悪夢のエレベーターの作品情報・感想・評価

「悪夢のエレベーター」に投稿された感想・評価

ぽかり

ぽかりの感想・評価

2.9
キサラギの様なものを想像して観たが、観終わった印象はちぐはぐな感じだった。たしかに予想外の展開ではあったがそれに徹し過ぎている様な気がした。思っても観なかった展開をさらにひっくり返して、、とそういうのが好きな人はとても楽しめると思うが自分は楽しめなかった。斎藤工以外の正体が判明する場面などは面白かったが、そのあとはもうごちゃごちゃ、、
carmen

carmenの感想・評価

2.4
ちょっとチープな印象。グロテスクシーンがなくてもよかった。冒頭の1人語りには共感した。
mari

mariの感想・評価

4.0
暇つぶしに前情報なしで見たけど面白かった!
なんで評価高くないんだろう。笑
Andersen

Andersenの感想・評価

3.2
やっぱり個人的には海外映画のコメディより日本のコメディの方が面白い

この映画はサスペンスだけど
大和

大和の感想・評価

3.0
エレベーターで、どんな物語が繰り広げられるのかと期待していたが、驚くほどのどんでん返しではなかった。可笑しな点を考えてみれば、なんとなく想像出来てしまったため。
けど、エレベーター内の密室での4人の掛け合いなどは観てて面白かった。映画自体はあっという間ではあった。
個人的な意見として、場所も場所なので、役者の感情の抑揚がもっと欲しかった。せっかくの見所も、なんとなく終えてしまっている。
くす

くすの感想・評価

3.4
Filmarksではジャンルがコメディになってるから、GEOでコメディの棚探したのに見つからない
ふと見たらサスペンスの棚にあったので、棚間違ってんじゃん!って思いつつ借りてきたが、きっと店員さんはちゃんとこの映画観た人だったんだなー
最後まで観て、なぜサスペンスの棚にあったのか納得した
というか、原作あったの知らなかった
本の方が緊迫感とか伝わってきそうな気がする
mkttkd

mkttkdの感想・評価

-
おもしろい。舞台っぽい話。
ただ想像以上にこわかった…コメディジャンルにいれないで欲しい
シカゴ

シカゴの感想・評価

3.9
ええ、キサラギみたいなの想像してたのに、、ここまでガチのサスペンスとは。
良い意味で裏切られました。怖い。
そして、大どんでん返し!!

あ、佐津川愛美さんはやっぱり可愛い。
とし

としの感想・評価

3.0
木下半太原作の小説を映画化したものです。ジャンルは…前半はコメディで、後半はミステリーだなぁ。

マンションのエレベーターの中で目を覚ました、小川順。彼以外に、ヤクザ風の男と、ジョギング姿の男、ゴスロリ風の女がエレベーターに乗っており、どうやらエレベーターが停止した弾みで順は気を失っていたらしい。そして、ヤクザ風の男は空き巣犯、ゴスロリ風の女は放火犯である事が判明し、ジョギング姿の男に至っては何とエスパーであった!順も、実は秘密を抱えており、それを話の流れから告白しようとした時…順はある違和感に気付く。それは、新たな問題の始まりである事に、その時誰も気付いてはいなかった…という内容です。

前半ね、コメディ的展開で、ワンシチュエーションムービーだと思って観ていたら…まだ中間地点なのにネタバレが始まったかと思ったら、そのからはシリアスなミステリーになるという…。ずっと前半のノリで映画が観たかったかなぁ。コメディだと思ってたから、心積もりしてなくてね。まさかの展開にビックリでしたよ。

計画、違和感だらけでしょ!エスパーである事を証明するのに、スプーンを曲げてみる…って、何でジョギング行くのにポケットにスプーン持ってるんだよ(笑)!その時点で気付くわ!

管理人しかいないフロアだから、幾ら騒いでも大丈夫って、あれだけ大声で騒いだら、下の階の住人も気付くっしょ!

途中、愛人も自殺しようとしているシーン観て、『そして誰もいなくなった』というアガサクリスティーの作品の話をしていたし…愛人も依頼人も、主人公も仲間達も、皆んな死んじゃうのかと思いました…。どうやってオチ付けるのかと…。
「世にも奇妙な物語」の連作を観てるような感じだな。と思ってたら、まさに連作の短編小説が原作らしい。
良くも悪くも「世にも奇妙な物語」レベルの作品だが、ラストは良かった。我ながら気持ち良く騙されてたのでその分スコアに加点しているが、ちょっと鋭い人なら勘付くのかもしれない。その場合スコアはもっと下がるかな。
>|