処方箋を乱用する者たちの作品情報・感想・評価

処方箋を乱用する者たち2015年製作の映画)

Prescription Thugs

製作国:

上映時間:86分

3.3

「処方箋を乱用する者たち」に投稿された感想・評価

山椒

山椒の感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます


Netflixで配信終了間近のため視聴

ドキュメンタリーなので
かなり攻めたところまで
切り込んでいている。

医師が麻薬の売人に
見えてしまうことや
薬を使う人が中毒者になってしまう
現代社会の闇

誰にでも起こりうる身近な闇の入り口

ベル兄弟
プロレスのジョバーで痛めつけられて
鎮痛薬の中毒者になってしまった

凡人になることを恐れて
薬に手を出してしまう。
一度スポットライトを
浴びてしまってその快感に
戻れなくなりボロボロになっても
続けるという人を日本でも沢山みる。

仕事で生きるために薬を飲み
結局死んでしまったマイケル…
弟もめちゃくちゃムキムキだ…
重量挙げやってるんだ

WWEの人たちなんだか
みんな危うそうに見えた

5錠だった薬が90錠になるのに
時間はかからないことが怖い。

みんな飲むから飲むという群れの恐ろしさ
どこの薬局でも手に入れられる簡単さ
収益になるからとドンドン売る医者

違法薬物は使うと捕まってしまうけど
処方薬という合法薬物は
捕まらない上にこれに依存してしまうと
結局は違法薬物と
変わらない中毒者になるし
子供のためにと親が与えるケースも
多いから親も気付きにくいのが闇。

犬用の抗うつ剤まであるのは
はじめて知って驚いた…!
抗うつ剤をのんであわないと
自殺願望や殺人願望が出るのは
映画の世界ではなく現実世界の話だと
淡々と説明してるのが恐ろしい

今回はこの兄を亡くしそれをきっかけに
インタビューの映画を
作ってる彼そのものが
抜け出せてないってところが
警笛を鳴らす作品として良かったと思う
タビ

タビの感想・評価

-
怖いです。
アメリカは依存社会なんやなと😓

患者は最初はケガの痛みを取る為に鎮痛剤を処方される。どんどんエスカレートして20種類近くの薬をのむことになる。
そして、依存しやめられない😱
死に至る人も出てくる。

ある意味、麻薬よりタチが悪い。
だって製薬会社から販売され、医者が処方するんだもん。
製薬会社は金の亡者だ。
病気を良くするより、いかにして治さず服用を続けさせるかを考えてる。

良い薬もあると思う。
ただ、良薬も度がすぎると毒薬になるよね。

日本ではここまでの事は無いと思うけど、消費者である私達が賢くならなければと、考えさせられました。

私も安易に薬を飲む方なので😅
また、ネトフリでアメリカの薬物乱用問題ドキュメンタリー。
この手の題材が多いところをみると、アメリカでの薬物問題は本当に深刻なんでしょうね。

ちょっと話は変わりますが、
先日ヴィーガンの親が子供にヴィーガン食を強制して栄養失調にさせているケースが少なくないとネットニュースで見ました。その記事で「しかし、アメリカの栄養なんちゃら学会は問題ないとの見解を示している」という文章があったのですが、ネトフリのドキュメンタリーを見ていると、医学に関してはアメリカの学会こそ信用出来ないよなぁ……と思いました。
処方箋薬にしても何にしても、企業利益優先なイメージがついてしまっているんですよね(汗)

インタビュー映像の中でとっても印象的だったのは、
娘のアデロールを、娘の病気は治ったからもう薬はいらないのと嘘をついて奪って自分で使った母親。
そしてその母親はアデロール依存になるわけですが、前提からしておかしすぎ。娘の薬を奪おうと思ったその思考がありえない……。
私の周りの価値観では、「処方薬は本人の為に出されたものだから、他の人は飲んじゃだめだよ」という考えが多くて、日本でもその考えが主流だと思うのですが、アメリカだと「〇〇を飲めばハッピーになれるよ」という情報が周知されているので、処方薬に対する抵抗が無さ過ぎるんでしょうね。

薬物乱用って言葉だけだとイメージしにくいですが、薬物耐性がついてきて服用量が増えると90錠を飲むこともあるようです。そりゃ死ぬわ……。

ラストは薬の依存だけではなくジャンクフードやカフェインなどの依存についても言及されています。どれも”依存性”が問題になっているものばかり。
最近は健康志向の電子タバコなども出てきましたが、私は健康的じゃないかどうかより”依存性”が問題だと思っているので、「健康的だから吸ってもいいよ」と暗に言っている電子タバコはニコチン依存を推進させると思っているので批判的です。

伊藤計劃さんの『ハーモニー』という小説が好きなのですが、未来の人々は自分の健康に関して非常に関心を持っていて、アルコールはおろかカフェインですら害悪として描かれています。近い未来、その小説のように、カフェインも危険なものとして認識されるようになるのかなぁと思うと感慨深いです。

私も一時期は明らかにカフェイン依存症で水分は全てコーヒーで摂取するような生活を送っていましたが、ある日これじゃダメだと思い、今はコーヒーはおろかエナジードリンクやコーラなども避けるくらいカフェイン無しな生活を送っています。結果的にとても快適。「コーヒーが無ければ……」なんていう考えはまやかしだったんですよね。
カフェインですら離脱症状が酷いのに、薬物を断つ辛さは想像を絶します。依存性のあるものの販売に対して、企業も消費者ももっと敏感になるべきですよね。
YUI

YUIの感想・評価

3.3
日本では処方された向精神薬で依存ならあるのかな、、、、
SNSで余った向精神薬を譲ったり売ったりしているのを見かけたことがあるけれども。
薬を扱う医療者として日本の処方薬や麻薬の乱用の現状について、とっても興味が湧きました。
家族に処方された薬で中毒者になる事例は日本であるのかも気になる。

日本では医療用医薬品の広告は禁止されているから医療用医薬品の薬の広告がない代わりに、最近「こんな症状があったら、〇〇かも。お医者さんに相談を!」みたいな疾病の広告が増えてきていて、
この広告がいいのか悪いのかはわからないけど、製薬会社が薬売りたいんだなと思える笑
Quinn

Quinnの感想・評価

2.1
すすめられない
(I am clearly against “profit supremacist” though!) A good and well-known topic. That’s why I wish it could described the true nature of this problem thoroughly and carefully so that there’s no room to misunderstand the whole picture that isn’t straightforward. As an entertainment? OK. As a documentary? Big no-no. Seemingly only some catchy facts and figures were used to get attention on purpose (or actual f&f may be over the production team’s capacity of understanding? If so, understandable why they jumble up with other topics). Not a pity. Rather poison, ironic.
のぶ

のぶの感想・評価

4.0
アメリカの人口は世界の5パーセントなのに世界の75パーセントの処方薬を消費している
「ステロイド合衆国」の監督が前作よりわれわれにとって重要かつタブーな問題に切り込む
違法ドラッグばかり規制して、政府に金をばら撒いて危険な処方薬は簡単に審査を通っている
医者は麻薬の売人と同じか?

はじめは痛め止めなどからはじまり、副作用を止めるために、薬がどんどん増えていく
一つの処方箋を使い回せば麻薬みたいにハイになれる量だって手に入る

マック、スタバ、コカコーラ・・・この映画は依存こそが問題だとしている
ここまでじゃないが、日本も人ごとじゃない
Gematsu

Gematsuの感想・評価

-
wobenzyem
omega 3
を常用しProbiotic-3にも手をつけようとしてる私も中毒者みたいなものか、、医者には行かず良質な食生活だけで健康に暮らせたらそら幸せだし理想だが現実は。。
chisa

chisaの感想・評価

3.2
自らの家族の体験を元に
アメリカ食品医薬品局と
製薬業界を取り巻くドキュメンタリー

実際この映画を撮る事で
副作用が強い薬や
危険な薬のネット販売に
規制をかけることができた様ですが
(が強い目的だったぽい)

副作用を知らずに
安易に薬に頼る人は多い
気がついた時にはもう遅い
ドクターは病気を治そうとする一方で
薬の売り上げ、製薬会社との癒着など
日本でもあるあるの話だった