女たちの駆け引きの作品情報・感想・評価

女たちの駆け引き2011年製作の映画)

Jeu de chiennes/Game of Dog

製作国:

上映時間:9分

ジャンル:

2.7

あらすじ

「女たちの駆け引き」に投稿された感想・評価

⚪概要とあらすじ
ショートフィルム。

ある夜、テーブルを囲む3人の女たち。恋人をひたすら待ち続けるリサ。リサの受け身な姿勢を揶揄する不機嫌なアリシア。そしてその苛立ちと緊張の間に挟まれたシャーロット。彼女たちは夕食にありつくことが出来るのか...。

⚪感想
アリシア・ヴィキャンデル出演のショート作品。

登場人物の名前もアリシアだから他の女優さんも名前と役名一緒なのかな?

飾りつけられた野菜のタルトが綺麗だった。

リサとアリシアとシャーロット。

この会に招いたリサ。
フランス語が話せないアリシア。
フランス語も英語も話せるので通訳を務めるシャーロット。

シャーロットの心労よ。
ずっと嫌味とか喧嘩を翻訳させれるの辛すぎ。シャーロットなりに言葉をオブラートに包んで返してあげてるのに...。

彼氏よはよ来い。

女性に偏見を持った男性監督が撮った女子会って感じ。女性監督だったら申し訳ない。

これを観て「女って怖い〜(泣)」って言われているのめちゃくちゃ辛すぎ。確かにここに出てくる女性は怖いけどそれは女性だからじゃなくてその人物の性格だと思う。
性別関係なく陰湿なやつは陰湿だぞ。

アリシア・ヴィキャンデルが安定して可愛いのといつもながら演技力が高い。
それでも観るとイライラする作品。



⚪以下ネタバレ



招いたのはリサだけど来る気配もない彼氏を周りが待たなきゃいけないのも可哀想。

リサとアリシアが初対面っぽいけどいきなり家に招待すな。仲良くなってから家え呼べってなった。

⚪鑑賞
配信サービスで鑑賞。
shun

shunの感想・評価

3.0
アリシアが見たくてYouTubeで。
言葉の壁と通訳の人がいい味出してる。
Flea

Fleaの感想・評価

2.8
言語の違う女性2人と、
通訳しながら板挟みになる女性。

言うことがキッツい。
お互い言語が一緒でもそのまま言い合うんだろうな笑
chikichiki

chikichikiの感想・評価

3.0
時として"また連絡する"という言葉は"行けたら行く"って言葉よりも望み薄??

板挟みになって通訳させられてる彼女が可愛そうで、かわいそうで…

そもそも、なんでこんなアンバランスなお食事会がセッティングされたんだろうか?

駆け引きというよりは壮絶なディスり合いでした。笑
犬

犬の感想・評価

3.2
タルト

恋人を待ち続ける女、その彼女を揶揄する女、そんな2人に挟まれた女
テーブルを囲む3人の女たちの緊迫のドラマ



男女関係
なんとも言えません

女の怖さ
ゾワゾワしました
yuka

yukaの感想・評価

-
言葉の違いをこういう風に使うのは良くないよね
間に入ってる通訳者はコウモリ
Kyosuke

Kyosukeの感想・評価

3.2
アリシアヴィキャンデルのオーラが消えてる。嫌いではないけど評価するようなポイントも特にない、普通にありそうな口論。
料理を前に待ち人来ずでイライラが募る三人の女性。英語とフランス語で皮肉の飛ばしあい。通訳をして両方の肩を持つ真ん中の女性の気苦労を思うと胃が痛くなる。嫌な空気を作るアリシアの演技が良い。今ひとつパンチが弱い。終わり方もストンとしない。
りす

りすの感想・評価

3.0
2019年107本目、5月19本目の鑑賞

アリシアヴィキャンデル主演
短編映画


女性3人でご飯を食べるのを待っている状況
そんな中での会話劇

それぞれの考えていることが如実に表れてくる
真ん中に座ってた女性が1番考えてたことを出してた気がするなぁ

それぞれの翻訳を信じるだけじゃダメよね、自身で少しは理解しようとしないと、間違った解釈をしてしまうこともある
そんな気がした
まり子

まり子の感想・評価

2.6
今年66本目
どういう状況でどんな関係なのかは
分からないが、
このシチュエーションは面白すぎる

機転の利く通訳が良いねー!

相手が分からないであろうと思って相手を悪く言うのは
陰口も同じことだよね!
>|

あなたにおすすめの記事