フロントランナーの作品情報・感想・評価・動画配信

フロントランナー2018年製作の映画)

The front runner

上映日:2019年02月01日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

3.2

あらすじ

『フロントランナー』に投稿された感想・評価

ゲイリー・ハートは偽善者では?
浮気してOKなら、離婚したってOKという姿勢なら納得出来るので、政策重視しろという意見にも納得できるし投票も出来るが、そういうボーダーが曖昧な人を指導者に据えたら、どこかの判断で逆に進むかもしれないから、先行きがどう変わるか分からず不安
そういう人間性を暴くためにマスコミは機能したって事だよね…映画作製者の意図はわからないけれども
YasTkg

YasTkgの感想・評価

5.0
いつの時代から同じことを繰り返す。

スキャンダルに沸く国民

 くだらない

ってつくづく思う。
Mao

Maoの感想・評価

3.5
ヒュー・ジャックマン作品で今作は観ておらず気になったため鑑賞😊


アメリカ大統領立候補者の中でフロントランナー(最有力候補者)であるハート(ヒュー・ジャックマン)のキャンペーン活動中。
ある1本のタレ込みから事態が急展開。



鑑賞始めから、あまり楽しさが分からず淡々と観ていましたが、展開が変わってからジワジワと物語の楽しさが分かってきました😊✨

政治家だけではないですねど、注目される人たちって本当大変だな〜と思いました😅

でもキャンペーン中にそれやるなんて、ちょっとアホじゃない?😅💦
それにタレ込みした人も、気持ちは分かるけど、、っていう感じ。


でもやっぱり1番悪いのはハートかな?💦
自己中過ぎて、久々に見るイライラする役のヒューでした😂笑
一生懸命、キャンペーン活動の手伝いをする仲間たちにさえ何も話さず、、そりゃ信頼関係は崩れていくよね😢💦

自分は凄いって自信があることは良いことだけど、自分1人で成せる仕事じゃないからな〜。
もっと出来たことがあったんじゃないかな、と思います😢

でもやっぱり頭がいいからマスコミやゴシップネタに食い付く議員への切り返しが上手い!👏😊✨

それにしてもマスコミの本当クズさ加減💨ハートよりイライラしちゃいました😱

色々考えちゃいました!
面白かったです!😄🎶
Yoshiharu

Yoshiharuの感想・評価

2.5
不倫しても仕事ができてれば、そりゃいいかもしれないけど、印象は悪いよね。
それにしても、この人、最も大事な時期に脇が甘すぎ。というか、米国の議員にとっては日常で大した事でないかも。
でも何でこれが映画になったんだ?
Toku

Tokuの感想・評価

3.0
気になった言葉
まだいるわ。私には同情しても、結局は人事なのよね。

気になった音楽たち
Music by Rob Simonsen
It Had to be You/Chyvonne Scott
Foreplay/Long Time/Boston
Head Over Heels/Tears for Fears
It’s A Love Thing/The Wispers
Winter In/Gene Clark
1988年、アメリカの大統領選に立候補したゲイリー・ハート上院議員。史上最年少の46歳で大統領選に立候補し、おまけにハンサムだった事から、当時は大統領に最も近いと言われていた(パパ・ブッシュと大統領選を戦った人)。
タイトルの『フロントランナー』とは、選挙における最有力候補者という意味。

結局、この人、女性問題で失脚してしまうのだが、映画が本人目線でもないし、奥さん、家族目線でもないし、新聞記者目線でもなしで、
いったい誰目線で描いているの?と思ってしまった。
強いて言うなら、ゲイリー・ハートの選挙事務所スタッフ達の呆れた感じが一番強かったかな。

アメリカの選挙スタッフって、仕事も辞めて選挙の1年前から候補者のために精魂尽くして働くらしいんですが、
ハートさんが「なんだよ、これ位のことで」とスタッフ達に謝る訳でもなく、一人で拗ねてたし、
これじゃあスタッフさんもやってられないよね…と思いました。

結局、この映画観ても、ハート上院議員の人となりが“女にだらしない人”という事しか、分からない映画でした。
A

Aの感想・評価

1.5
内容が好みではないから面白くなかった。
ヒューのあの髪型はダサいけどそれでもかっこよさは隠せないね。
anguish

anguishの感想・評価

2.3
Front Runner=最有力候補

1988年の大統領選挙に立候補していたゲイリー・ハートの伝記映画

★前情報は必須、私は健全なる選挙映画と思っていたので場違いな映画観ちゃったなぁが、中盤からスキャンダルで追い詰められて行く。ゲイリー・ハート(ヒュー・ジャックマン)の中の人がホーリー・ナイトか!って言うぐらいリアルも当てられる役も優しい人柄が反映された役が多くてそんな当たり前のストーリーに退屈でした。後半からあれよあれよと沼にはまって行く、そこがメインであり「人の不幸は蜜の味」だが映画にするほどの内容ではない、もしくは出来が悪い。

20191005-22(215)
よし

よしの感想・評価

3.5
米国大統領選挙で最有力候補となった男のスキャンダルに関するお話し。最初は順調な選挙戦の話しだったけど、スキャンダル発覚からはドロドロとした感じの話しになりました。選挙戦のタイミングでスキャンダルを捕まれる男も男だが、記者達の取材のエスカレートも酷すぎに感じます。大統領候補は既に公人なので仕方無いのでしょうけれど、家族も含めてプライバシーがあまりにも無さすぎで可哀想でした。個人的にはあまり趣旨が伝わらず興味を惹かれませんでした。どちらかと言えば大統領候補側の目線ではなく、あの黒人記者の目線での映画を観てみたいと思いましたね。
JACKMAN

JACKMANの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ノンフィクション。
浮気をしたのかどうか結局は分からず仕舞い。
ゲイリーは政治家に私生活は関係ないと言い切るが、果たしてそうなのか?
ゲイリーを擁護しているのか、非難しているのか分からないが、映画はあくまで事実を語っているだけか…
>|

あなたにおすすめの記事