劇場版『えいがのおそ松さん』の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

上映館(31館)

「劇場版『えいがのおそ松さん』」に投稿された感想・評価

INU

INUの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

・雰囲気がめちゃめちゃ良い映画だった
・映画としては別に巨大スペクタクルというわけじゃなくて、良くも悪くもいつものかつ映画尺のおそ松さんで、でもテレビ放送じゃできないことはしててそこが良かった。喫煙とかグロ爆発とか…堂々とジブリパロするとことか…
・藤田陽一、間の作り方と雰囲気づくりが上手くて最後リレーにしがち
・なぜか銀魂完結編見たくなった
・テレビ版のネタ連れてくるの嬉しいよな
・序盤のハタ坊の記憶がある松とない松いたけどあれは別に伏線じゃなかった、そういう事件あったよね程度の、ああいう場で話題に上がる時あるあるっぽい、というか多分現在の時代じゃないことをさっさと証明するためのピースでしかないっぽい
・テンドン多かったな
・テンドン多いのもおそ松感ある
・思い出の世界であれがないこれがないって話してる時、それこそ松たちのほぼ身内ネタの話なんだけどめちゃめちゃ松たちのいつも見ているものを感じてそこがよかった
・「なんで俺たち6人もいるんだろうな」、6人のうちの誰かの否定や自分以外の否定は自分の否定でもある感じがして、18松たちの自己肯定感の低さや不安定さが出る良いセリフだった
ちょっと前に観ました。
だいぶ面白かった。笑い過ぎて、、、
そして泣けました、、
双子ゆえむつごに共感してかなり心に刺さりました笑 深い笑
そんで一松推しになりました。
・過去の自分て、自分たちが思っていたほど、悪くなかったかもよ。もっと自分を肯定してよいよ。というメッセージは暖かい。
・もう少し振り切った要素が見たかったもの事実。縦軸の強い方向性はこれはこれで良かったけど、もう少しタイトにできたのでは。
ストーリーが
想像以上にしっかりしてた。

おそ松さんならではの下ネタもあるけど、最後は感動で終わってほんわかした。

高校生時代の六つ子は
とっても面白くて思わず笑った。
masae

masaeの感想・評価

3.7
笑えるし感動する。おそ松さんだけど、感動する。でもちゃんと下ネタもある。
笑えて泣けてまた観たいと思わせてくれる良い映画でした。
六つ子達の高校時代みんな正反対のキャラすぎて…でも、色々あってのこと。六つ子について少し知れて良かったです。
あいかわらずのパロが多くてw
幻のアニメ第1話ほどではなかったですけどね。
正直期待してなかったから(テレビアニメの印象が強すぎて映画とは…?と思ってた)意外に楽しんでしまった。
はな

はなの感想・評価

3.5
いつものおそ松さんを想定して観に行ったら全く違う路線だったので順応が追いつかなかったのですが、よい映画でした。
おじさんと一緒に観ましたがおじさんはバレないようにガチ泣きしてました。

高校の時点でそれぞれの個性が出ていたので、″おそ松くん″時代から各々の個性が出るまでの過程が気になります、てんてー!
Alskei

Alskeiの感想・評価

3.6
隣の人がいたのであまり感情を表に出せなかったのがもったいなかったです。家で一人で見て、膝を叩きながら思いっきり笑いティッシュで鼻をかみながら思いっきり泣きたかったです。満足度の高い映画でした。
ゆべあ

ゆべあの感想・評価

2.8
人はみんなそのままで素晴らしいんだなと思えた映画でした。

2019.4.10