候補者ビル・マッケイの作品情報・感想・評価

「候補者ビル・マッケイ」に投稿された感想・評価

kinako

kinakoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

選挙に立候補した男の選挙活動を描いた映画。彼を「支える」スタッフの思想的介入によって、どんどん彼の考えが消えていく。信念がなくなった後の彼は、自分の思想が消滅していた。
Leo

Leoの感想・評価

-
この映画を明日観ようと思って眠りにつくと、どこかの市長に当選した夢を見せてくれる映画。

"Politics is bullshit."

"What do we do now?"
ロバートレッドフォードこの頃乗りに乗ってたけど政治色強い作品結構出演してて意外に硬派です。
中盤以降、支持率が上がってくるに連れストーリーの面白さも増してるように感じた。
ラストのセリフが意外だと一瞬思ったけど、そういう作品なのか!と理解したら納得。

2021-804
Jimmy

Jimmyの感想・評価

3.0
池袋・文芸坐で鑑賞。(『大統領の陰謀』との2本立て)

「選挙映画」というのは、当時、珍しかった気がする。

格好良さなどで大統領候補にされるロバート・レッドフォード。
周囲の操り人形的存在となり、「自分は何なのか?」疑問を抱くあたり、哀しい候補者がいたものだという感じだった。

大統領候補にまつりあげられた男の悲哀を感じる映画だった。
少し時代を感じる。昔の良き時代の選挙戦か?ラスト·シーンの台詞は最高!!
QI

QIの感想・評価

3.2
目前に迫った米大統領選にちなんだ時事ネタレビューw

主演はロバート・レッドフォード

本作は大統領選ではなく上院議員選挙を描いていますが、アメリカでは政治家は自らの意志で生まれるのではなく、作られるものだということが実感できる作品。

アメリカの選挙はまさに“頭脳ゲーム”
そして有権者を巻き込んだ盛大な“お祭り”

アメリカの政治家は経済的に成功した人たちの名誉職のようなものだと言われていますが、莫大な選挙資金が動くにも関わらず、日本のようにそこにネガティブなイメージが付きまとわないのはそれが理由のような気がします。

つまりアメリカでは選挙もビックビジネスなのでしょう。

自分の意思ではなく周りに祭り上げられて候補者になったものの、次第にその使命に目覚めたかのように選挙戦を戦うビル。

劣勢に陥った彼はスタッフの予期しない行動に出て劣勢を挽回し勝利を手にしますが、結局は彼らのあやつり人形になっていた事に気づきます。

本当の勝利者は選挙をビジネスにしている人たちだったという、アメリカの選挙の裏側を垣間見せてくれる作品でもありました。

今回の大統領選も本当に勝利を手にする人たちはいったい誰になるのでしょうか?w

p.s.
本人役でナタリー・ウッドが出演しているのも見どころです。
Robert

Robertの感想・評価

4.7
ロバート・レッドフォードコレクションとして鑑賞。
風船ガムを膨らます主人公のジャケットカバーの意味がわかる内容です。
候補者の物語50%、キャンペーンコンサルタントの物語50%の作品ではないでしょうか。
際立つのはロバート・レッドフォードがカッコイイということ。奥さん役、カレン・カールソンが綺麗。70年代アメリカが理想とした夫婦の形でしょうか。
選挙映画はいくつかありますが、アメリカのテレビドラマ「West wing」を観るとさらにアメリカの選挙戦がビジネスだと圧倒されます。このドラマはマーティン・シーンがカッコイイ。チャーリー・シーンが病むのを同情してしまうくらい父は強よし。
選挙の映画というとここから20年前の「オールザキングスメン」などがありますね。選挙を経て政治の話となるとまた凄い数でしょう。「スミス都へ行く」が好きだなー。ジェームズ・スチュアート!・・こちらはレッドフォードです!

********
アカデミー受賞作品を観よう174(1972年第45回脚本賞)
********

アメリカの選挙は映画のように事細かに役割が決まっているんですね。

まあレッドフォードだ!ってことで。今回はこれでおしまい‼️
てつじ

てつじの感想・評価

3.5
選挙戦の舞台裏をシニカルな視点で風刺しながら、ビルのスピーチには政治家の本来あるべき姿を示唆している。それもすべてメルヴィン・ダグラスの手の内。
>|

あなたにおすすめの記事