もどり川の作品情報・感想・評価・動画配信

「もどり川」に投稿された感想・評価

藤見緑

藤見緑の感想・評価

4.9
荒井晴彦がちと苦手だがそこを超えでるショーケンの何の表情でもない顔
やまゆ

やまゆの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

いわゆる文豪の希死念慮を中心に添えた作品。
だいたいそういうものって倫理観を捨て置いて、駄目な男と尽くす女で耽美的に描かれるものだけど、ショーケンさんの滑舌がノイズになってしまって世界観に浸れなかった…。
字幕付きで観るのが正解かもしれないです。
これは仕方ないけど、少し古い作品を今観ようとするとどうしても倫理観的に引っかかってしまうのが辛いところですね。
鷹の道

鷹の道の感想・評価

1.5
うんざりする内容で面白く無かったです。女優さんのオッパイ大安売り。
nekosuki

nekosukiの感想・評価

3.5
原作は“連城三紀彦”の「戻り川心中」だが、それを“神代辰巳”が大胆にアレンジして“萩原健一”主演で映画化した。

もともと、映画化の話が先にあったのに、後から“連城三紀彦”がTV化の話に乗って“田村正和”主演のドラマの方が先に放送された為に映画の方が“割りを食った”形になった。
折しも、“萩原健一”の大麻騒動も重なり興業成績は奮わなかった。

TV版は歌人”苑田岳葉”が戻り川で心中するまでを原作に忠実に描いているが映画版は“苑田岳葉”の人物像が破天荒で、ロマンポルノ出身の監督らしく女性との絡みが多目の作品になっている。

TV版は叙情的、映画版は情熱的と言えるだろう。
“神代辰巳”も“萩原健一”も故人になってしまったので追悼の意味を込めて観賞した。
てぃだ

てぃだの感想・評価

2.7
この時期に
心中モノは
ちと辛いな笑


しかも二回も
長々と
延々と
見せられるものだから
辛いな笑

太宰的
デカダンスというか
神代さんには
普通に
軽いテンポの
ロマンポルノを撮ってて欲しい笑
monaminami

monaminamiの感想・評価

4.2
ショーケンの意味わかんない熱量とショーケンでしかない演技と全員美女達が腰砕けながら男に溺れてるの図のまま濃厚な130分で流石に疲れた。太宰がモデルらしいけど、うーん。
誠治

誠治の感想・評価

5.0
神代辰巳×萩原健一コンビ第四弾
同監督最高傑作!
またショーケンの主演映画の中でも一番いいと思う。
当時、大麻事件を起こしてしまいカンヌでも日本でも受賞はならなかったのが残念。
しかし、当時の原田や樋口の美しい事!
原作の連城三紀彦「戻り川心中」も面白かったもんな~
男女の仲はミステリーなのである。
ズタズタの歌人はズタボロの魂を以て女に接する様が、太宰治を模した以上の文学的佇まいを放っていた。
大正時代のある歌人の話です。
ショーケン、凄くいいです。
濡れ場の女優、凄くいいです。
はい、リーです。笑
明治大正の破天荒な文人の
ありがちな話
(本当に?)

心中チャレンジ繰り返す男
みたいなのって、カッコイイのか?
ボクはああいうの見てると
なんかうんざりしてきちゃうなー

せめてミカ・ニナガワ版人間失格
のように
映像センスとかで見せて欲しい...

あと、なっっがいよー
   
2020.7.27
>|