バスケットボール・ダイアリーズの作品情報・感想・評価

「バスケットボール・ダイアリーズ」に投稿された感想・評価

ryomtzw

ryomtzwの感想・評価

4.0
完璧なレオも好きだけど、本作のように朽ちていく哀れな役を演じている方がどちらかというと好きかもしれない。
linktak

linktakの感想・評価

3.4
前から知ってた訳ではなく、ツタヤでなんとなく借りてみた作品。
青春映画というよりか薬物の恐ろしさを教えてくれる社会派な作品。
小中高の授業とかでよくドラッグの怖さを伝える映像とか観せられるけど、この映画を観せるのが一番手っ取り早そう。

かなり辛い内容だったけど、ディカプリオの演技が凄まじかった…。相変わらずイケメンだしそれだけでも観て損はない。

マークウォルバーグも出ててびっくり!彼の場合色んな作品を観てもどうしてもテッドが浮かんでしまう…笑
美少年時代のレオ様の青春映画。

だから、ジュリエットルイスはどこへ??
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.8
ディカプリオの美少年ぶりと言ったら!こう言うのは逆に思春期の子に見せた方が良いんじゃないかと思ってしまうほど、10代の転落具合がリアル。
けいち

けいちの感想・評価

3.9
不良レオ様がたまらない作品
哀れな役どころで美しさが余計に映える映える
me

meの感想・評価

4.2
若者の傷つきやすい心と脆さがレオ様という美しい被写体を通してよく表されています。
最後が良く出来た話みたいになってるけど、実話なんだからしょうがない と思った
はぐみ

はぐみの感想・評価

3.9
ディカプリオ大好きになるきっかけ。繰り返し観たのでセリフが頭に残ってる。
のん

のんの感想・評価

3.5
若者の心こんなもろいのかぁと思った、

友だちが亡くなるとか、私には経験がないけどキッカケ1つでだめになるのは怖い
oshi

oshiの感想・評価

2.9
死のギリギリを生きていた。でもそれが、生をより強く感じた。
どんなに堕落しても手を差し伸べてくれる人がいてくれてよかった。
ほのこ

ほのこの感想・評価

4.0
おくすりこわいね映画だった…。こわいね…。

正直レオ様目当てで見たんだけど、想像以上に心が削られた。
レオ様の演技力が半端ない。あの綺麗なお顔が苦痛に歪み、泣き叫びながら正気を失ってゆく様は見てられなかった。
てかこの頃のレオ様ほんとに少年って感じでほっそい!!細すぎ!!

ジムはどうしようもないヤク中だったけど、それでも救おうとしてくれる人がいたのは彼にとってほんとに幸運な事だったね。
>|