劇場版『えいがのおそ松さん』に投稿された感想・評価 - 4ページ目

「劇場版『えいがのおそ松さん』」に投稿された感想・評価

もえち

もえちの感想・評価

3.3
一松かわいいよおおお( o̴̶̷᷄ ·̫ o̴̶̷̥᷅ )わたしが養いたい...割と話しがちゃんとしてて驚き。
実写化するってことで見れてなかったから見たけどやっぱ実写化しなくて良くない???

このレビューはネタバレを含みます

TVシリーズは3期まで全てリアタイ済みで、作品が獲得したファン層の変化(2015年の1期が女性人気の爆発による予想外の特大ヒットに対して、2017年の2期では男性ウケを狙った過激な下ネタがそれを突き放した)や、製作陣の試み(2020年の3期では作品そのものをメタ視点から捉える)等、シーズン毎に作品として表現するものやターゲット層が変化し、紆余曲折あった作品なのは理解しているつもりです。

しかし、映画版はずっと未見のままだったので、実写版の公開を控えて再び話題になっている今ようやく鑑賞。

2期と3期の間に公開された作品で、公開当時は「旬は過ぎてしまっただろうに、よく映画化出来たな。多分これが最後なんだろうな。」といったイメージを持っていた。事実、この後制作された3期は、“人気が過ぎてしまった作品を客観的視点から捉える”という要素が色濃く出ていたし。

前置きが長くなったが、では今作はどういった作品だったのか。
恐らく、“作品の初期の人気を支え、一大コンテンツにしてくれた女性ファンへの恩返し”的作品だったのではないか?
終盤で明かされる、6つ子に密かに想いを寄せる「高橋さん」という女性は、現実の女性ファンのメタファーなのだと思う。だからこそ、6つ子が何度聞いても特定の相手が好きだと答えることはなく、所謂“箱推し”のスタンスの女性として描かれている。

因みに、何故“女性ファンへの恩返し”だと思うかと言うと、2期の男性ウケを狙ったスタンスなら、高橋さんを可愛らしいデザインではなくブサイクな容姿にしてギャグとして落とすと思ったから。
「あれだけ期待させておいて、ブスかよ!」みたいな台詞と、その後の6つ子の押し付け合いが容易に想像出来る。「いや、今時そんな容姿の美醜で笑いを取る?」と思うかもしれないが、似たようなことは平気でやってきた作品なのであり得なくはないでしょう(笑)

ところで、この高橋さんの扱い方については少々解釈に困った。
ラスト、猫の姿から人間の姿に戻った高橋さんを見た瞬間は、てっきり既に亡くなっている方なのだと思ったから。序盤のトト子の台詞や、猫という女性や生まれ変わりのメタファーとしてよく用いられる姿、手紙にあった「遠くに行く」といった描写の数々が、その伏線だと。
この“既に亡くなっている”という点が、2期の過激な下ネタと旬を過ぎたことで離れていった多くの女性ファンを指していたら皮肉だななんて思っていた。
しかし、その後のシーンで猫と高橋さんは別々の存在だと明かされる。寝たきりに見える様子と、涙を流して息を引き取ったかのような描写は“それ”を連想させはしたが。
ただ、明確に死として描かれはしていないので、単に「遠くに引っ越した高橋さんが昔の後悔を清算したかった、それが出来て満足し涙を流したのだ。」と、ポジティブに受け取ることも出来る。この辺は上手く逃げてるなといった印象。

作品全体としては、序盤のギャグや下ネタはTVシリーズ的なノリで一応楽しめはした。過去の自分達が今とはまるで別人というのは鉄板。しかし、そもそもおそ松さん達は高校卒業から数年しか経っていない状態だから、ほんの数年前の自分達を見て「そうだったね〜」となる姿には違和感を覚えた。そういうのって、少なくとも30歳を超えた辺り、記憶が朧げになり出す年代に突入した人がやるからこそな気がする。また、6人も居るのに1人1人を順番順番に丁寧にやり過ぎていてテンポが悪いなとも思った。

テンポの悪さに関しては、終盤の高橋さんの手紙を巡る描写と、家へ向かうシーンでも同様。劇場版ということもあってか、派手さや尺を稼がなければと無駄なシーンが多く、間延びしている印象。そもそもギャグアニメであるこの作品は、もっとテンポ良くコンパクトに、精々90分の尺でやるのがベストだった気がする。108分は明らかに長過ぎる。

感動的な雰囲気で上手く纏めたようには見える(それがまたタチが悪いとも言える)が、設定やら何やらのツッコミ所や無駄なシーンが多く、劇場版としてやるにはもう少し色々とブラッシュアップしてやって欲しかったといった作品。
まりえ

まりえの感想・評価

4.0
【覚え書き】
再上映
6つ子(18歳ver)オリジナルシール
十四松可愛い😍
INSIDE

INSIDEの感想・評価

4.2
5年以上追ってるアニメ
不満なし、大好き
これからも応援する
ひーた

ひーたの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

下ネタが炸裂しまくっていて観るに堪えない部分があったけれど,高橋さんが可愛すぎて後半はすごく切ない気持ちになった。高橋さんは幸せになれたのであろうか。
スコアは全て高橋さんへ。
MIU404

MIU404の感想・評価

3.6
実写版の公開まで1ヶ月切ったらしいので、その前にアニメ版の映画を初鑑賞。
アニメシリーズは全シリーズ視聴済み。

テッドに続いてまた下品なやつを見てしまった... 笑

前半はいつも通りのバカバカしさ全開でずっと笑ってたけど、
後半はなんかおそ松さんらしくなかった...
めっちゃいい話じゃん...

高校時代の6つ子も個性的で良き!
茶髪のチビ太も結構イケてた!

あと毎回見る度に思うけど、6つ子の声優陣やっぱり豪華すぎるわ。笑
おそ松とカラ松の2人が、後に五条悟と夏油傑になるなんて誰が想像しただろうか。笑

2022年 84本目
maiko

maikoの感想・評価

2.8
6つ子尊いし大好きやけど、なかなかおもんない(笑)やっぱ短編向き
ヤメピ

ヤメピの感想・評価

3.5
思ったよりちゃんとした映画だったことに驚き、、
高校時代かわいいなぁ〜

このレビューはネタバレを含みます

ホラー?!?!?!?!

箱推しストーカー女の執着…最後にファンサで写真もお願いします!みたいな…
Sumire

Sumireの感想・評価

3.8

ストーリー設定は映画用に規模がおっきくなったような感じだったけれど、内容はいい意味でアニメの時と変わらずいてくれたので、感情の波があったというよりは、いつもと変わらぬむつごちゃんに安心した🥰

あなたにおすすめの記事

似ている作品