十二人の死にたい子どもたちの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

十二人の死にたい子どもたち2019年製作の映画)

上映日:2019年01月25日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

2.9

あらすじ

「十二人の死にたい子どもたち」に投稿された感想・評価

あゆ

あゆの感想・評価

3.8
原作既読
デスゲームみたいな宣伝はないわ、と思ったけど、本編はしっかり原作に沿ってて好きです
新人俳優の人も多いけど、白けずに映画の雰囲気にのめり込めました
キャラクターの雰囲気が所々原作と違っていて、真剣佑の絶望感がわかりやすくてなってたり、高杉くんが予想以上に不気味だったりするけど、映画全体の雰囲気と合ってたと思う
ラストシーンの希望溢れる感じ、賛否両論かもしれんけど私は好きです
モノローグが無いからか、原作よりもお互いのことを認め合っているようにみえて、いい子ばっかりやん…死ぬな😭ってなってたからか余計に応援したくなりました
じゅの

じゅのの感想・評価

2.5
私的には物足りなさを感じました。

調べてみたら小説を映画化しているようで、
それぞれのいろんな物語や工程をギュッとまとめたので物足りなさを感じたのかもしれません。
題名からして結末が死なないで終わるっていうことが不可避やなーって
思ってたらやっぱり
自殺を諦めるっていう結末で残念。

途中の謎解きはワクワクして謎を解いていって面白かったのに、、、
あと出演者が若い子が多くて演技が雑な部分が目立つ感じ、、、
決して演技が下手ではないと思う
演技は上手い思うけど、
リアリティ?というか経験値で得ていく深みがないのは、、、仕方ないけど残念
1人でも深みを出せる俳優さんいたらよかったなー

映画館で見たら残念って思って帰っちゃうかもやけど、
プライムとかでみると結構いい塩梅の映画だと思います。
無知A

無知Aの感想・評価

2.9
訳ありの子どもたちが死ぬために集まる。勿論、理由はしっかりとあり、それは、それぞれにとって死にたいと思わせる程に辛いものだったのだと思う。しかし、登場人物達は、会話を通じて、同じように悩んでいる人を見つめ、理解を繰り返して考えを変えていく。そして、最後は、他の方も仰るように、悪くいえば無難な終わり方が待っている。

後半部分だけを見ると、平均点かそれを少し上回るぐらいの面白さだと思うのだが、前半と後半が全く噛み合っていないのがこの評価の低さなのだと思う。 推理要素を楽しみに本作を見た人も少なくないと思うのだが、肝心な推理要素もやや物足りない。そして、消化不良のまま突然ジャンルが変わるといった本作の構造は、楽しみにしていた人にとってマイナスである。

ここまで批判ばかりだが、原作はおそらく良い作品なのだろう。実際に、本作だけをみても素晴らしいメッセージを受け取る事が出来る。

やはり、悩みは持っている本人にしか解決出来ない。しかし、話を聞くことによって悩みを解決する手助け、支える事が出来る。しかし、実際に相談を受け付けてくれるセンター、団体などがいても、亡くなってしまう方は少なくない。そこで、本作を見てみると悩みを抱えている者同士での話し合いが一番良いのかなと考えさせられた。
ムーコ

ムーコの感想・評価

2.5
覚えてないけど
予告の編集の仕方に騙された感、、

もっと面白いストーリーに
なっただろうにって思うくらい不発。
Die

Dieの感想・評価

2.0
予告めちゃくちゃ面白そうだったのになぁ…ざんねんだ
つまらんかったし、何が言いたいのって感じ
Yudai

Yudaiの感想・評価

1.8
少し微妙の一言

長い展開の小説を2時間で描くには
尺が足りなかった気がする

せめて前編後編などに分けた方が
まだ面白かったのかなとは思う

ただの小説を短くギュッとしたに
してははしょりすぎたのかなって
キャラ立てやシチュエーションが面白くて中盤までのワクワク感が最高だった!後半はタイトルから予想できる通りだったけど急に纏まっていく感じがちょっと残念だったけど後味悪くないところが良い。
エンディングの堤幸彦感がケイゾク好きな自分にはたまらなかった…!
まぁこ

まぁこの感想・評価

3.0
今活躍中の若手俳優・女優達なのでどうかなーと思ってたけどシリアスな話だけど1人1人の個性が光ってて良かった。

特に杉咲花ちゃんの演技には見入ってしまった。
ナギ

ナギの感想・評価

3.0
オチは若干予想出来てしまう感じがありましたが、キャストが豪華なので十分楽しめました。
>|