ザ・シークレットマンの作品情報・感想・評価

ザ・シークレットマン2017年製作の映画)

Mark Felt: The Man Who Brought Down the White House

上映日:2018年02月24日

製作国:

上映時間:103分

あらすじ

権力には屈しない 相手が大統領であっても― 大統領を辞任に追い込んだ 内部告発者、FBI 副長官が 30 年目に明かした衝撃の実話 。

「ザ・シークレットマン」に投稿された感想・評価

普通は立ち向かうのが難しい権力に、立ち向かう話で、私は好きです(^O^)
Strauss

Straussの感想・評価

4.4
大統領の陰謀と合わせて見ると、さらに面白いと思う。リーアム・ニーソンと気づくのに時間がかかった。これは面白かったのでまた観たい!
Sayaka

Sayakaの感想・評価

3.9
ウォーターゲート事件を題材にした映画はいくつかあるけど、これは主人公の俳優さんが魅力的でどんどん惹きつけられた。
biblos

biblosの感想・評価

3.0
見る側の問題だけど、もう少し史実を知っていた方が楽しめるかも。
それを知らないと楽しさ半減。
sakiolsen

sakiolsenの感想・評価

3.7
実話だというから驚いた。きっと世の中には知りすぎてはいけないことがたくさんあるんだろうなと感じた。
全体的に暗く淡々と進むが引き込まれた。
れいこ

れいこの感想・評価

4.4
飛行機の中で。Deep Throat. 凄い面白い。最近Watergate系の映画多い。
こにし

こにしの感想・評価

3.7
リーアムニーソン名演。それにしても、これがディープスロートだったのか。。。
久しぶりにアクション映画ではないリーアム・ニーソン見ました。ウォーターゲート事件の実話ベースのお話。

FBIのNo2であるMark Felt氏が主人公だけど、いかんせん前知識がなさすぎた。。。ニクソン大統領のことや、FBIの位置付けなど、ある程度知った上で鑑賞することをお勧めします。

後で色々と調べて、なるほどと感心しました。こんな事があったのね。関連しそうな他の映画も観てみよう。
実話ベースのアメリカ政治スキャンダル物。70年代の名作【大統領の陰謀】と対を成す内容で凄く興味深い。リーアム・ニーソン久々のノンアクション。見るべき映画!
なお

なおの感想・評価

4.0
リーアム・ニーソンの力演が光る。

ウォーターゲート事件は、アメリカ史上特筆されるべき政治スキャンダルで、その動機やカラクリは長い間、解き明かされることがなかった。

組織の中で生きることの難しさや、長年 組織の一部になって生きてきたことの純粋さ、外部から組織が侵されそうになったときの防衛本能、すべてが描かれている。
>|