静かなる情熱 エミリ・ディキンスンの作品情報・感想・評価

静かなる情熱 エミリ・ディキンスン2016年製作の映画)

A Quiet Passion

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:125分

3.4

あらすじ

19世紀半ばのマサチューセッツ州。家族と離れ、女子専門学校に通っていたエミリ・ディキンスンは、学校での福音主義的な教育に疑問を持ち、周りからも孤立していた。そんなある日、家族がエミリを迎えにやってくる。弁護士の父は、彼女を家に連れ帰り、兄オースティン、妹ラヴィニアと過ごさせる事にしたのだ。生家で過ごす静寂の時間の中で、ひたすらに詩を綴るエミリ。そしてその詩は、父の口添えもあり、地元新聞に初めて掲…

19世紀半ばのマサチューセッツ州。家族と離れ、女子専門学校に通っていたエミリ・ディキンスンは、学校での福音主義的な教育に疑問を持ち、周りからも孤立していた。そんなある日、家族がエミリを迎えにやってくる。弁護士の父は、彼女を家に連れ帰り、兄オースティン、妹ラヴィニアと過ごさせる事にしたのだ。生家で過ごす静寂の時間の中で、ひたすらに詩を綴るエミリ。そしてその詩は、父の口添えもあり、地元新聞に初めて掲載される。だが喜ぶエミリに対し、編集長は「有名な文学は男の作品で、女には不朽の名作は書けない。」と皮肉を返すのだった。やがて時は過ぎ、花嫁を連れて帰ってきた兄夫婦に息子が生まれ、ディキンスン家は幸せに包まれていた。しかしそんな中、南北戦争勃発により、世界が変わり出した事で、エミリの心境にも変化が現れ始め…。

「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」に投稿された感想・評価

アメリカの詩人エミリ・ディキンスンの伝記的映画。

すごく自分を持ってる人だなってのが率直な感想。
キリスト教(というか魂についてかな)に対する彼女の考え方は共感もてましたね。
周りからは偏屈扱いを受けてましたけど、思考停止して右にならえのあんた達の方がよっぽど偏屈じゃんって思っちゃった。
自分の世界というか理想が高すぎるせいか、暴走気味な面も多々ありましたけど、私は彼女の生き方嫌いじゃない。

彼女の様々エピソードに重ねて、詩の朗読が挟まれるんですけど、これがまた素晴らしいんですよ。心の声をストレートに伝えてくるんです。
これはすっと入って来ましたね。

そういえば小説はそれなりに読むんですけど、詩集って読んだことないなぁ~
この映画見たら絶対エミリ・ディキンスンの詩集が読みたくなりますよ。
今度本屋さん行ったら探してみようかな。
ぷりん

ぷりんの感想・評価

3.2
一人の女性として 魂に正直に生き抜いた詩人エミリ・ディキンスン。
全く存じ上げず 大変失礼しました。アメリカ国内では かなり有名な詩人の方だとか…。
アーリーアメリカンの時代に こんな風に生きづらさを持っている女性がいたんですねぇ。おおらかで人間性を豊かにたたえてビックドリームをつかみ取っていく 黒か白かはっきりとしたストーリー仕立てのアメリカ映画とは違って、信仰をメインに据えているせいか 「~ねばならない」という慣習に縛られながらも 自分のありようを純粋に追求していく生き方は お見事…ですが、見ている私は、疲れました。
もう一つ、アメリカ国内の福音派と言われるキリスト教右派の方々の信仰のありようや強さの源泉は この映画のベースになっているのではないだろうかと感じておりました。
ディキンスンが住まう建物の周りに広がる 直線的な林 建物の黄色い壁 緑の下草 家屋の中に抑えめにしつらえてある家具 消費大国アメリカとはまた違った面を 映像の中であじわっていました。
Yuuki

Yuukiの感想・評価

3.8
良い映画だけど、シンシアニクソンが若い女性時代を演じるのはかなり無理ありでした。どう見てもおばあちゃんで…熱演でしたが。。
エミリーディキンソンの詩集が読みたくなりました。
mimo7391

mimo7391の感想・評価

3.9
いつの時代も女性は結婚しているかどうかで判断されるもの。狭い世界の中で自分の中の弱さや醜さと戦いながら生きていく辛さがとても伝わってきました。
律子

律子の感想・評価

3.1
詩人としての静かなる情熱を描いているというより、だんだん拗らせている経過?と感じてしまったのは、わたしの未熟さかな。

矛盾に対して従順じゃなく反抗的なところは良かったけど、潔癖で意固地で閉じこもっている描き方がつらかったな。うーん。
時代もあるけれど。

成長しないことの気高さ、という評価は素晴らしいと思った。
Sou

Souの感想・評価

3.6
高尚な本を読み終えたかのような感覚を得る映画。詩や倫理に対する脚本は素晴らしい。ただそこまでこのエミリディキンソンが好きになれなかったのでこの評価。詩人としては好きだが1人の人間としてはユーモアではない皮肉たらしいとこやヒステリーなところが個人的にNG。あとエミリ役の女優が佐々木蔵之介に見えまくる。
shuco

shucoの感想・評価

3.5
SATCのミランダが19世紀のアメリカの詩人、エミリーディキンスン役を好演。
しきりに容姿のことを言ってたところが女優さんとして大丈夫?って思ってしまったけど。
お兄さんに、1週間でも女になったら奴隷制度の意味がわかる…みたいな発言をしていたので笑ってしまった。
妹が一番まともに思えたけど、まともじゃ心に響く詩は書けないんだろうな。
知らない詩人さんだったけど、パターソンのセリフにも出てきたくらいだからきっと有名なんだろう…
birragatti

birragattiの感想・評価

3.2
恥ずかしながら彼女の事は知らなかったので、お勉強も兼ねて鑑賞。

若い時の信仰や体制に対する反抗心というのは好感的でしたが、年を重ねるにつれてそれが辛辣に、高圧的になっていく様がリアルでした。
実際のところ、こういう方だったのかどうかはわかりませんが、ただ、劇中で読まれる詩の数々は心を掴まれるものばかりでした。

今で言うところの「偉大なる腐女子」様。
真弓

真弓の感想・評価

3.2
キリスト教徒としのとか、男と女の縛り等、昔の人がそれをなくそうとしている戦いのような映画
頭を使わないと理解するのが難しい
けれどもどこか心が打たれる作品
詩集を読む習慣がないが、キリスト教の自己犠牲を愛とする矛盾と正面から向き合った詩人だと凄く良くわかった。
最初はバベットの晩餐会を彷彿とさせる思いもしたが、想像の域をでないが詩と向き合う時、自己犠牲の精神から入ると内省を伴わず、全て自己を混ぜず描く事象は批判を前提となり、やはり闘争的になりやすくなるので、人の為に尽くす事を誠としたバベットの晩餐会とは全く別の次元の話だった。
それでもこれだけ有名な詩人を正面から描ききった監督の峻烈な芸術意識に非常に共鳴した。この監督の他の映画も見たくなった。
>|