ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!の作品情報・感想・評価

ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!2018年製作の映画)

Bändi nimeltä Impaled Rektum/Hevi reissue/ Heavy Trip

上映日:2019年12月27日

製作国:

上映時間:92分

ジャンル:

あらすじ

「ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!」に投稿された感想・評価

no58

no58の感想・評価

4.5
めっちゃ笑えた!!!!!

ただひたすらくだらないんだけど、ツッコミどころ満載で、ずっと笑ってた
めっちゃツッコミ入れてた

メタルに全く詳しくなく、映画だとデトロイトメタルシティくらいしか知らなかったけど、これがデスボイス!とちょっと感動したり笑
デトロイト〜をまた観たくなった

何も考えず、笑いたい時にまた観たいなぁ。

トゥロ役の俳優さんが素敵✨
個人的には、ホ〜モ〜と茶化してくる地元の人たちとデルタ部隊の人たちがくだらなくて好き

嫌なことあったらまた観たいなぁー!
pino

pinoの感想・評価

3.7
今年一番笑った映画。
北欧メタルが好きなメタルヘッドしか分からないネタがいっぱいあるけど、音楽に興味ない方でも楽しめる。
綺麗なノルウェーのフィヨルド でVikings cosplayをやてみたい。楽しそう。
ヨラ

ヨラの感想・評価

3.5
あほしか出てこなくて想像の10倍ぐらいくだらなかった…(ほめ)
しもむ

しもむの感想・評価

3.8
劇中で起こってる事が、もはやコントの領域で、すんごい下らないんだけど、それが面白い。
劇中何度も声出して笑った。
メタル自体は自分は聴かないジャンルだけど「メタル×映画」って実は相性良いんじゃないだろうか。
「アンヴィル」や「メタルヘッド」(メタル色薄いけど)とか面白い作品が多い印象。

メタル青年の成長譚であると共に「メタルをやってるから」という理由だけでの、周囲からのあれだけ偏見されるのはキツいね。
田舎町という事が余計そうさせるんだろうけど。
中盤のまさかの展開には驚いたし、国境超える辺りの場面、めっちゃ笑った。
映画の出来で語るよりは好きか嫌いかで楽しむ感じ。
将来、カルト的な人気が出そうである。
みるこ

みるこの感想・評価

5.0
フィンランド映画祭にて

あまり期待してなかったけど、予想をはるかに超えて面白すぎだった‼️
間違いなく今年見た中で一番面白かったー

劇中田舎設定のせいか?かなりメタルは馬鹿にされてるのですが、不思議とメタル愛もバンドへの愛と暖かさを強く感じます💝

ああ、もう一度見たい。
メタラーには至福☺️
そうじゃない人もゲラ笑いの境地でしょう🤣

一般公開してくれー‼️

ああトナカイ🦌🤣

追記⭐️
原題は「Hevi reissu」ですよー
kyoko

kyokoの感想・評価

4.0
フィンランド映画祭③

今回の映画祭ではNo.1(未鑑賞「ヴァイオリンプレイヤー」除く)!

ノルウェー最大のメタルフェスを目ざすフィンランドの売れない(ていうかステージに立ったことがない)メタルバンドのドタバタ破天荒ロードムービー。

中盤までは北欧メタルマニアじゃないと笑えないネタが多くて、ハードル高かったかな~と思ってたところに、メンバーのひとりがいきなりデスメタルメイク(しかもちょっと泣き顔)で登場。そこから急におバカが全開しだして、メタルファンだろうがなかろうが関係なくゲラゲラ笑えた。
プレッシャーに弱いボーカルはすぐ吐くし、オービスで宣材写真撮るし、アラブ系とラップランドいじりはやり過ぎ感に心配になるくらいだし、ヴァイキングはチャーミング。
でもやっぱり極めつけは棺桶クラウドサーフかな。
楽しかったな~。

ボーカル・トゥロ役のヨハンネス・ホロパイネンという俳優さんはジャック・レイナー似のイケメン。
激!!!!胸熱!!!!!
笑いすぎて涙ボロボロ流れたし、むせて水がぶ飲みしてしもーたよ!!!
面白いし!楽しい!!!!

スウェーデンの田舎町に住む、ヘビメタバントメンバーの4人組。
いつもギタリストの家の地下室で音合わせをしてる!
そこへノルウェーのフェスに出られるチャンスが舞い降りる!

ってな話なんだけど、バンドメンバーみんな少しお茶目で可愛いー!!
ゴリゴリのメタルサウンドの中で繰り広げられるドタバタコメディが最高すぎて、主要キャラ全員が愛おしすぎた...
ハチャメチャすぎて、こんなの笑いを堪えるのが無理っすわ。

メタルを聴かない私でも胸熱だったから、メタラーは至福の映画じゃないだろうか!
実際に、メタラーしか笑ってないシーンもあって「あー!!私も笑いたいーー!!!」って羨ましくなった!!


前日に観た別の映画では、国境付近のシーンでハラハラドキドキしたけれど、この作品の国境シーンはグダグダすぎてくだらなさすぎた😂😂アラブの地域の人から苦情来ないのかね?笑

ライブのシーンでは棺桶がコロダイしてるし、小ネタもおもろすぎた!
全てにメタル愛と友情愛が散りばめられていて素晴らしい作品だった!
お願いだから一般公開してほしいーー!!!!!!
いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
フィンランド映画祭2018にて鑑賞。地元でコケにされてるトゥロは小心者だが優しい青年。ライブ経験すらない彼等ヘヴィメタ・バンドが国境を越えメタルフェス出場を目指す。緩いドタバタ・コメディだが終盤の破天荒な展開が爽快。
buccimane

buccimaneの感想・評価

4.0
フィンランド映画祭にて。
1日に同じ劇場で3本も見るの寂しすぎるからやめようなと思ったけどこれはかなり良かったから見てよかった。
独自サウンドを産み出すくだりも感動したし指を曲げずにコルナサインしたりとか棺桶サーフとか笑いながら泣かずにいられない。
スラストヴァリウスとかチルボドとかもこういう原風景だったのかと思ったけどやつらは南のヘルシンキとかのほうだから全然事情が違うっぽいな。
フィンランドなんてメタルが市民権得まくりかと思ったけど田舎のほうじゃ偏見ありまくりというかとか。
メタラーじゃない若者まじであんなポンチャックみたいなださいの聞いてるのだろうか。
ていうか劇中曲かなりかっこよくて音楽モノ映画のオリジナル曲てガクッとくること多いけどメタルはルールに則ってるからこういう時にクオリティを発揮するのか。
あとドラマはお調子者デブでベースはクールガイみたいなステロタイプは万国共通なのか。
あと新ドラマーいつの間にあの気の利いたライブ用のシャツ調達したんだろう。
matsu

matsuの感想・評価

-
フィンランドのヤバイくらい田舎の若者という年齢を超えつつあるメタルバンド好きな者達が、ライブ開催を目指すというストーリーのコメディ。フィンランド版サイタマノラッパーという感じ。めちゃくちゃ笑った。涙が出てくるくらい。映画館で今までで1番笑ったというのは間違いない。
一般上映がないのは残念なので是非とも推したい!