キャンディの作品情報・感想・評価・動画配信

「キャンディ」に投稿された感想・評価

映画を見終わった後、オープニングのシーンを思い出した。
ぐるぐる回り続ける二人。遠心力で身体が壁面に貼り付く、あのクラッシックなアトラクション。
まるで洗濯槽の脱水みたく大勢で一斉に回るんだけど、はしゃぐ二人の瞳には誰も映らない、愛し合う彼らだけの世界。
しかしあの興奮が延々と続き、止められないまま二人の中で回り続けているとしたら…。
あの冒頭シーン。私には、彼らのこれからを暗示していたように思えたなぁ…😢😢。

ヒースは史上最強のダメダメ男を演じていて、「ひょっとして、素?」&「いるいる。こういう人…😩😩」の世界。
にしても、どうしてダメダメにはこう、ミョ~な愛嬌があるんでしょうねぇ、。
当人、決して「彼女を陥れてやろう、イヒヒ…」などとは思っていないんだけど、でもこういうタイプに関わると、気付けば人生奈落の底。しかも抗うことなく、自らすすんで堕ちて行くんだろうなぁ、、😢。

彼らの行いは、客観的にみれば呆れてモノがいえないんだけど、どうしたわけか二人を憎めないのが不思議ちゃん。
それは多分、若さの中にある愚かさや美しさに私は強く惹かれているから、かもです(決してヤク中になりたいわけではなくて…😅😅)。

そんな訳で。これはもしかしたら若い人より、ある程度トシを重ねた人間の心に沁みる?作品なのかも💦
萌

萌の感想・評価

3.8
画家を目指すキャンディに恋に落ちたダン
お互い愛し合いながらもドラッグに溺れていく、、

やめれるときにやめたくない
やめたいときにやめれない
まさに天国と地獄のよう
克服したい気持ちがあるのに体が求めてる
我慢すればするほど精神がやつれていく姿を見てるのが辛い
キュンとする場面はあるけど全体的に重いな〜
ラストの決断は正しいと思う
重たく、暗い、男女が堕ちていく物語。

当時第2の二コールキッドマンとかどこかで紹介されていたアビーコーニッシュ×ヒースジャー共演。

ドラッグ依存と葛藤する姿が2人とも迫真の演技で、どれだけ苦しいかというのがよーく伝わる。

やめられるときにやめないで、ドツボにはまって本当ににやめたいときにはもうやめられない。

これを見てもドラッグやりたいと思うだろうか?

とにかく痛々しい。ドラッグのみならず、窃盗や売春にも手を染める。どんどん墜ちていく。

アビーコーニッシュが精神を病んでいく様を生々しく演じ、ヒースレジャーもろくでなしのだめ男を演じてる。

見ている方もかなりツラい映画だったけど、すばらしいね。
rumrum

rumrumの感想・評価

3.8
2006年のヒースレジャーの主演のキャンディ。
薬物から抜け出せない2人。
綺麗に描いているから悲惨さはないかな。
アビーコーニッシュさんって初めて観たけどめちゃくちゃ可愛い。
May

Mayの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ラストシーンがとても印象的。
久しぶりにキャンディに会ったダンが自分がキャンディをダメにしていたことに本当に気づき、お互いのために別れを告げるのが観ていてとても切なかった。
彼女の身体も人生もメチャメチャにしておいて、もう一度、一緒にやり直そうなんて烏滸がましい話ですわ!
なんて思ってたから
最後の彼の判断は正しいと思います
まい

まいの感想・評価

3.6
ジャンキーカップルのわくわく青春映画かと思ってみたけどばか重かった。重量級すぎる。リーピングラスベガスと同じくらい重たい
マサリ

マサリの感想・評価

3.0
やめられる時にはやめたくない
やめたい時にはやめられない

ドラッグだけじゃなくて他のものにも当てはまると思う
切なくて苦しい
taka181

taka181の感想・評価

2.5
ジャンキーカップルの壮絶な天獄と地上と地獄を描いているというのに、なんでこんなに無味無臭なんだろう。逆にすごいことなのかもしれない。
sml

smlの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

ヒースが最高というスコア。

印象としてはかなり重たいしダンはクズ男の極みだし始まりはちょっとした好奇心から人が堕ちるところまで堕ちていく様が描かれていて辛い
ただ、ヒースとキャンディ役のアビー・コーニッシュが美しいし可愛いしでどんなにクズで犯罪紛い(というか犯罪)な事をしていても愛しく見える不思議。二人の愛は純愛だと思った。

やめられる時にはやめたくない
やめたい時にはやめられない

怖い

それにしてもヒースは最高。
>|