静かなる情熱 エミリ・ディキンスンの作品情報・感想・評価

静かなる情熱 エミリ・ディキンスン2016年製作の映画)

A Quiet Passion

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:125分

3.4

あらすじ

19世紀半ばのマサチューセッツ州。家族と離れ、女子専門学校に通っていたエミリ・ディキンスンは、学校での福音主義的な教育に疑問を持ち、周りからも孤立していた。そんなある日、家族がエミリを迎えにやってくる。弁護士の父は、彼女を家に連れ帰り、兄オースティン、妹ラヴィニアと過ごさせる事にしたのだ。生家で過ごす静寂の時間の中で、ひたすらに詩を綴るエミリ。そしてその詩は、父の口添えもあり、地元新聞に初めて掲…

19世紀半ばのマサチューセッツ州。家族と離れ、女子専門学校に通っていたエミリ・ディキンスンは、学校での福音主義的な教育に疑問を持ち、周りからも孤立していた。そんなある日、家族がエミリを迎えにやってくる。弁護士の父は、彼女を家に連れ帰り、兄オースティン、妹ラヴィニアと過ごさせる事にしたのだ。生家で過ごす静寂の時間の中で、ひたすらに詩を綴るエミリ。そしてその詩は、父の口添えもあり、地元新聞に初めて掲載される。だが喜ぶエミリに対し、編集長は「有名な文学は男の作品で、女には不朽の名作は書けない。」と皮肉を返すのだった。やがて時は過ぎ、花嫁を連れて帰ってきた兄夫婦に息子が生まれ、ディキンスン家は幸せに包まれていた。しかしそんな中、南北戦争勃発により、世界が変わり出した事で、エミリの心境にも変化が現れ始め…。

「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」に投稿された感想・評価

4

4の感想・評価

4.7
この人生が終わる時に
あなたと私の命が確かにあるのなら
この世を果物の皮のように捨て
永遠を味わうでしょう
みお

みおの感想・評価

3.2
あー難解集中できん!序盤は思ったけど
神父さんのあたりから面白くなってきた
エミリのあの感じ、思ったことは言うてしまう、自分のコンプレックス、妬み嫉み、生きづらさ...めっちゃわかるし自分を見てるようやったわ
昔も結婚しない人はいたやろうけどいまのそれよりも筋金入り感あったな
エミリと会話したらコミュ力磨かれそう

オースティンのくそっぷりはすごかったな
skm818

skm818の感想・評価

3.6
エミリ・ディキンスンの生涯。この人内気で大人しいイメージがあったけど、実際は違うみたいだな。映画を見る限り、潔癖で理想主義的で辛辣なこじらせ女子じゃねえか。フェミっぽいところもあったみたいで、当時の世間の空気にはちょっと合わなかったんだろうねえ。
この映画自体にフェミ視点入ってるみたいで、エミリを献身的に支えた妹や兄嫁、友人、お母さんなどが魅力的に描かれている。最初の方に出てきた説教くさいおばさんですら憎めない感じ。てかエミリって、このおばさんに性格似てね?
むちゃくちゃ結束固い家族で、こういう家庭だったらほんま出て行きたくないかも。
兄の浮気の言い訳呆れてしまうが(それ以前にリビングで本番するな )、こういう感覚の男今でもいそうだよな。
Mana

Manaの感想・評価

3.2
エミリー・ディキンスンはちょっと神経質すぎて、近くにいたら疲れる人って感じ^_^;
パンフレットの解説によると、ディキンスンの特徴を強めるために、ところどころ史実通りではなくエピソードをいじってるとのこと。個人的には若い頃は子供達が自分の意思があることを喜ばしく思ってた父親が、年を取ってからは随分高圧的になってしまってたのがショック。
mike

mikeの感想・評価

4.0
アルテリオ映像館で字幕版を鑑賞。E.ディッキンソンは19世紀の詩人で、生前は数篇の詩しか発表していなかったが、死後に千篇以上の詩が公開されると19世紀最高の詩人という評価を受けたとか。彼女については「Wild Nights」という詩に畠山美由紀が曲をつけた歌で知ったが、昨年読んだ「戦死とアメリカ」という本の南北戦争がアメリカ文学に及ぼした影響の章でもエミリのことが大きく取り上げられていたっけ。映画では自己と正面から向かい合い、安易にプロテスタントの教えに流されなかった姿が印象的だったな。
nobue

nobueの感想・評価

4.0
映画は丁寧でよく考えられた画面に満たされる感じ。この映画を観てから、『パターソン』に「エミリ・ディキンソンが好きなんでクールね!」というセリフが出てきたり、たまたま読んだフォークナーの「a rose for Emily」の中にエミリ・ディキンソンの似姿を見つけたり、なんか面白いことがいろいろあった。
rilka

rilkaの感想・評価

2.5
これはディキンソンによく通じた人向けの映画なのか、はたまたまったくそれとは関係なく、ある一人の女性の物語がフェミニズム的なメッセージ性を持った作品として描かれているのか。
創作者としてのディキンソンを期待して観ると、大きく裏切られるかも(まさに私)。
『静かなる情熱』とは創作に対するものではなかったのか?
もう少し詩人としてのディキンソンに光を当てて描いて欲しかった。
それにしても、スカーレット・レターの時にも感じた記憶があるのだけれど、この時代のアメリカにおけるキリスト教の厳格さが史実に基づいているとはいえ、観ていて少し疲れる。
至上の価値を置くもの

 エミリ・ディキンスンはとても好きな詩人だ。彼女の詩はシンプルだけど、詠む人の心に強いメッセージを届ける。

 彼女の半生が映画化されたというので期待して観たが、がっかりしてしまった。この映画を観ても、彼女がどうしてあのような詩を残したのか、残すことができたのか、窺い知ることはできない。もちろん描き方に正解なんてないのだから、監督の解釈で良いのだが、これではただの風変わりな人で終わってしまっている。

 実在しない友人を設けてエミリと交流させたのは、脚本も書いたテレンス・デイヴィス監督である。エミリの人間性をその交流を通じて浮き立たせようとしたのであろうが、却ってエミリの実像からかけ離れてしまったと思う。

 彼女は生涯結婚をせず、友人との交流も少なく、晩年は引きこもりのような生活をした。しかし、私は、彼女が人間味のない人物だったとは思わない。確かに結婚はしなかったが、彼女は燃え上がる恋をし、人を愛した。少なくとも3人の男性と。情愛もあったと思う。そうでなければ、あんな愛の詩や手紙は残せない。でも、その愛すらも彼女を虜にすることはできなかった。

 彼女は、至上の価値を詩人であることに置いたのだと思う。そのことを実現するためには、他のことはどうでも良かった。愛も交遊も社会的な名声でさえも。
Osamu

Osamuの感想・評価

3.8
おもしろさでゾクゾクしそうだったけれど、詩を理解できなくて少し退屈した。

孤高の詩人エミリー・ディキンスンの物語。

神に救いを求めることもなく、男優位の社会に抗い、辛口の本音をストレートにぶちまける。彼女は一級の変人だ。これでもか、これでもかと繰り返される変人ぶりに何かを感じられる人にはたまらなくおもしろい映画だと思う。

彼女の変人ぶりはブレない。最初から最後まで変わらない形で話の中心に固定され、その周りで物語が回っていく感じがした。

そんな状態で彼女は詩を書く。映画のチラシには「世界に向けて書いた手紙」と表現されていた。「返事は一度も来なかった」とも。

詩に心得がある人なら、この詩の中に彼女の変化を読み取るのではないか。変わらないように見える彼女との対比におもしろさを感じるのではないか。残念ながら素養が無い僕には分からなかったので全くの想像なのだが。
mstk

mstkの感想・評価

-
2017/09/13
@岩波ホール。信仰、性別等への無理解、不寛容に逆らいつつも、やがて自らも不寛容に絡め取られて行く主人公の、世界を求めながらも硬く拒んでしまう痛みが、疼痛と共に迫る。
そういえばジム・ジャームッシュ『デッドマン』ではロバート・ミッチャム演じる工場主がDickinsonという名でした。