ザ・ピーナッツバター・ファルコンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「ザ・ピーナッツバター・ファルコン」に投稿された感想・評価

KENTA91

KENTA91の感想・評価

3.7
ダウン症のザックと孤独な生活を送るタイラー、全く異なる人間だが、男同士の友情が感じられる作品。夢を持ち続けること、人間には可能性があるということを学ばせてくれる、ロードムービーの中でも良い作品だと思う。
うめこ

うめこの感想・評価

3.7
期待が大き過ぎたかな。
ハートウォーミングではあるんだけど、なんだろ、何か足りない、深みがない…💧

ダコタジョンソンは相変わらず美しい✨
けど、最後の手錠いる?😅アナじゃないよ…😑

あっ、音楽は大好き❤️
タカ

タカの感想・評価

3.7
施設から抜け出したダウン症の青年と追っ手から逃げる盗人漁師のロードムービー。
終盤の展開は若干雑に感じたが、夢に向かって進んでいく人の背中を押してくれる、優しさが溢れる作品。
hakama27

hakama27の感想・評価

4.3
私がこれを見るようになった経緯

1、私はTSUT●YAで
 「エイスグレード」を借りた(準新作)
2、お家で楽しく見ていて、
  現代的でリアルな話だなぁと思っていた
3、見ていると、途中で止まった

  止まった、止まった、止まった
4、例の店に戻った
  店員に伝えた
  すると店員は
  「今、この作品店頭にないので、他の作品
     と交換で良いでしょうか?」
 私「それってなんでも良いのですか?」
 店員「はい、もちろんです」

5、新作のこれを借りた。得した


てなわけで久しぶりです

テネットから1週間経ちました。

ザ・ピーナッツバターファルコン

素晴らしい映画でした!

ご都合主義に弱い我氏には、突き刺さる

幸せで、キャラクターを愛したくなりました


  
ダウン症の青年と逃亡者の出会いから始まる

2人は絆を紡いでゆき、それはいつしか大きな力となり2人の人生に素晴らしい変化を与える


シャイアラブーフはトランスフォーマーから全く見ていなかったが、私生活の面が乱れていたらしいね。

新人のザックゴッツァーゲンの演技は
素晴らしい。

ダコタジョンソンかわいかったなぁ
初めてちゃんと見たよ。

少し説明不足な点はあったけど、
伝えたいことはわかるし、
なにを映画として魅せたかったのかもわかる

タイトルからは想像できないなかなかの良作

ポスターがすごい好き

あとイカダ作りたい
ダウン症の人は本当に純粋で、優しくて魅力的な人が多い印象。ザックの人柄に周りが動くほんわかしたストーリー。多くは語らないところが好き。こんな旅、してみたいなあ。
全ての要素が余りに上手く配置されていて、人物の感情にリアリティが欠ける部分がある。展開に現実的な枷が無く、作られた物語である事を常に意識されられてしまう。
maison

maisonの感想・評価

2.5
設定に無理があったのか なんとなく違和感みたいなものが払拭できなかった。
銀幕短評(#433)

「ザ・ピーナツバター・ファルコン」
2019年、アメリカ。 1時間37分。

総合評価 66点。

たしかに湿原にワニはいます。

ノースカロライナ州のラーレイ、ダーラム、グリーンビルには ミシガンから仕事でいきました。超いなか町で、ああ自然に囲まれているなあ、これがほんとうのアメリカだなあと実感できるところ。主人公ふたりは、このあたりを起点として、徒歩の長旅を始めます。

おまえは 善玉か悪玉か と、彼らは互いに問いあう。かわいそうなことに、ザックは自分が悪玉だと深く思い込んでいる。それまでの環境から、そう刷り込まれている。タイラーは、違うそうではないよと さとす。羊かオオカミかの例えも出てきます。しかし、これら二分法は わかりやすいが 危ない。世の中を変えていくには 推力に欠けるし、方向も見失なう。

ザックにタイラーが泳ぎを教える無音のシーンが きれいですね、二人のたましいが 初めて信頼し合い交流しているから。全編のカントリーソングで、じぶんも大らかに南部を旅している気分になります。


(コメントしました)
そー

そーの感想・評価

4.0
普通が幸せで良いと風潮があるが見方によってはそう言い切れないと思う。どんな不利な立場や身分でもヒーローになりたいと本気で挑戦することが幸せと思わせてくれた映画。
B61

B61の感想・評価

4.0
パッと見、重たくダークな話しかと思ったら
随所にふふっと笑えるシーンがあって和みながら見れた( ´ ▽ ` )
ラストまであっという間だった!
ふわっとした終わり方だったけどいい未来だといいな。。
>|