エルヴィスへの誕生日プレゼントの作品情報・感想・評価

エルヴィスへの誕生日プレゼント2014年製作の映画)

The Gift

製作国:

上映時間:13分

3.5

あらすじ

「エルヴィスへの誕生日プレゼント」に投稿された感想・評価

c

cの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

最後に Presley ってわかるのいいね
邦題ではすでにネタバレだけど(笑)

金物店のおじさん

Elvis Presley / That’s All Right

字幕
夢

夢の感想・評価

3.5
金物店のおじさんがとても良い人だった。
まさに年の功。
小さな頃からギターに触れてる人って音楽に長けてるから羨ましい。
エルヴィスへの誕生日プレゼントという邦題がひどい。そしてブリリアショートシアターのあらすじもネタバレ的にひどい。せっかく作中で名前を上手く呼ばずにいるのに。入り方と終わり方がとてもいいのにその盛り上がりが損なわれている。
偉大なスターも、その道に入るきっかけはどんな偶然か分からない。そういった意味でとても面白い作品だった。実話だけど銃を欲しがる子どもという「あるある」なところから諭されてギターに行き着くというのは正に物語。
HikaruSato

HikaruSatoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

私が見た日本語タイトルはエルヴィスへの誕生日プレゼント。
エルヴィスに憧れてる子の英語かと思ったら、銃とかの事について考えさせられるとっても良い映画だった。のどかで優しい世界だった。
みぽち

みぽちの感想・評価

3.7
プレスリー、この贈り物がきっかけだったのね、、このお爺さんがいなかったら………😳!!なにかを始めるきっかけってほんとに些細なことからだったり、偶然が重なったりして起きるんだなあ。
世界を変えるギター

誕生日。
それは、1年で一番特別な日。
どんなに年をとっても、その気持ちは変わらない。
大きく成長していくうちに、プレゼントの数が減っていく。
なんでかな。毎年、特別なものを貰ってたのに。

だんだん、どうでもよくなる誕生日。
どんどん小さくなるケーキ。
ロウソクもいつからか、消えていく。
なんでかな。大きなケーキ好きだったのに。

そんな、特別で大切な日。
たった、一つの贈り物。

ここから、はじまり。
伝説に。

世界は少しづつ、回りはじめる。

Brillia Short Shorts Theater Online
大学でちょうどエルヴィス・プレスリーの話が出たので鑑賞。
プレスリーといえばフルハウスのジェシーが好きなロックスターという知識しかない。

このショートフィルムで初めてプレスリーの歌を聴いたかも。

いつどこで人生が変わるかなんて誰も分からない。私はどうかな?
でも、ジェシーにとってのエルヴィス・プレスリーは私にとってのビリー・ジョエルかなって思った。

スティーブ・エリオットとフレディ・マーキュリーのムービーを観たので、そろそろビリー・ジョエルのムービーを観たいです!
現役だから無理かな?また来日してくれないかしら…
タビ

タビの感想・評価

3.1
伝記もの。
日常のある一コマを切り取った感じ。
でも、その人の人生を変える一コマ😊
まさにギフト🎁
くま

くまの感想・評価

3.2
自転車を欲しがったのも、やっぱりショットガンが欲しくなったのも多分その後のための必然
totoruru

totoruruの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

キング・オブ・ロックンロール🎸



エルヴィス・プレスリーと音楽の出会いを描いた実話。

フィルマでは『息子の誕生日プレゼント』になっているけど、ブリリア ショートショートシアターでは『エルヴィスへの誕生日プレゼント 』です。

原題は『The Gift』なので、そのままでも良かったような気も…😅

BSSTは、中々のネタバレですw


1月8日がエルヴィスの誕生日ということでアップされた模様。


なんてことのない会話劇ですが、ラストシーンからの『That's All Right』がなんかイイ感じです😄


ちょっとした出会いが運命を左右することは往々にしてあるもの。

金物店のオッチャンが少年の運命を変え、少年は世界中に影響を与え多くの人の運命を変えた。


音楽は銃と同じく人の運命を変える…

だが、音楽は人を殺める銃と違い、人を元気付け、勇気をもたらし、人に生きる力を与えることが出来る。


オッチャン、あんたいい仕事したよ😄

オッチャンは、“エルヴィスを生んだ男”だな😁
>|