人間失格 太宰治と3人の女たちのネタバレレビュー・内容・結末

上映館(320館)

人間失格 太宰治と3人の女たち2019年製作の映画)

上映日:2019年09月13日

製作国:

上映時間:120分

あらすじ

「人間失格 太宰治と3人の女たち」に投稿されたネタバレ・内容・結末



キャストが適役すぎるし、太宰治の堕ちた人生を蜷川実花の映像技術とマッチさせたからこその美しさだと思う。女性陣の衣装にもこだわっているし、なにより美しすぎる、クソ男なのになんでこんなに美しい映画なの?ってくらい。蜷川実花出なかったら、ただのゴミの人生を見させられるだけだけど、その中に愛と哀と美を見出せるのは素晴らしい。

血を雪に吐き出すシーンとか、人間失格を書くシーンのファンタジーさ。これはただ太宰治の堕ちた人生を描いただけでなく、その中に美を追求したファンタジックな作品である
キャストがいい!
小栗旬のビジュアル素晴らしいけど時折話し方がイマドキで興ざめしかけた…けど良かったです。宮沢りえと子供達かわいかった〜〜。あと沢尻エリカのイエス様風お食事の時のクネクネ感も最高だった。ああいう女いるいる。二階堂ふみはまずおしりがよい。死ぬー!って騒いだ後の大学生カップルみたいなやりとりも安っぽくて良かった。空っぽな女の感じもバッチリ!うーんみんな最高!GJ!!(何様????)

鑑賞後に「あのクズっぷり、太宰治だから仕方ないな〜って心のどこかで思っちゃう」って言ったら「ダメンズウォーカーだね!!」(死語?)と言われた。まあね。でもさ〜徴税の電報見て泣いてる太宰治かわいかったよ〜大人が泣くなよ〜。太宰治はもう少しやわらかいところがあるかなあと思っちゃうけど、とにかくこれはこれとして楽しめました。邦画はあんまり劇場で見なくてもいいかなーと思うけど、この色使いっぷりとキャストの皆様の見目麗しさ…大画面でみてー!

あっ一箇所ハテナだったのは編集さんが二階堂ふみ襲うところかな…?なんだったのあれ?太宰ストレス?二階堂ふみ好きだったの???ハテナ??
男性も女性も色っぽく魅せる花や独特の光とのコントラスト。汚れたものさえ美しく見える。蜷川実花ワールドそのものだった。素晴らしかった。
小栗旬の迫真の演技、天才の苦悩、、、太宰治の説得力がすごかった。
ただ1つ、二階堂ふみにあんな風に迫られて正気を保てるわけがないとだけ断言しとく。たとえそれが常軌を逸した壊れ具合だったとしても、二階堂ふみなら、、、ねぇ?違うか。
なんでここまでの評価なのかわからない(笑)素晴らしかった キャッチコピーについては全力で低評価ボタン押すけど まあでもこれこそ「誰も本当の意味を理解しない それでいいのか?馬鹿にも分かるくらい凄まじいものを書け」って台詞が反映されるのでしょうか。映像美、そして何より役者の芝居が涙が出るくらい、血が滲むものだった これが役者、迫るものがあった

旬さんは主役より脇役の時に本領を発揮する(引っ張っていくという覚悟よりこいつを食うという覚悟のほうが力を引き出せる人)だと勝手に感じていた。
でも今回それがひっくり返された感じ!旬さんだけじゃなくて、もう全員お芝居が素晴らしくて、スクリーンの中にその人を感じなかった。小栗旬は映画の中にいなかった。

ふみちゃんの「だって私青酸カリ持ってますもの」って言った時のゾーンに入った眼、その後の時間が止まるような沈黙、「あなたの髪の毛一本だって私が大切に守ってきた宝なのに!」と言うか狂気、精神的に追い詰めていく様、
どこかにいつも自分の名声がチラつく沢尻エリカのきらきら輝いた表情で言う「恋が不良ならわたしは不良でいい」、
三人とも最後とても清々しい表情だったのが「女」だなあ、と思った

太宰治という人間が合ってたのもあるけど、小栗旬、太宰治になってた あの顔、あのタバコの吸い方、眼、背中、あれは小栗旬のものじゃない 違う人間だった クズとかどうとかばっか書かれてるけど、そういうところがよかったに決まってるじゃないか!とおもう

いいところを好きになるのではなくて、ダメなところを愛してしまったらもう後戻りできなくなる、彼が弱くてダメな人だから、明るさの裏がとても強くて人間臭くてたまらないから、生きるのが上手に見えて下手だから、愛おしくてたまらなくて一緒にいたいと思うのではないでしょうか、ね。奥さんにだけは素直になれないところがいじらしくて好きでたまらなかった

陰のある役が合うというのは皆んな思ってるんだろうけど、今回良かったのは陰だけじゃなくて陽の部分も見せる人間だったということ 陽があるから陰が光るし、陰があるから陽が光る

コメディーでもホラーでもドラマでもあるな、と思った ダウン症の子役を使ったところも含めてリアルとフェイクのバランスがよかったです もしかしたら思い返す現実は映像よりも美しいのかも 役者陣と、映像美に拍手 本当に素晴らしいものを見せてもらった お疲れ様でした。

追記
宮沢りえへのあの手紙に泣いちゃった 恋愛指南な映画でもあったね〜 本当に好きな人には頼るし甘えられる 弱さを見せられる ですね
周りの女の人が振り回されてるんじゃなくて
小栗旬が振り回されてた

かっこよかった

終わり方の演出
(太宰が水に静かに沈んでいって
死んだかと思わせといて
最後いきなり目開けるところ)

太宰が全部壊してやろう
って言って書きながら
周りの世界が崩壊していくような演出
がよかった

血を吐いても小栗旬はかっこええし
瀬戸康史はもっと出してほしかった

恋は人を狂わせる
っていうような本や映画ばっかり最近見てたり読んでたりしてて(これはたまたま)(別に読もうとおもってたわけじゃなく本当にたまたま)
恋って人狂わせすぎじゃね??
っておもってる
お手軽に人間失格知れたらって思ったけど全然内容はなかった
二階堂ふみがメンヘラで沢尻エリカの背中がエロくて宮沢りえがいい妻なだけ
写真家らしい色や光の演出に対してのこだわりが強く感じられた。花も所々に散りばめられているのも蜷川監督らしい。
人を艶っぽく描くのめちゃくちゃ上手いなと改めて思った。
風車が回り子供の笑い声が響くシーン、雪の降る通りで倒れ血を流した太宰に降る花、ラストで太宰の妻が扉を開けた瞬間に視界に広がる青い花と妻の青い着物が印象的だった。

あんなモテ男に俺もなりたい。
富栄さんが太宰の生気を
吸い取っていくような存在で恐ろしく魅力的。

「どう落ちぶれるのかを見たいだけだ」
この言葉前後、人々がどういう会話してたか
文学の捉え方が人によって全く違う。

蜷川実花監督の映画は初めて。
花と和と色の映り方が美しいです。

途中ガチなホラーシーンみたいな映像があって
頭から離れない怖い。。。
蜷川実花監督の、妖艶で独特な世界観に引き込まれた。

太宰治は才能あるプレイボーイだが、不完全で脆く放って置けないところに女性が惹かれてしまうのだろうか。

斜陽の、「人生とは恋と革命のために生まれてきたのだ」っていう言葉。
社会や周りに流されず自分軸で生きる強さを、女性達から感じた。
三人のうち誰が一番幸せだったのか、という視線で見ていたが、比較できないくらい、女性たちが皆、太宰を愛している。
側から見ると、太宰の自分勝手さに振り回され、満たされているようには思えなかったが、自分の意志で行動して最後にはやり切った表情を見せていた。

苦悩やどうしようもない状況から、すぐに逃げ出そうと、常に死と隣合わせな太宰と、向き合うことで人生に希望を見出す女性達の強さの対比が印象的だった。

酒や薬や女性や自殺に溺れてしまう深層心理を知るため、ヴィヨンの妻、斜陽、人間失格を読んでみたいと思う。
全体的に言うと、後半つまらなくて退屈でした。でも、ところどころに強烈に印象に残るシーンがあって、そのシーンを何度も思い出してしまいます。
太宰が静子に「もう30になるのに赤ちゃんみたいだな」っていうシーン、
静子の家から帰るところだったのに戻ってきて「離したくない」と抱きしめるシーン、
人生の最後には恋がしたいと言いながら富栄の手をこっそり握るシーン、
富栄と白い花に囲まれて「大丈夫、君は、僕が好きだよ」と言うシーン、
静子との子供に太宰が名前をつけた時に富栄が「いや!髪の毛一本だってわたしが命がけで大事にしてきた宝だったのに!」と泣き叫ぶシーン。
激しい感情でぶつかり合う恋がとても美しかった。
どうせまた退屈になるんだけど、もう一回観ようかなあ。
>|