ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ドラッグを続ける不安定なニックを支えたお父さんの愛に大拍手。薬に溺れて壊れていくニックを演じたティモシーシャラメにも大拍手。実話と聞いて驚き。ドラッグをやる描写が何度も出てくるけれど、じわじわ蝕まれてるニックが生々しくて妙にリアルだったなあ。薬物恐ろしい〜
ビューティフルボーイでした
本当はいい人なのに
ドラッグで人格が変わっちゃうから怖いよね
私もちょっと人格変わってみたいけど
流石に手出さない
大学行ってハッピーエンドだと思ってたけどそうでもなかった
でも、最終的に8年間シラフは凄いわ
決して見放さない両親とお兄ちゃんが大好きな兄弟。それだけで十分幸せなはずなのにね、父の息子に対する何としても更生されてあげたい熱量は、それがニックに裏切られる度に時間差で胸を打つ。
庭付き豪邸にいる時はそれで幸せなんだけど、そこから離れた時の寂しさを埋めるためにドラッグに再び手を出してしまったニック。泣きながらも溺れていく様にドラッグの恐ろしさを感じた。
ティモシーキャラメの吸った後の恍惚な表情は『日本で一番悪い奴ら』の綾野剛の恍惚感とはまた一味違ったニュアンスで青年故の生々しさがあった。

決して時系列から外れてはいないけどちょいちょいややこしいカットがあったな、それに慣れるまでは音楽も浮いて聞こえた。
すべてをこえて愛してる。

“君の問題はなんだ”
“―アルコールと薬物依存”
“それは問題から逃げる手段だ”

間の取り方、音楽、カーチェイス、薬物
すべてに引き込まれた。独特な世界だった
ニック役のティモシーが本当にドラッグをやってるのかのようなリアルな演技で見てる方が辛い。
ステップマザーのカレンがニックを車で追いかけるシーンで親の苦しみや支えを振り切ってでも快楽のためにそのまま走り去るニックたちの姿がとても悲しい。
すごく現実的な話でした。
ティモシー演技うまいし、なによりも家族愛が感動しました。お父さん最後までずっと見守ってくれて(特に雨の中探しに行っているところ)ずっと泣いてました😭🥺
ティモシー美しい…
映画自体もすごく美しい。
家が素敵すぎる。
起承転結がくっきりあるわけじゃないけどリアルな映画だった。

海の兄弟で話すシーン好きだった。


薬ってマジで周りも潰すよなぁ〜はあ〜なんか最後にかけて救いがなさ過ぎて本当にしんどくなった。
ラストもよくあるハッピーエンドじゃなくてほんとうにリアル。怖いなぁ。、
一度依存してしまったら立ち直ることは容易ではないんだな。見ていて辛くなった。一度徹底的に見放され、死ぬ間際までいかないと治すことはできないなんて恐ろしい。それにしても日本版ポスターの感動モノ狙いすぎ感はどうにかならないものか。
終わりの見えない長い暗いトンネルに放り込まれ一歩一歩ゆっくりと足を前に進めているような、そんな映画。

反省した、もうやらない、この言葉を父親は何回も聞いたのだろう。現在の息子とのシーンで度々過去の回想を挟むのが心にくる。父と息子の合言葉のような"すべて""すべて"の台詞の意味を理解した瞬間涙が出た。

エンドロールが流れ始める前に"薬物過剰摂取は50代以下の死因の一位"という一文が表示され、これはノンフィクションであり今現在苦しんでいる人が多数いることを感じ改めてゾッとしたな…
この映画の何が凄いか、それは映画の中では薬物に勝った人間ではなく、薬物に負けた映画を演出している所である。
それだけ、薬物という恐ろしさを伝えたいことが分かる。
ティモシーシャラメという美しい存在、子供達の無垢な笑顔、映像美によって、この世界の濁りが際立っている。
ティモシーシャラメという役はこのビューティフルボーイというタイトルにうってつけだと思う。外見はさることながら演技も素晴らしい。
最後の病院から出るシーン、外は明るかった薬物から抜け出す事を映画として暗示しているのかな。実際に8年シラフに成功してるとのことだし。
>|

あなたにおすすめの記事