映画しまじろう しまじろうとうるるのヒーローランドの作品情報・感想・評価

映画しまじろう しまじろうとうるるのヒーローランド2019年製作の映画)

上映日:2019年03月15日

製作国:

ジャンル:

2.9

あらすじ

「映画しまじろう しまじろうとうるるのヒーローランド」に投稿された感想・評価

サヤ

サヤの感想・評価

3.0
息子4回目の映画。
初めて子供向けのを観に行った。
子供が飽きないように色々コーナーに分かれていたり、一緒に応援するよう促す参加型になっていたり、色々新鮮だった。
途中休憩挟むけど8分?とか微妙な時間で、子供をトイレに連れて行くには短すぎるw
とりっぴぃが好きなタコ焼きキャラは初見だった。とりっぴぃの扱い常に雑すぎない?笑

2019年5本目(一応カウント…笑)
カリン

カリンの感想・評価

2.9
息子と一緒に。
しまじろうの映画は親目線でもよく描かれてていつも感動するし、好きだけど、今回はそんなにだったかな。
前作のほうがよかった。
3才半の子供と一緒に見に行きました♪
子供としては初映画でしたが、しまじろうをテレビで見ていますので、とても楽しく映画を見ました。
キャラクターの応援を一度もやらず、夢中で画面をいつも見ていました。
子供にはヒーローが優しくてカッコいいとのことで、映画を楽しみました♪
夏頃に別の映画を見に行きたいと既に話をしていますので、初映画としてはとても良い経験だったかなと思います♪
薫

薫の感想・評価

1.0
我が子の初映画館。
内容とかではなく、劇場でこどもたちが『がんばれー!』って叫んでたり踊ったりしてる姿に何度も泣きそうになったわ。
こどもと一緒に鑑賞。メガホンもらって応援上映。
誰かのマネをしなくても、意志の力でヒーローになれるんだ、というメッセージをこどもなりに受け止めてくれればオッケーです。
もうちょっとお歌があるとよかったかな。

ゲスト出演のももいろクローバーZは、この手のタレント声優起用にありがちな違和感もなく、邪魔にならないしっかりした演技で、挿入歌とともに高いクオリティで彩りを与えていました。
あの2014年国立競技場大会での「笑顔の天下を取る」の言葉通り、全ての活動は笑顔のために、心から信頼できるアイドルとしての着実な歩み。
前人未到の荒野を突き進むももいろクローバーZを応援せずにはいられませんね!

というわけでももクロでプラス1点。
Mitsuji

Mitsujiの感想・評価

3.2
途中出てくるヒーローがラットマン。
直訳するとねずみ男。
以前ラムリンと言う、肉を名前にしてしまい、苦し紛れに引っ越しさせた教訓を忘れたのだろうか。
全編アニメで、着ぐるみや人形劇がなく、物足りないまま映画館をあとにした。
前作が親としても感動する内容だったのですか、今回は子どもが楽しむ内容という感じ。2歳の娘が一生懸命見てたので楽しかったみたい。
しまじろう映画の挿入歌が毎回好きで、絶妙なタイミングで流れるからウルッとくる。
付き合いで鑑賞。しかも、今流行りの応援上映見たい感じです。

しまじろうの映画はhuluで観てましたが、今回は特にストーリー展開の強引さが際立っていた印象がありました。

周りの子どもはみんな喜んでいたのでいいとは思いますが…。

親的には、子どもにわかる感じでなおかつ、ストーリー展開の理由みたいなものをちゃんと意識してもらえるとありがたいんだけどなぁ…。

まぁ、60分でまとめてくれてるんだから了承しますが…。

ってか。今回から監督も脚本も変わったのか、ダメな理由に納得。
昨年の『まほうのしまのだいぼうけん』をテレビ放送で見て、それがとても面白かったので新作を鑑賞。つまり本作でシリーズ2回目の鑑賞なので例年のことはわからないのですが、しまじろうのお母さんを同行させるなど明確に「親目線」を意識していたであろう前作に比べるとやや淡白だったかも。とはいえ、「ヒーローに大切なのはカッコいい変身でも必殺技でもなく、心構えである」というメッセージは定番ながら大切なメッセージで、はじめての映画となることも多いであろうしまじろうでやるには良いテーマだと思います。
実写パートでは海の見える気持ちのいい草原でダンスをしていてどこなんだろう?と思ったらエンドロールにグアムと出てきて豪華さに笑ってしまったり。

また、児童向け映画ということで場内の明るさを落としきらなかったり休憩があったりと工夫がなされていて、特に休憩が終わりに近づくにつれてだんだんと音響レベルを大きくしていく様子などが体験できたのは面白かったです。反面、周囲の目を気にしてしまう部分もあったので、劇場で鑑賞するより配信などで自宅鑑賞の方が自分には向いているかもしれません。
これまでの作品より内容が薄く感じたなぁ。
親子エピソードが薄め。
子供は喜んでたからいいけど。
>|